昴ママの気まぐれ日記




愛岐トンネル群 :: 2016/11/26(Sat)

母がデイサービスに行ってから、妹と愛岐トンネルへ

無人駅の定光寺は、駅員さんが何人もいた。

公開されているのは、3号トンネルから6号トンネルの岐阜県境まで。

1900(明治33)年、国鉄中央線は名古屋から多治見間が開通。

複線電化されたため、高蔵寺から多治見間の軌道敷と13基のトンネル群は

1966(昭和41)年に廃線。2008年から、春・秋、一般公開されている。

↓ 4号トンネル 75m






16-11-26-2.jpg




16-11-26-3.jpg



16-11-26-4.jpg

↑  三四五(みよい)の大もみじ



16-11-26-5.jpg


3号トンネル76m→4号トンネル75m→5号トンネル99m→6号トンネル99mと

紅葉を愛で、庄内川(玉野川)を見ながら歩き、はるか昔、遠足でこの廃線に

なったトンネルを通ったんだと感慨深く思った。


まだ、お昼前だったので、妹が母に洋服を作ってくれるというので、JRで千種

に行く。

良さげなビストロがあったのでランチ。

ビストロ・ドゥ・ミツ

16-11-26-6.jpg



16-11-26-7.jpg


デザートは、シフォンケーキとコーヒー


大塚屋で母の服地を2着分、妹が買った。

母の体に合ったものを作ってくれるので、ありがたいよね。

  1. 紅葉
  2. | comment:0
四間道(しけみち) :: 2016/11/25(Fri)

横浜から来る妹と、名古屋駅で待ち合わせ。

不測の事態が起こり、日帰りする予定だったが、28日まで

我が家にいることが出来るようになった。

目的は妹が習っているフリースドッグの展示会があって、妹の

友達が大阪から見にきてくださるそうだ。

私は雪の実家のママさんに、このフリースドッグをお渡しする

ことが目的。わん友さんが3人来てくださった。

フリースドッグの雪を見て、涙をこぼされた。

左の雪のママ、ショコラちゃん12歳は元気にしている。









この子は、妹の友達のわんこ。

16-11-25-2.jpg




四間道をぶらぶら歩き、会場のカフェブランカへ

16-11-25-3.jpg




16-11-25-5.jpg




16-11-25-4.jpg




妹も一緒にわん友さんと、月のうさぎでランチ

16-11-25-6.jpg




16-11-25-7.jpg



わん友さんオススメのカフェリヨンで、大きなパフェをいただく。


16-11-25-8.jpg


遠くからありがとう。

愉しい時間を過ごせました。



  1. わんこ関係
  2. | comment:0
花♪ 5歳 :: 2016/11/20(Sun)

 花   14日に5歳になりました。

黒いものは何でしょう?

オタマジャクシだそうです。

右側の絵は、 春  が描きました。






 春  は、眼鏡がいるようになりました。

16-11-20-1.jpg

  1. ♪ 孫ちゃん♪
  2. | comment:0
夫の祥月命日 :: 2016/11/19(Sat)

夫が逝ってから、3年

最期まで頑張った闘病生活。辛かったよね。

昴は昨年、雪は今年8月、みんないなくなってしまった。

一緒に遊んでいるかな。




昨年、庭じゅう掘り返して、シュウメイギクを植え替えた。

花壇も土を入れ替え、バラを植えた。


秋に購入した、マチルダとビ ブラ マリエ。

ばら




春に花フェスタで買った、クイーンエリザベス

ばら



  1. うちの庭
  2. | comment:2
名古屋へ :: 2016/11/16(Wed)

真っ青な空、街路樹の紅葉を見ながら、子育て時代を過ごした自由が丘に

住んでいた時のお隣さんに会いに行ってきた。

マンションの駐車場で落ち合い、ランチに。

『木曽路』の開店に間に合うように行ったのだが、すでに満席。

近くの和食のお店に行くが、ここも駐車場が満車。

なんてことでしょう。

並びにある、『一心』でランチ。






お茶を飲もうと立ち寄ったカフェも、車が止めれなかった。

『おかげ庵』でクリームみつ豆をいただいた。

今の事、若かりし頃のことと話は尽きない。

話し足りないけど、春に会うことを約束して別れた。



懐かしい思い出の『栗羽二重』をいただいた。

犬山の『もちたけ』、丸栄まで行って買ってきてくださった。

仏壇に供えた後、母と美味しくいただいた。


16-11-16-1.jpg
  1. 和食
  2. | comment:0
明治村 :: 2016/11/16(Wed)

11月14日、明治村に5人でお出かけ。

今回の目的は、重要文化財になった西園寺公望別邸【坐漁荘】の14日から始まった

特別ガイドに参加するため。

北口から入り、紅葉を眺めておしゃべりしながら、坐漁荘に向かう。








16-11-14-2.jpg



お友達が詳しくブログにupしているので見てね。

【観て歩き・食べ歩き by momo】
   【 気ままに…】     【☆めだかの独り言】  



16-11-14-3.jpg




16-11-14-4.jpg




【浪漫亭】で、ランチ

量が多く食べれないので、『お子様ランチ』を注文できたらいいなと、前から思っていた。

聞いてくれた人がいて、OKだったので3人がお子様ランチを頼んだ。

フランス・アメリカ・ドイツの旗がたち、お子様気分。

程よい量でおいしく食べた。

16-11-14-5.jpg


雨が降り始め、「また、ゆっくり来ようね。」と、解散。
  1. 明治村
  2. | comment:0
インフルエンザ予防接種 :: 2016/11/15(Tue)

母と一緒に、かかりつけのクリニックで、インフルエンザの予防接種を

してきた。

お医者さんに、「お母さんお元気ですねぇ〜」と言われた。
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:0
11月12日 :: 2016/11/15(Tue)

12・13日とJAの特売日。朝9時に着くように出かけたのだが、すでに開店していて

レジには列ができ始めていた。

キャベツ・きゅうり・トマトを籠に入れレジに並ぶ。ゆっくり見ている気がしない。

ふと、後ろを見ると長蛇の列になっていた。

柿の宅配・もち米売り場も列ができていた。

年に一度会える、ボランティアをしていた時のお仲間が、大山の直売ブースにみえるので

ご挨拶。

美味しそうなミカンをいただいてしまった。





午後から、市民四季の森へ行き、一人ウオーキング。

暑いくらい。




16-11-12-2_20161115123432941.jpg





16-11-12-1_201611151234313b8.jpg




16-11-12-3_20161115123433ec4.jpg
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:0
鹿児島の旅 Ⅵ (11/3) :: 2016/11/15(Tue)

いよいよ最終日。

桜島に朝日が昇る。






城山観光ホテルの朝食

美味しくって、いっぱい食べてしまった。

16-11-3-2.jpg




知覧特攻記念平和会館

南九州や台湾、沖縄の特攻機から、沖縄決戦に飛び立った隊員1036人の遺品や遺影

遺書などが展示されている。

知覧基地からは昭和20年(1945)4月1日の初出撃から6月11日の攻撃終了まで439名もの

若い命が空に散っていった。

語り部の話を30分ほど聞いた。写真撮影禁止。

しっかりした顔立ちの写真を見て遺書を読むうちに涙がこぼれる。


16-11-3-4.jpg

↑  三角兵舎

隊員たちが出撃までの数日を過ごした兵舎。空襲を避けるため、松林に半地下式に

造られていた。



16-11-3-5.jpg





16-11-3-6.jpg




知覧武家屋敷群・名称庭園めぐり(重要伝統的建造物群保存地区)

江戸時代に形成されたもので、全長約700mの道沿いに当時の面影を残す武家屋敷が

立ち並ぶ。母が竹を借景にした箱庭のような通りには、打つ岸井生垣と石垣が続く。

公開されて何時7つの庭園は、名勝指定を受けている。


16-11-3-7.jpg




16-11-3-8.jpg




16-11-3-9.jpg




16-11-3-10.jpg




16-11-3-11.jpg





16-11-3-12.jpg




16-11-3-13.jpg




霧島神宮

霧島神宮は、天孫降臨 迩迩芸命(ニニギノミコト)を祀るお社。

霧島神宮は創建が6世紀という古い歴史を誇る神社。高千穂峰山頂にあったが、噴火により

たびたび火災にあい、次にその西の中腹、そして高千穂河原へ移り、1484年に今の場所へ

移った。

現在の霧島神宮の社殿は1715年に島津藩主の島津吉貴が建立。

霧島神宮内にある御神木の杉は樹齢約800年と推定され、南九州の杉の祖先ともいわれている。


16-11-3-14.jpg




16-11-3-15.jpg



 空港近くの西郷公園

16-11-3-16.jpg




鹿児島空港 ANA630便 19:30    羽田空港 21:15

16-11-3-17.jpg


おかげさまで無事に旅を終えることが出来ました。

妹夫婦、特に妹の旦那様に感謝。
  1. 九州
  2. | comment:0
鹿児島の旅 Ⅴ (11/2) :: 2016/11/13(Sun)

シーサイドホテル朝食

16-11-2-1_20161113192111b25.jpg




レンタカーは前日に返却したので、宮之浦港までホテルのマイクロバスで送ってもらった。

世界自然遺産・屋久島に別れを告げ、10:25発のトッピーで鹿児島へ。


鹿児島高速船ターミナルからタクシーで鹿児島中央駅へ

ロッカーに荷物を預け、昼ご飯を食べて、まち巡りバスに乗り、仙巌園に向かう。

ザビエル公園→ 西郷銅像前→薩摩義士碑前→西郷洞窟前→ 城山→

西郷洞窟前(2度目)→ 薩摩義士碑前→ 南洲公園入口→異人館前→

仙巌園下車

観光客向けの丁寧な説明もあり、よかった。鶴丸城跡(島津家の天守を持たない

屋形造りの城。島津斉彬・篤姫もここで数カ月過ごした。)も通った。



仙巌園

万治元年(1658)に作られた、薩摩藩主・島津家の大名庭園。






16-11-2-3.jpg



正門

明治28年(1895)に忠義の命で作られた。県の木楠で作られ、島津家の「丸に十字」と

「きり紋」が彫られている。

16-11-2-4.jpg




錫門

江戸時代には正門だった。屋根は薩摩まででとれる錫で葺かれていて、重量は1t。

当時は当主と嫡男しか通ることが出来なかった。

16-11-2-5.jpg

↑御殿

第29代忠義が暮らしていた。 御殿見学ツアーに参加。

写真撮影は禁止で、お庭と抹茶を飲む座敷のみOKだった。



16-11-2-6.jpg



鶴灯篭

安政4年(1857)斉彬に命じられた蘭学者たちが初めてガス灯の点灯に成功。

その時に使われたのが鶴灯篭。鶴が羽を広げたようにも見える。


16-11-2-7.jpg



江南竹林

第21位代当主吉貴が、中国から竹・孟宗竹を2株取り寄せ、日本で初めて仙巌園

に植えたといわれる。

16-11-2-8.jpg

見逃したぁー

3:20に打ち上げのH‐Ⅱロケット。23分、白い跡が…

近くにおられたご夫婦、ロケットが上がっていくのをを見たそうだ。

残念。



尚古集成館(かつての機械工場を利用した博物館)   世界文化遺産

島津家関連の資料・反射炉の模型・実際に使われていた機械などが展示してある。

薩英戦争後の慶応元年(1865)に建てられた。金属加工・艦船・蒸気機関の修理・

部品の加工などが行われていた。


16-11-2b.jpg



鹿児島中央駅から、城山観光ホテルの巡回バスに乗る。

城山観光ホテル泊

私と妹が、うん十年前に新婚旅行で泊まった宿。

ホテルもできてから50年過ぎ、改装したのかとても綺麗。

今回の旅行で1番よいお宿。

16-11-3-3.jpg


16-11-2-9.jpg



先附   苦瓜の味噌炒め
前菜   季節の前菜盛り合わせ
吸物   すまし汁
造り   本日のお造り盛り合わせ

16-11-2-10.jpg




煮物   鹿児島郷土料理  「豚骨煮」
焼物   本日の焼き魚
替鉢   茶碗蒸し

16-11-2-11.jpg



油物   鹿児島郷土料理 ホテル自慢「さつまあげ」
御飯   奄美大島郷土料理  「鶏飯」
留汁   鹿児島郷土料理  「薩摩汁」
香の物
甘味

16-11-2-12.jpg



食後、ホテルの巡回バスで天文館へ

おはら祭りの宵祭りを見学

16-11-2-13.jpg



ホテルに戻り、薩摩の湯に浸かり、ほっこり〜

難点は、お風呂や食事する場所が遠いこと。


  1. 九州
  2. | comment:0
鹿児島の旅 Ⅳ (11/1) :: 2016/11/11(Fri)

朝食





8時にロッジを出る。

16-11-1-2.jpg



管理棟で協力金を払い、白谷広場から、いこいの大岩(巨大な花崗岩)を通り、

飛竜おとしへと進む。

16-11-1-3.jpg




16-11-1-6.jpg



飛竜おとし

落差が50m以上ある滝。花崗岩の急斜面を轟音を挙げて飛ぶように流れ落ちる

ことから、この名になったとか。

さつき吊り橋をわたり、二代大杉へ。

二代大杉

1代目の切株の上に一代目が成長した。一代目の切株はほとんど腐ってなくなって

おり、空洞になっている。

16-11-1-5.jpg




16-11-1-7.jpg




16-11-1-8.jpg


登山だよ。やっぱり、前を行く二人に遅れる。



さつき吊り橋から、楠川歩道を歩き、くぐり杉まで一時間ほどだが、もっとかかった。

楠川歩道って、川の石の上を渡るのだった。妹の手を借りたよ。



くぐり杉

倒木をまたいで根を張ったが、その後、倒木が腐ったため、この形になった。

16-11-1-9.jpg

   ↑    くぐり杉の間違い
二代くぐり杉は、行き会ったガイドさんが無理といった、コースにある。



     ↓  くぐり杉の間違い

16-11-1-10.jpg



七本杉

幹の上から七本の枝が出ているため、この名がついた。

11/10放映の【ヒルナンデス】で、福君と愛梨さんがここを訪れているのを見た。

今は、5本の枝しか残っていないそうだ。

16-11-1-11.jpg




16-11-1-12.jpg




16-11-1-13.jpg




16-11-1-15.jpg




苔むす森

【もののけ姫】のモチーフになったとされる森。杉が倒れていたり、大きな岩が転がっていたり、

一面を苔が覆いつくすさまは、幻想的な美しさ。

苔むす森で出会った若者二人、前日に縄文杉まで行ったそうだ。

ガイドブックでは11時間と書いてあるが、なんと7時間で往復したそうな。

足元を見ると、スニーカーだよ。「太鼓岩まで行く。」と軽快に登って行った。

16-11-1-14.jpg



同じ登山道を引き返し、途中から弥生杉への道をたどる。

16-11-1-16.jpg



弥生杉

16-11-1-17.jpg




16-11-1-18.jpg



珊瑚礁の海岸横にある屋久島最大のガジュマル園。

樹齢500年以上といわれるガジュマルをはじめ、熱帯の植物がある。

16-11-1-19.jpg




16-11-1-20.jpg




16-11-1-21.jpg




屋久島シーサイドホテル泊

前菜   バイ貝の旨煮・地魚南蛮漬け・エビチリソース・枝豆
お造り  安房と一湊の港で水揚げされた魚の盛り合わせ
蒸し物  屋久トロ蒸し(山芋)
強肴   彩り野菜スティック・手作りサバ味噌付け
焼物   鹿児島黒豚西京焼き・ローストビーフ・飛魚テリーヌ

16-11-1-22.jpg



揚物   屋久島名産飛魚すり身の二色揚げ
中皿   島豆腐の揚げ出し鯖節添え
台物   黒毛和牛と黒豚のチャンチャン焼き

16-11-1-23.jpg



吸物   チレ鯛酒蒸し・姫竹・貝割れ
ご飯   鹿児島産 ひのひかり
香の物 
デザート

16-11-1-24.jpg
  1. 九州
  2. | comment:0
鹿児島の旅 Ⅲ (10/31) :: 2016/11/10(Thu)

JRホテル屋久島朝食






8時にホテルを出て【ヤクスギランド】へ

150分コース

入り口で協力金を払い、最初にくぐり栂を通り抜け、林泉橋を渡る。


16-10-31.jpg


分岐を右にとり、千年杉へ

ヤクスギランドで最初に出会う杉。屋久島のなかではまだまだ若い方だが、近くで見ると

その大きさに圧倒される。樹齢は不明。

16-10-31-2.jpg



しばらく木道が続き、渓谷を望める荒川橋を渡った先で80分コースと分かれて小花歩道を登る。

この先は完全な登山。見事な巨木が連続する。

16-10-31-3.jpg




荒川橋から33分と、るるぶにはあったが、妹たちとはずいぶん遅れる。

登山だよぉー  時折小雨が降り、蒸し暑い。汗びっしょり。


ひげ長老

平成12年(2000)に、一般公募で選ばれた名前。コケに覆われた幹はまさにひげを蓄えた

おじいさんのようにも見える。

16-10-31-4.jpg




16-10-31-5.jpg



蛇紋杉まで7分。これ以上かかってるけど…

蛇紋杉   150分コースの標高最高地点

巨大な屋久杉の倒木。1997年の台風で倒れ、根がむき出しになっている。

16-10-31-6.jpg



16-10-31-7.jpg



蛇紋杉から天柱杉(22分)まで、登ったり下ったり…


16-10-31-8.jpg



天柱杉

推定樹齢1500年。屋久杉の中でもトップクラスの樹齢を誇る。

天を支える巨大な柱のように、まっすぐ立っていることからその名がついた。

16-10-31-9.jpg




16-10-31-9.jpg



母子杉

寄り添う親子のように立つ、2本の屋久杉が合体する珍しいもの。推定樹齢2600年。

16-10-31-10.jpg



16-10-31a.jpg



三根杉

根の部分が3つに分かれまるで足が3本あるように見える不思議な屋久杉。

推定樹齢1100年。

三根杉から沢津橋を通り、30分強で仏陀杉へ


16-10-31-11.jpg

↑ 仏陀杉

太い幹に隆起したこぶがいくつもある屋久杉。姿が仏様の顔を思わせることから

その名がついた。推定樹齢1800年。



双子杉からくぐり杉へ

根が分かれたように見えるが、実は左側の杉が倒れて右側と合体し、このような

姿になった。この辺りは木道が整備されていて歩きやすい。

16-10-31-12.jpg

汗びっしょりで、なんとか無事にヤクスギランド終了。



車で紀元杉を見に行く。

推定樹齢3000年の巨木

見学が終わり車に戻ったら、すごい雨。

16-10-31-13.jpg



↓   紀元杉の間違いです  m(__)m

16-10-31-14.jpg



屋久どんで昼食

屋久うどん

16-10-31-15.jpg



屋久杉自然館

屋久杉の長寿の秘密や江戸時代以降の伐採の歴史など、屋久杉に関することが

学べる。

16-10-31-16.jpg

↑  平成17年(2005)積雪のため折れてしまった縄文杉の枝「命の枝」の展示


16-10-31-17.jpg




ロッジ八重岳山荘泊

16-10-31-18.jpg
  1. 九州
  2. | comment:0
鹿児島の旅 Ⅱ (10/30) :: 2016/11/08(Tue)

朝食





種子島総合開発センター・鉄砲館

ポルトガルから伝わった火縄銃や国産第一号の種子島銃など、約100丁もの

銃が展示されている。銃の歴史種子島の文化が学べる。

16-10-30-2.jpg




月窓亭寛政7年(1795)建築の種子島毛家老屋敷(羽生家)。明治19年から平成12年まで

種子島家の住宅として使われた。西之表市指定文化財。

16-10-30-3.jpg



種子島・西之表港11:50→屋久島・安房港12:45


16-10-30-4.jpg




レンタカーで島内観光

永田いなか浜

長さ1㎞に及び、5~7月にはウミガメが産卵のために上陸する。

口永良部島が望める。



16-10-30-5.jpg




屋久島灯台

16-10-30-6.jpg


16-10-30-7.jpg



西部林道

屋久鹿、可愛い~

16-10-30-8.jpg



屋久猿

お猿ちゃんはいっぱい会えたよ。

16-10-30-9.jpg




16-10-30-10.jpg



大川の滝・おおこのたき

屋久島最大規模の名瀑。落差約88m。

16-10-30-11.jpg




16-10-30-12.jpg




屋久島の南西部、中間地区にある『中間ガジュマル』。中間ガジュマルは、町指定文化財の

天然記念物。中間ガジュマルは、NHK連続テレビドラマ『まんてん』のロケ地。

16-10-30-13.jpg




16-10-30-14.jpg



千尋の滝 (せんぴろのたき)

落差66mの名瀑

16-10-30-15.jpg



トローキの滝

落差約 6m で海に直接落ちる滝(海岸瀑)。

海に直接落ちる滝は珍しく、知床のカムイワッカの滝と、屋久島のトローキの滝だけといわれる。

滝の音の「轟き(とどろき)」から、「トローキ」に変化したといわれる。

16-10-30-16.jpg




JRホテル屋久島

前菜   豚トロとさつまいものポタージュ仕立て・生湯葉の白和え・根菜の洋風マリネ

鍋物   黒豚・種鶏・湯葉の白湯水炊き風ポン酢醬油添え

お造り

16-10-30-17.jpg



合肴   鰹なまり節と鰹味噌の春巻き

替り鉢  屋久鹿の山河焼・海老せんべい添え

魚料理  地魚の小松菜包み蒸し・中華風香味油ソース・白髪ねぎ添え

16-10-30-18.jpg



お食事  大分県産ひとめぼれ・さつま汁・香の物

デザート 特製ブランマンジェ抹茶ソース・さつまいものグラッセ添え

16-10-30-19.jpg
  1. 九州
  2. | comment:0
鹿児島の旅 Ⅰ (10/29) :: 2016/11/08(Tue)

10月28日

バス・JR中央線・新幹線・JR横浜線・京浜東北線と乗り継いで妹の家へ。

鶴見・川崎間で異常音がしたとかで、桜木町・磯子で降り、20分近く列車を待つ。

冷たい雨が降り、気温が10.5度。上着なしなので寒~い。



10月29日

早朝4時半のバスに乗り、羽田空港へ

ANA619便 6:40 →鹿児島8:25 到着が遅れ、8:40初の高速船ターミナル行きの

バスの扉が目の前で閉まった。バスは1時間後だという。

鹿児島市内へ行くバスに乗り、天文館で降り、タクシーで高速船ターミナルへ



10:00発のトッピーで種子島・西之表港へ、11:35着。

レンタカーで観光に出発。

妹の旦那様にお世話になります。

途中から美しい海岸線を走り、雄龍・雌龍の岩へ

嵐の夜に海に投げ出された夫婦の生まれ変わりだという伝説のある岩。

寄り添うように立つ二つの岩の、右が雄龍、左が雌龍と呼ばれている。


16-10-29-3.jpg



千座の岩屋 (ちくらのいわや)

浜田海岸の南側にある太平洋の波に浸食によって造られた岩屋。

干潮時だけに入ることが出来る珍しい洞窟。『千人が座れる岩屋』の意味から名付けられた。

16-10-29-4.jpg




門倉岬

種子島の最南端。天文12年(1543)に鉄砲が伝来した地。漂着したポルトガル人から

島主の種子島氏が鉄砲を購入した。

16-10-29-5.jpg




宝満神社

文化四丁卯年の創建。縁起にも「種子島は日本における稲作の始まりの地」とあって、

今でも稲の原種ともいわれる「赤米」を神田で作っている。

16-10-29-6.jpg



種子島宇宙センター

事前申し込みの施設案内ツアー15:30に参加。バスで移動する。

素晴らしい景色の竹崎海岸にある、総面積970へ㎡の日本最大級のロケット発射場。

『世界一美しいロケット発射場』と呼ばれている。

HⅡロケットの実物大模型

16-10-29-7.jpg




16-10-29-8.jpg



11/1に予定されていた、H-Ⅱロケット・ひまわり9号の打ち上げは、11/2に

延期された。

16-10-29-9.jpg



ロケットの丘展望所

大型ロケット発射場はロケットの組み立てから、点検・打ち上げまでを実施する。

ここで、若島津さんに出会う。

16-10-29-10.jpg



大崎第一事務所

H-Ⅱロケット7号機実機が展示されている。

右下は総合司令棟の指令室。

16-10-29-11.jpg



SANDAL.WOOD

部屋の浴室は温泉。

16-10-29-12.jpg
  1. 九州
  2. | comment:0
ただいまぁー :: 2016/11/05(Sat)

昨日(11/4)午後3時半ころ、5回乗り継ぎ、家にたどり着きました。

雪のママのショコラちゃんと雪を連れて帰ってきました。

雪は、今まで作った雪の中で最高の出来です。

今にも歩き出しそう。そっくりです。








この子も連れてきました。

昴ではありません。わんこ友達のタルト君です。


16-11-5-3.jpg






昴です。

クラフトドッグというそうです。

大きすぎて連れてこれません。同じ大きさの雪も作ってありました。


16-11-5-4.jpg




ニューウエーブも大きな花を5輪咲かせていました。

シュウメイギクも、まだ咲いていました。


16-11-5.jpg




クイーンエリザベスは、大きなつぼみが膨らんでいました。

留守中、水ももらっていないようで、うどんこ病と黒点病がマチルダに発生していて

薬剤をスプレーしました。


16-11-5-1.jpg
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:2