昴ママの気まぐれ日記




利尻島と礼文島の花と絶景を楽しむ旅4日間 4日目 (6/7) :: 2014/06/15(Sun)

6月7日

今日は、この旅の最終日。

観光はなく、帰るだけ。

早く目が覚めたので、ペシ岬に行くことにする。

布団の中の母を残し、妹と二人で出かけた。





八重桜が満開




ペシ岬

北海道利尻富士町の鴛泊港の北側に位置する標高93メートルの岩山の岬。

岬の先端近くの最高部には一等三角点と展望台「ペシ岬展望台」があり、そこから日本海と

礼文島、鴛泊港、利尻山、北海道本島を望むことができる。 展望台から岬の先端側に下った

ところに白亜の鴛泊灯台が設けられてることから、地元では「灯台山」の通称がある。

岬の遊歩道は2コース設けられており、頂上に上るコースの途中には会津藩士の墓碑が立つ

鴛泊ペシ岬広場がある。

14-6-7-2.jpg

磯には、うに取りの小舟




14-6-7-3.jpg

ペシ岬を望む展望台

下りてきた男性が、「15分で登れますよ。良かったですよ。」と言われたが、大丈夫か?

女性が一人、早足で追い付いてきた。

「この道は急だから、ほかの道にしようと思おたけど、登っている人が見えたから登ってきた。」

私達  「のぼるのが早いですねぇー」

「昨日、利尻山に登ってきたわ。」

どおりで、早いはずだよね。

凄いねぇー、バスガイドさんが、往復11時間かけて登山したと言っていた。

日帰り登山の山で、途中からはトイレも無く、携帯トイレを持って行くそうだ。



14-6-7-4.jpg

エゾカンゾウの花が咲き、陽が昇るにつれ、景色も変わってくる。



14-6-7-5.jpg

帰りは、比較的緩やかな道をたどる。



14-6-7-6.jpg

朝食は、7時から

母は、温泉に入ったと言っていた。




8時出発

鴛泊港 8時半のフェリー稚内へ
14-6-7-7.jpg

10:10  稚内港着



昼食

14-6-7-8.jpg




14-6-7-9.jpg

稚内空港  13:00発 全日空 572便

羽田着    14時55分

到着ゲートが遠く、母の足が遅く、15時25分発のバスに間に合わなかった。

5分前にバスが出たところだった。1時間待ち。


今回のツアーは、ゆっくり旅ということで物足りなく思ったが、母の足では、やっとやっとと言う感じ。

途中で待っていたこともあった。

そんな中で、桃岩・ペシ岬に行けたのは良かった。

無事に横浜に帰りつき、ホッとした。

「利尻・礼文に行っていない。」と言っていた母、満足したのか?

行く前に、「行きたいと言っていない。」と言っていたけど…


もう、ツアー参加は無理と思った。
  1. 北海道
  2. | comment:0
<<横須賀しょうぶ園 | top | 利尻島と礼文島の花と絶景を楽しむ旅4日間 3日目 (6/6) >>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する