昴ママの気まぐれ日記




鹿児島の旅 Ⅵ (11/3) :: 2016/11/15(Tue)

いよいよ最終日。

桜島に朝日が昇る。






城山観光ホテルの朝食

美味しくって、いっぱい食べてしまった。

16-11-3-2.jpg




知覧特攻記念平和会館

南九州や台湾、沖縄の特攻機から、沖縄決戦に飛び立った隊員1036人の遺品や遺影

遺書などが展示されている。

知覧基地からは昭和20年(1945)4月1日の初出撃から6月11日の攻撃終了まで439名もの

若い命が空に散っていった。

語り部の話を30分ほど聞いた。写真撮影禁止。

しっかりした顔立ちの写真を見て遺書を読むうちに涙がこぼれる。


16-11-3-4.jpg

↑  三角兵舎

隊員たちが出撃までの数日を過ごした兵舎。空襲を避けるため、松林に半地下式に

造られていた。



16-11-3-5.jpg





16-11-3-6.jpg




知覧武家屋敷群・名称庭園めぐり(重要伝統的建造物群保存地区)

江戸時代に形成されたもので、全長約700mの道沿いに当時の面影を残す武家屋敷が

立ち並ぶ。母が竹を借景にした箱庭のような通りには、打つ岸井生垣と石垣が続く。

公開されて何時7つの庭園は、名勝指定を受けている。


16-11-3-7.jpg




16-11-3-8.jpg




16-11-3-9.jpg




16-11-3-10.jpg




16-11-3-11.jpg





16-11-3-12.jpg




16-11-3-13.jpg




霧島神宮

霧島神宮は、天孫降臨 迩迩芸命(ニニギノミコト)を祀るお社。

霧島神宮は創建が6世紀という古い歴史を誇る神社。高千穂峰山頂にあったが、噴火により

たびたび火災にあい、次にその西の中腹、そして高千穂河原へ移り、1484年に今の場所へ

移った。

現在の霧島神宮の社殿は1715年に島津藩主の島津吉貴が建立。

霧島神宮内にある御神木の杉は樹齢約800年と推定され、南九州の杉の祖先ともいわれている。


16-11-3-14.jpg




16-11-3-15.jpg



 空港近くの西郷公園

16-11-3-16.jpg




鹿児島空港 ANA630便 19:30    羽田空港 21:15

16-11-3-17.jpg


おかげさまで無事に旅を終えることが出来ました。

妹夫婦、特に妹の旦那様に感謝。
  1. 九州
  2. | comment:0
<<11月12日 | top | 鹿児島の旅 Ⅴ (11/2) >>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する