2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
明治村
2011/10/13(Thu)
夫が、明治村の『鉄道寮新橋工場・機械館』を見たいと言うので出かけた。




明治時代の機械が展示されている。

熱心に見ていたよ。




11-10-13-3.jpg

11-10-13-2.jpg

名古屋に置かれたものが歩兵第六聯隊




11-10-13-4.jpg

明治10年(1877)西郷隆盛が九州で挙兵した西南戦争の際、敵味方の区別なく傷病兵

の救護に当たった博愛社が日本赤十字社のはじめである。明治19年(1886)日本政府

がジュネーブ条約に加盟、日本赤十字社と名を改めるが、その折皇室から渋谷の御料

地の一部と建設資金10万円が下賜され、同23年この病院が建設された。



11-10-13-5.jpg

大正6年(1917)金沢の第四高等学校に建てられたもので、柔道、剣道、弓道三つの道

場を兼ね備えた大きな洋風建築物。



11-10-13-6.jpg

明治政府は燈台建設のための技術援助をフランス、イギリスに依頼、東京湾沿岸の観音崎、

野島崎、城ヶ島、品川の4つの洋式燈台がヴェルニーを首長とするフランス人技術者の手

によって建設された。



11-10-13-7.jpg



11-10-13-8.jpg

ボランティアの方の説明を聞いた。

西園寺公望が政治の第一線から退いた後、大正9年(1920)に駿河湾奥、清水港近くの興津

の海岸に建てた別邸である。

「坐漁荘」の名には“なにもせず、のんびり坐って魚をとって過ごす”という意味がこめら

れていたが、実際には事あるごとに政治家が訪れた。

竹が好きだったそうで、天井などに竹が使われていた。



11-10-13-9.jpg

露伴は自分の家を「かたつむりの家(蝸牛庵)」と呼び、やどかりのように幾度となく住まい

を変えている。隅田川の東にあったこの家もその内の一つで、明治30年(1897)からの約10年

間を過ごした。

ここでも、ボランティアの方に説明していただいた。


もみじが少し色付き始めている。

『11月下旬が紅葉が綺麗ですよ。四季折々にお越しください。明治村で食べるおにぎりは美味し

いですよ。たませんもお勧めです。』と、ボランティアの方に言われた。


夫は、なんだか、明治村が気にいったみたい。

一人でも行けばいいよね。
この記事のURL | 明治村 | CM(2) | ▲ top
<<秋明菊 | メイン | 果物完成♪>>
コメント
-  -
明治村のファンが増えて嬉しいです。

坐漁荘は私の一番好きな家。 露伴邸、芝川邸も好きです。
建物ガイドさんと一緒だと中まで入れるのがいいですよね。 ガイドさんによって説明も違うので何度行っても新しい発見があります。
2011/10/14 08:18  | URL | momo #-[ 編集] ▲ top
-  -
v-254momoさん
momoさんのお勧めの『坐漁荘』とてもよかったです。
『蝸牛庵』のガイドボランティアさんは、週1回、来てみえるそうです。
曜日を変えて行くのもいいね。
歩くので健康にもよさそうです(^^♪
2011/10/14 12:32  | URL | 昴ママ #70WANx7.[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |