昴ママの気まぐれ日記




東北雪見旅 2日目 :: 2014/02/17(Mon)



萬国屋の朝食はバイキング

芋煮をチョイスしてご飯を少なめに、コーヒーとふた口サイズのクロワッサンと、欲張りの和洋食。


今日の行程

あつみ温泉===山居倉庫===余目駅ーーー陸羽西線ーーー古口駅・・・・最上川(雪見 こたつ舟

で川下り)船内で郷土鍋の昼食===銀山温泉  銀山荘



山居倉庫

14-2-17-2.jpg




米どころ庄内のシンボル

明治26年旧藩主酒井家によって建てられた米保管倉庫。

「おしん」のロケーション舞台にもなった。

白壁、土蔵づくり9棟からなる倉庫の米の収容能力は10,800トン(18万俵)。

夏の高温防止のために背後に欅並木を配し、内部の湿気防止には二重屋根にするなど、

自然を利用した先人の知恵が生かされた低温倉庫として、現在も農業倉庫として使用

されている。




14-2-17-3.jpg




本間家旧本邸

14-2-17-4.jpg


明和5年(1768)本間家3代光丘が藩主酒井家のため、幕府巡見使(将軍の代替りごと

に特派された役人)用宿舎として、旗本2000石の格式をもつ書院造り(平安時代の公家

住宅の寝殿造りを基とし、近世初頭に確立をみた武家住宅)を建造たが、その後拝領し、

本間家代々の本邸として使用された。

本屋は22の間数で、桁行(南北)33.6メートル、梁間(東西)16.5メートル、敷地1,322

平方メートル。

本邸の敷地には大きな長屋門と東側に薬医門があり、桟瓦(横断面が波状になった瓦)ぶき

の平屋建。




14-2-17-5.jpg

陸羽西線に乗り、新庄駅へ




14-2-17-6.jpg

38名のツアーだが、みなさん優しい。母を先の乗せて下さったり、席を譲ってもらったり。

足が遅く、いつもみなさんの後から行くのだが、迷惑をかけたかも…



14-2-17-7.jpg

新庄駅に着き、バスで戸沢藩舟番所に移動し最上川舟下り。

天気が悪く風もあり、船が出るか心配したけど、舟下りではなく周遊になった。




14-2-17-8.jpg

こたつ舟で郷土鍋の昼食




14-2-17-9.jpg

車窓から 

銀山温泉付近




仙郷の宿 銀山荘

14-2-17-10.jpg

夕食の前に、宿のマイクロバスの送迎で銀山温泉の中心街へ

最初行かないと言っていた母だが、妹の旦那さんに「折角来たのだから」と言われて一緒に

行った。義弟は、母に優しい。

ガス灯に灯が入り、幻想的。




14-2-17-11.jpg

ロビーのお雛さま




14-2-17-12.jpg

食前酒  しそ酒

先付け  河豚皮ぽん酢

前 菜  石狩漬け押し寿司 ・鰊マスタードマリネ・ 真子煮・ 庄内浅月酢味噌・鶏照り焼き


造 り  鮪・鰤・牡丹海老・雲丹・岩魚・妻

創作皿  甘鯛のフィオンティーナ

肉料理  山形黒毛和牛ステーキ

鍋 物  海鮮豆乳仕立て鍋

蓋 物  二色蕪饅頭 蟹餡

焼 物  真鱈麹漬パイ焼き

食 事  つや姫 尾花沢産

香の物  地元野菜の漬物 二種

椀 物  蛤・真丈

デザート 季節のフルーツ



14-2-17-13.jpg

時折、雪が降るなか、妹と二人で歩いて、暮れなずんだ群山温泉を見に行った。

人がいなくて、寂しい。




14-2-17-14.jpg

宿に戻り、花笠音頭を観賞。

幾通りかの流派があり、尾花沢は花笠音頭発祥の地だそうだ。








  1. 東北
  2. | comment:0
<<東北雪見旅 3日目 | top | 東北雪見旅 1日目>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する