昴ママの気まぐれ日記




鹿児島の旅 Ⅴ (11/2) :: 2016/11/13(Sun)

シーサイドホテル朝食

16-11-2-1_20161113192111b25.jpg




レンタカーは前日に返却したので、宮之浦港までホテルのマイクロバスで送ってもらった。

世界自然遺産・屋久島に別れを告げ、10:25発のトッピーで鹿児島へ。


鹿児島高速船ターミナルからタクシーで鹿児島中央駅へ

ロッカーに荷物を預け、昼ご飯を食べて、まち巡りバスに乗り、仙巌園に向かう。

ザビエル公園→ 西郷銅像前→薩摩義士碑前→西郷洞窟前→ 城山→

西郷洞窟前(2度目)→ 薩摩義士碑前→ 南洲公園入口→異人館前→

仙巌園下車

観光客向けの丁寧な説明もあり、よかった。鶴丸城跡(島津家の天守を持たない

屋形造りの城。島津斉彬・篤姫もここで数カ月過ごした。)も通った。



仙巌園

万治元年(1658)に作られた、薩摩藩主・島津家の大名庭園。






16-11-2-3.jpg



正門

明治28年(1895)に忠義の命で作られた。県の木楠で作られ、島津家の「丸に十字」と

「きり紋」が彫られている。

16-11-2-4.jpg




錫門

江戸時代には正門だった。屋根は薩摩まででとれる錫で葺かれていて、重量は1t。

当時は当主と嫡男しか通ることが出来なかった。

16-11-2-5.jpg

↑御殿

第29代忠義が暮らしていた。 御殿見学ツアーに参加。

写真撮影は禁止で、お庭と抹茶を飲む座敷のみOKだった。



16-11-2-6.jpg



鶴灯篭

安政4年(1857)斉彬に命じられた蘭学者たちが初めてガス灯の点灯に成功。

その時に使われたのが鶴灯篭。鶴が羽を広げたようにも見える。


16-11-2-7.jpg



江南竹林

第21位代当主吉貴が、中国から竹・孟宗竹を2株取り寄せ、日本で初めて仙巌園

に植えたといわれる。

16-11-2-8.jpg

見逃したぁー

3:20に打ち上げのH‐Ⅱロケット。23分、白い跡が…

近くにおられたご夫婦、ロケットが上がっていくのをを見たそうだ。

残念。



尚古集成館(かつての機械工場を利用した博物館)   世界文化遺産

島津家関連の資料・反射炉の模型・実際に使われていた機械などが展示してある。

薩英戦争後の慶応元年(1865)に建てられた。金属加工・艦船・蒸気機関の修理・

部品の加工などが行われていた。


16-11-2b.jpg



鹿児島中央駅から、城山観光ホテルの巡回バスに乗る。

城山観光ホテル泊

私と妹が、うん十年前に新婚旅行で泊まった宿。

ホテルもできてから50年過ぎ、改装したのかとても綺麗。

今回の旅行で1番よいお宿。

16-11-3-3.jpg


16-11-2-9.jpg



先附   苦瓜の味噌炒め
前菜   季節の前菜盛り合わせ
吸物   すまし汁
造り   本日のお造り盛り合わせ

16-11-2-10.jpg




煮物   鹿児島郷土料理  「豚骨煮」
焼物   本日の焼き魚
替鉢   茶碗蒸し

16-11-2-11.jpg



油物   鹿児島郷土料理 ホテル自慢「さつまあげ」
御飯   奄美大島郷土料理  「鶏飯」
留汁   鹿児島郷土料理  「薩摩汁」
香の物
甘味

16-11-2-12.jpg



食後、ホテルの巡回バスで天文館へ

おはら祭りの宵祭りを見学

16-11-2-13.jpg



ホテルに戻り、薩摩の湯に浸かり、ほっこり〜

難点は、お風呂や食事する場所が遠いこと。


  1. 九州
  2. | comment:0
<<鹿児島の旅 Ⅵ (11/3) | top | 鹿児島の旅 Ⅳ (11/1) >>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する