昴ママの気まぐれ日記




鹿児島の旅 Ⅰ (10/29) :: 2016/11/08(Tue)

10月28日

バス・JR中央線・新幹線・JR横浜線・京浜東北線と乗り継いで妹の家へ。

鶴見・川崎間で異常音がしたとかで、桜木町・磯子で降り、20分近く列車を待つ。

冷たい雨が降り、気温が10.5度。上着なしなので寒~い。



10月29日

早朝4時半のバスに乗り、羽田空港へ

ANA619便 6:40 →鹿児島8:25 到着が遅れ、8:40初の高速船ターミナル行きの

バスの扉が目の前で閉まった。バスは1時間後だという。

鹿児島市内へ行くバスに乗り、天文館で降り、タクシーで高速船ターミナルへ



10:00発のトッピーで種子島・西之表港へ、11:35着。

レンタカーで観光に出発。

妹の旦那様にお世話になります。

途中から美しい海岸線を走り、雄龍・雌龍の岩へ

嵐の夜に海に投げ出された夫婦の生まれ変わりだという伝説のある岩。

寄り添うように立つ二つの岩の、右が雄龍、左が雌龍と呼ばれている。


16-10-29-3.jpg



千座の岩屋 (ちくらのいわや)

浜田海岸の南側にある太平洋の波に浸食によって造られた岩屋。

干潮時だけに入ることが出来る珍しい洞窟。『千人が座れる岩屋』の意味から名付けられた。

16-10-29-4.jpg




門倉岬

種子島の最南端。天文12年(1543)に鉄砲が伝来した地。漂着したポルトガル人から

島主の種子島氏が鉄砲を購入した。

16-10-29-5.jpg




宝満神社

文化四丁卯年の創建。縁起にも「種子島は日本における稲作の始まりの地」とあって、

今でも稲の原種ともいわれる「赤米」を神田で作っている。

16-10-29-6.jpg



種子島宇宙センター

事前申し込みの施設案内ツアー15:30に参加。バスで移動する。

素晴らしい景色の竹崎海岸にある、総面積970へ㎡の日本最大級のロケット発射場。

『世界一美しいロケット発射場』と呼ばれている。

HⅡロケットの実物大模型

16-10-29-7.jpg




16-10-29-8.jpg



11/1に予定されていた、H-Ⅱロケット・ひまわり9号の打ち上げは、11/2に

延期された。

16-10-29-9.jpg



ロケットの丘展望所

大型ロケット発射場はロケットの組み立てから、点検・打ち上げまでを実施する。

ここで、若島津さんに出会う。

16-10-29-10.jpg



大崎第一事務所

H-Ⅱロケット7号機実機が展示されている。

右下は総合司令棟の指令室。

16-10-29-11.jpg



SANDAL.WOOD

部屋の浴室は温泉。

16-10-29-12.jpg
  1. 九州
  2. | comment:0
<<鹿児島の旅 Ⅱ (10/30) | top | ただいまぁー>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する