2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
印象派の舞台を巡るⅤ (10・26)
2009/11/19(Thu)
10/26(月) 5日目
ホテル 6:00 → バス10分 → リヨン・パルデュー駅 6:56発 TGV 約3時間
→ サンピエール・デ・コー駅(ロワール地方) → バス1時間(80キロ) →
古城めぐり → トゥール




まだ、星がきらめく中、バスで リヨン・パルデュー駅へ。

霧の中、TGVはひた走る。30分遅れて、サンピエール・デ・コー駅に到着。

バスで、ロワール地方の古城めぐりに出発。霧も晴れきて、お天気も回復しそう。
バスの中で、気分が悪くなった。



10-26-2.jpg

前菜のサラダ。
気分が悪くて食べられない。後の料理を添乗員さんに断ってもらった。



シャンポール城へ

10-26-3.jpg

シャンポール城 世界遺産

シャンポール城に着くころには、気分もお天気も回復。よかった。

フランソワ1世が狩猟のために作らせた城。幅156m、奥行き117mの巨大な城は
完成までに138年もの年月がかかった。1519年に工事が開始され、ルイ14世の時代
1658年に完成。
見事なシンメトリーで建設されている。



10-26-4.jpg

シクラメンが木の根もとに群生し、ツタの紅葉も綺麗。


シュノンソー城へ

10-26-5.jpg

シュノンソー城
ロワール河の支流シェール川にまたがる優美な城。
1513~1521年にかけて建築された。19世紀末に実業家ムニエが買い取り、現在も
この一族が所有するプライベート・シャトー。
アンリ2世の正妻と愛人が繰り広げた確執の歴史も刻まれている。


10-26-6.jpg


10-26-7.jpg

城の内部



10-26-8.jpg

広大な敷地には、よく手入れされた庭園がある。




アンボワーズ城へ

10-26-9.jpg

アンボワーズ城
ロワール河の対岸から、アンボワーズ城を眺める。


車窓から、シュベルニー城を眺め、ホテルへ

10-26-10.jpg


0910-26-11.jpg

トゥール泊




この記事のURL | フランスの旅 | CM(0) | ▲ top
<<印象派の舞台を巡るⅥ (10・27) | メイン | 印象派の舞台を巡るⅣ (10・25)>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

| メイン |