昴ママの気まぐれ日記




鹿児島の旅 Ⅲ (10/31) :: 2016/11/10(Thu)

JRホテル屋久島朝食






8時にホテルを出て【ヤクスギランド】へ

150分コース

入り口で協力金を払い、最初にくぐり栂を通り抜け、林泉橋を渡る。


16-10-31.jpg


分岐を右にとり、千年杉へ

ヤクスギランドで最初に出会う杉。屋久島のなかではまだまだ若い方だが、近くで見ると

その大きさに圧倒される。樹齢は不明。

16-10-31-2.jpg



しばらく木道が続き、渓谷を望める荒川橋を渡った先で80分コースと分かれて小花歩道を登る。

この先は完全な登山。見事な巨木が連続する。

16-10-31-3.jpg




荒川橋から33分と、るるぶにはあったが、妹たちとはずいぶん遅れる。

登山だよぉー  時折小雨が降り、蒸し暑い。汗びっしょり。


ひげ長老

平成12年(2000)に、一般公募で選ばれた名前。コケに覆われた幹はまさにひげを蓄えた

おじいさんのようにも見える。

16-10-31-4.jpg




16-10-31-5.jpg



蛇紋杉まで7分。これ以上かかってるけど…

蛇紋杉   150分コースの標高最高地点

巨大な屋久杉の倒木。1997年の台風で倒れ、根がむき出しになっている。

16-10-31-6.jpg



16-10-31-7.jpg



蛇紋杉から天柱杉(22分)まで、登ったり下ったり…


16-10-31-8.jpg



天柱杉

推定樹齢1500年。屋久杉の中でもトップクラスの樹齢を誇る。

天を支える巨大な柱のように、まっすぐ立っていることからその名がついた。

16-10-31-9.jpg




16-10-31-9.jpg



母子杉

寄り添う親子のように立つ、2本の屋久杉が合体する珍しいもの。推定樹齢2600年。

16-10-31-10.jpg



16-10-31a.jpg



三根杉

根の部分が3つに分かれまるで足が3本あるように見える不思議な屋久杉。

推定樹齢1100年。

三根杉から沢津橋を通り、30分強で仏陀杉へ


16-10-31-11.jpg

↑ 仏陀杉

太い幹に隆起したこぶがいくつもある屋久杉。姿が仏様の顔を思わせることから

その名がついた。推定樹齢1800年。



双子杉からくぐり杉へ

根が分かれたように見えるが、実は左側の杉が倒れて右側と合体し、このような

姿になった。この辺りは木道が整備されていて歩きやすい。

16-10-31-12.jpg

汗びっしょりで、なんとか無事にヤクスギランド終了。



車で紀元杉を見に行く。

推定樹齢3000年の巨木

見学が終わり車に戻ったら、すごい雨。

16-10-31-13.jpg



↓   紀元杉の間違いです  m(__)m

16-10-31-14.jpg



屋久どんで昼食

屋久うどん

16-10-31-15.jpg



屋久杉自然館

屋久杉の長寿の秘密や江戸時代以降の伐採の歴史など、屋久杉に関することが

学べる。

16-10-31-16.jpg

↑  平成17年(2005)積雪のため折れてしまった縄文杉の枝「命の枝」の展示


16-10-31-17.jpg




ロッジ八重岳山荘泊

16-10-31-18.jpg
  1. 九州
  2. | comment:0
<<鹿児島の旅 Ⅳ (11/1) | top | 鹿児島の旅 Ⅱ (10/30) >>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する