昴ママの気まぐれ日記




奄美大島の旅 3月8日 (2日目) :: 2010/03/16(Tue)

今日もお天気は期待できそうもない。
カヌーの時、雨が降らなければいいな。



ホテルの朝食。

今日は楽しいことがいっぱいの予定。さぁー、元気に出発。



10-3-8-2.jpg
住用(すみよう)マングローグパーク

住用町マングローブ国定公園特別保護地区は、奄美大島でも最長の住用川と役勝川が
合流する河口のデルタ地帯。

マングローブとは熱帯・亜熱帯の河口の湿地帯や沿岸部の干潟に生育し、潮汐によって
ある時間冠水される湿地に生育する樹木群の総称である。
メヒルギ・オヒルギの2種で構成されている。


救命具を付け、オール?を漕ぐ練習をして、恐る恐るカヌーに乗り漕ぎだす。
ほかの人のカヌーにぶつけたり、岸辺に突っ込み、思わず「助けてー」



10-3-8-3.jpg

折り返し地点でインストラクター『樺ちゃん』の説明を聞き、記念撮影。
途中でも説明してくれたが、こぐのに必死で聞くことも出来なかった。
根で塩分を吸収し1枚の葉に集め、その葉を水面に落とす。
1枚の葉が犠牲になるそうだ。歯を齧ってみるとしょっぱい。

「さぁー戻りましょう」と言われ、「今度はみんなについていくぞ」とこぎ出
したが、早速、岸に座礁。樺ちゃんに助け出されて、最後になってしまった。

五十肩で痛む肩で必死になって漕いだよ。
Oさんは、上手ですいすい漕ぎ、姿が見えなくなってしまう。



10-3-8-4.jpg

マウンテンライナーで展望台に登る。
原生林が広がり、奄美の自然を堪能する。



10-3-8-5.jpg

高知山展望台
大島海峡を一望できる。眼下に古仁屋市街、今日行く加計呂麻島が見える。



10-3-8-6.jpg

昼食は古仁屋の海の駅で『鶏飯どんぶり』
名物の鶏飯とはちょっと違うそうだ。



10-3-8-7.jpg

半潜水艦 せと



10-3-8-8.jpg

奄美大島南部の大島海峡を海中の窓から、サンゴ礁や色鮮やかな魚たちの様子をみることが
できる。
写真にはうまく写らなかったけど、『綺麗!』と歓声があがっていた。



10-3-8-9.jpg

ホノホシ海岸
玉石を一面に敷き詰めた海岸。太平洋の外海に面しているため、黒潮の荒波にもまれて丸み
を帯びた石が打ち寄せるのだとか。沿岸は奇岩がそそり立ち、男性的な景観が見られる。



10-3-8-10.jpg

島のあちこちに咲いているモクレンくらいの黄色の花。
名前を聞いたけど、忘れてしまった。



10-3-8-11.jpg

古仁屋からフェリーで加計呂麻島へ。



10-3-8-12.jpg
  


10-3-8-14.jpg

今夜の宿、民宿『南龍』




10-3-8-13.jpg

80歳を過ぎたご主人の愛情のこもった料理。
手作りの豚味噌も美味しかった。



10-3-8-15.jpg

天気がよけれがこんな夕陽に出合えるそうだ。
  1. 奄美大島
  2. | comment:2
<<奄美大島の旅 3月9日 (3日目) | top | 奄美大島の旅 3月7日(1日目)>>


comment

イッペー

黄色の花、今の時期ならイッペーだと思うけど・・・。
綺麗な花ですヨね。
  1. 2010/03/18(Thu) 21:53:28 |
  2. URL |
  3. 虚無僧 #RaJW5m0Q
  4. [ 編集 ]

v-254虚無僧さん
教えていただいてありがとうございました。
初めて見た花、女性4人は車の中からずっと見とれていました。
運転していた方が私たちの様子を見て、車を止めてくれましたよ。
沖縄もぜひ行ってみたいです。
  1. 2010/03/19(Fri) 17:38:56 |
  2. URL |
  3. 昴ママ #70WANx7.
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する