昴ママの気まぐれ日記




:: 2014/06/30(Mon)



今年はお天気続きで、桃が美味しいらしい。

今日は、息子Ⅱの誕生日。

仏壇にお供え。

まだ、毎日ため息ばかり…
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:2
トートバック :: 2014/06/29(Sun)



タブレットの入るバックが欲しかったので購入。

ここ何日かレスポのトートを、ネットであちこちのショップを見てまわり、悩んでいた。

なかなか、すっきりした柄がない。

「同じのを買っていいよ。」と妹の了解を得て注文したら、翌日の午前中に届いた。

土・日だから、月曜になるかと思っていたので  した。
  1. 買い物
  2. | comment:0
うちごはん :: 2014/06/28(Sat)

息子Ⅰが夕飯いらないというので、手巻き寿司にした。大皿にすると嫌がるので…

一人分ずつ分けた。

母は、食べるのが遅い。一緒の皿にすると、なんだか食べにくい。

母は、いつも私と同じくらいの量を食べる。とり貝があったので、私は1つ貰い、あとは母が食べた。

貝好きの母と、好みが違うのよねぇー


  1. うちごはん
  2. | comment:0
蔵珍窯 :: 2014/06/27(Fri)

久しぶりの 【蔵珍窯】

割ってしまった私の茶碗と、妹に頼まれた茶碗を2個

手前のは大きく見えるけど、小さめの茶碗。奥のは、甥の大きめの茶碗。

どっちがいいか、返事待っています。

蔵珍窯
  1. 買い物
  2. | comment:2
井ざわ :: 2014/06/27(Fri)

井ざわでランチ

いつもの『穴子天丼・ざるそば』

やっぱり、ここの蕎麦は美味しいね。


井ざわ

  1. 和食
  2. | comment:0
ランチ :: 2014/06/18(Wed)

夫が亡くなってからずっと休んでいるPC同好会

水曜に母がデイサービスに行くので、18日に【味くらべ】を予約してくださった。

犬山城対岸の古民家







総勢8人。

従業員さんが、「女子会ですか?」

ん?女子会…

ちょっと、年齢が…


14-6-18-2.jpg

お値段を聞いていなくて、予約してくれた方が心配していたけれど、1300円。

お値打ちね。

アユの甘露煮、歳と重ねたせいか、綺麗に食べれたわ。




14-6-18-3.jpg

【さくら坂】でお茶をし、犬山城下を散策。

おかげさまで、リフレッシュ

持つべきものは、友達だね 




  1. 和食
  2. | comment:4
春♪ 花♪ (6/14) :: 2014/06/16(Mon)

6月14日

 花が、顔を見せに来てくれた。

雪と公園まで散歩。雪は、春がリードを持って。





今日は、ちらし寿司・玉子豆腐・生ハムとルッコラ、サニーレタスのサラダ・しめじとわかめの吸い物

しめじの好きな、花



14-6-14-2.jpg

デザートのアイスクリーム



14-6-14-3.jpg

雪に、フードを食べさせている。




14-6-14-4.jpg

 も、お姉ちゃんの真似をする。




14-6-14-5.jpg

二人で仲良く  
  1. ♪ 孫ちゃん♪
  2. | comment:0
横須賀しょうぶ園 :: 2014/06/15(Sun)

6月8日

妹の旦那様が、母と私を、横須賀の菖蒲園に連れていってくれた。







14-6-8-2.jpg




14-6-8-3.jpg

花しょうぶ祭開催中で、たくさんの人で賑わっていた。



昼ごはん難民???

以前、連れて行ってもらった、三浦のお店は貸し切りだった。

葉山のお店は、予約でいっぱいだった。


稲村ケ崎の 【池田丸】 で昼食

池田丸

生しらすと釜揚げしらすの二色丼


おかげさまで綺麗な花菖蒲・紫陽花が見れた。

ありがとうございました。


6月9日

妹宅で長い間お世話になり、母と一緒に帰宅。


家に帰ったら、凄いことになっていたわ。

朝、早くから遅い帰宅の息子Ⅰ、大変だったよね。ありがとね。
  1. 神奈川
  2. | comment:2
利尻島と礼文島の花と絶景を楽しむ旅4日間 4日目 (6/7) :: 2014/06/15(Sun)

6月7日

今日は、この旅の最終日。

観光はなく、帰るだけ。

早く目が覚めたので、ペシ岬に行くことにする。

布団の中の母を残し、妹と二人で出かけた。





八重桜が満開




ペシ岬

北海道利尻富士町の鴛泊港の北側に位置する標高93メートルの岩山の岬。

岬の先端近くの最高部には一等三角点と展望台「ペシ岬展望台」があり、そこから日本海と

礼文島、鴛泊港、利尻山、北海道本島を望むことができる。 展望台から岬の先端側に下った

ところに白亜の鴛泊灯台が設けられてることから、地元では「灯台山」の通称がある。

岬の遊歩道は2コース設けられており、頂上に上るコースの途中には会津藩士の墓碑が立つ

鴛泊ペシ岬広場がある。

14-6-7-2.jpg

磯には、うに取りの小舟




14-6-7-3.jpg

ペシ岬を望む展望台

下りてきた男性が、「15分で登れますよ。良かったですよ。」と言われたが、大丈夫か?

女性が一人、早足で追い付いてきた。

「この道は急だから、ほかの道にしようと思おたけど、登っている人が見えたから登ってきた。」

私達  「のぼるのが早いですねぇー」

「昨日、利尻山に登ってきたわ。」

どおりで、早いはずだよね。

凄いねぇー、バスガイドさんが、往復11時間かけて登山したと言っていた。

日帰り登山の山で、途中からはトイレも無く、携帯トイレを持って行くそうだ。



14-6-7-4.jpg

エゾカンゾウの花が咲き、陽が昇るにつれ、景色も変わってくる。



14-6-7-5.jpg

帰りは、比較的緩やかな道をたどる。



14-6-7-6.jpg

朝食は、7時から

母は、温泉に入ったと言っていた。




8時出発

鴛泊港 8時半のフェリー稚内へ
14-6-7-7.jpg

10:10  稚内港着



昼食

14-6-7-8.jpg




14-6-7-9.jpg

稚内空港  13:00発 全日空 572便

羽田着    14時55分

到着ゲートが遠く、母の足が遅く、15時25分発のバスに間に合わなかった。

5分前にバスが出たところだった。1時間待ち。


今回のツアーは、ゆっくり旅ということで物足りなく思ったが、母の足では、やっとやっとと言う感じ。

途中で待っていたこともあった。

そんな中で、桃岩・ペシ岬に行けたのは良かった。

無事に横浜に帰りつき、ホッとした。

「利尻・礼文に行っていない。」と言っていた母、満足したのか?

行く前に、「行きたいと言っていない。」と言っていたけど…


もう、ツアー参加は無理と思った。
  1. 北海道
  2. | comment:0
利尻島と礼文島の花と絶景を楽しむ旅4日間 3日目 (6/6) :: 2014/06/14(Sat)

6月6日

礼文島の夜明けは早い。3時40分ころに太陽が昇る

昨日部屋の置いてあったチラシを見て、妹と2人分、朝の散策に申し込んでおいた。

朝の花めぐり散策  桃岩展望台  定員28名

5時55分、花れぶんのマイクロバスが迎えに来てくれて、ガイドさんと出発。

同じツアーの3人組も参加。

他の人がいない、早朝の桃岩、ガイドさんの説明を聞きながら散策。

利尻島も綺麗に見える。





桃岩

桃岩付近にある花畑は、天然記念物に指定されている。

14-6-6-2.jpg




14-6-6-3.jpg



14-6-6-4.jpg



14-6-6-5.jpg

ツアーのコースには入っていなかったので、残念に思っていた。

ガイドさんの説明を聞けて、綺麗な花が見れて良かった。




ホテルの近辺を歩く。黒ユリが咲いていた。

14-6-6-6.jpg



朝食

14-6-6-7.jpg

1便のフェリーが出ていった。

今日はゆっくりの出発。

目の前のフェリーターミナルから、10:25のフェリーで利尻島の沓形港へ、11:05着



北国グランドホテルで昼食

14-6-6-8.jpg



姫沼

14-6-6-9.jpg

利尻富士の北側の麓の周囲1kmほどの姫沼。

姫沼は1917年に3つの小沼を堰き止めて沼を作り、そこにヒメマスを放流したことから姫沼と

名付けられた。利尻山が水面に映り、見とれる。



14-6-6-10_20140616114030f01.jpg



オタトマリ沼

14-6-6-11_201406161140324fa.jpg



南浜湿原

湿原にはアイヌ語で湧水池のある湾という意味のメヌウショロ沼がある。

周囲の遊歩道を1周する。

ここでも逆さ利尻富士が見れた。

この時期に天気が続くことは珍しいらしい。

14-6-6-12_20140616114033238.jpg




14-6-6-13_201406161140357f8.jpg



仙法志御崎公園

仙法志ポン山から流出した溶岩流でできた荒々しい磯場が広がり奇岩・怪石が見られる。

磯場には天然の磯を利用した観察場がある。

14-6-6-14_20140616114234fe5.jpg



14-6-6-15_20140616114235994.jpg



ホテル あや瀬

14-6-6-16_201406161142372ad.jpg


先付け   生うに海水流し

前 菜   ズワイガニのテリーヌ・帆立うろ旨煮・蛸佃煮

酢の物   きゅうり・もずく・たちかま

お造り   甘海老・帆立・水蛸・そい

煮 物   ホッケみそ煮・蕗添え

強 肴   毛がに

蓋 物   赤女子(あかなご)柳川風

台 物   利尻産水蛸のシャブシャブ

ご 飯・白飯   留め椀・ホッケすり身汁   香の物・二種盛り合わせ

甘 味   杏仁豆腐








  1. 北海道
  2. | comment:0
利尻島と礼文島の花と絶景を楽しむ旅4日間 2日目 (6/5) :: 2014/06/13(Fri)

今日は、朝1番のフェリーで利尻島経由礼文島へ行く。

朝食5時半。 6時半出発。



バイキングの朝食



↓ 待合室の利尻島の写真をみて、利尻はこんなふうに見えるかしら?と、心躍る。

14-6-5-2.jpg

1等ラウンジなので並ぶことも無く、バスも一緒なので荷物を持ちこまなくてもよい。

乗船時間は170分




利尻島が見えてきた。

14-6-5-3.jpg

利尻島鴛泊(おしどまり)港に入港


利尻島から礼文島へ

14-6-5-4.jpg

花の浮島、礼文島の観光へ

礼文島は海抜0メートルから高山食物が咲く希少な島。

礼文島は、稚内市の西方60キロメートルの日本海に位置する彩北の離島。

南北29キロメートル、東西8キロメートル、 面積約82キロ平方メートルの礼文島の東海岸は

なだらかな丘陵性の地形が広がり海へと続いてるが、冬の厳しい偏西風を受ける西海岸は

切り立った断崖絶壁が連なっているため、道路は東海岸しかない。

利尻礼文サロベツ国立公園




14-6-5-5.jpg

うにむき体験センターで希望者のみ、うにむきを体験  ムラサキウニ 500円

からつきのうにを割って食べてみたいと言っていた母、満足したかな?

でも説明を聞かず、ぐちゃぐちゃにし、こぶ(ウニが食べた)を洗わずそのまま食べようとしたり

小さな粒々はウニの食べた利尻昆布

バフンウニは漁が始まったばかりで、高価なので出なかった。



14-6-5-6.jpg

金田ノ岬の船泊漁業協同組合直営  【海鮮処あとい 】で舟盛り膳の昼食

ここの雲丹の方が美味しかった。




金田ノ岬

14-6-5-7.jpg

岩礁の上には、アザラシがいた。


道路際には高山植物

14-6-5-8.jpg



礼文アツモリソウ群生地

14-6-5-9.jpg

レブンアツモリウを見たかった。見れて良かったぁー ヽ(^。^)ノ



14-6-5-10.jpg




14-6-5-11.jpg



14-6-5-12.jpg



澄海岬 (すかいみさき)

階段を登って遊歩道を少し歩いた先に澄海岬の展望台がある。

澄海岬はかつて海中公園候補地だった。

海水はとても透明度が高く、岬近くでは海底まで見る事ができる。黒く見えるのは昆布。

14-6-5-13.jpg



トド島展望台

14-6-5-14.jpg



江戸屋山道散策

14-6-5-15.jpg




礼文島 スコトン岬

スコトン岬は礼文島の北西端にある岬。

スコトン岬は細長い岬の先端にあるので、日本海と宗谷海峡を一望できる。

見えるものは大海原とトド島、そして背後に広がるゴロタ山だけとなる。

晴れた日には遠くサハリンを見る事もできる。

14-6-5-16.jpg



ホテル礼文泊


14-6-5-22.jpg


14-6-5-17.jpg



14-6-5-18.jpg

食前酒   ハスカップワイン

先 付   生うに

前 菜   いくら醤油漬け・胡麻豆腐・酢取りカリフラワー・山葵真丈・甘芋かりん糖・蛸柔煮串うち

       サーモン押し寿司・干柿バター挟み

造 り   牡丹海老・帆立貝・鰈

小 鍋   桜鶏と野菜の白味噌チーズ風味鍋

地 魚   ほっけ煮付け

炊合せ  ポテトまんじゅう 玉葱餡かけ

揚 物   百合根かき揚げ  野菜しゅうまい

お食事   白米 ななつぼし   とろろ昆布汁  香の物

水菓子   牛乳ムース ハスカップソース



ホテルの庭の高山植物

14-6-5-19.jpg



14-6-5-20.jpg




14-6-5-21.jpg








  1. 北海道
  2. | comment:0
利尻島と礼文島の花と絶景を楽しむ旅4日間 1日目 (6/4) :: 2014/06/12(Thu)

羽田発・クラブツーリズムのツアー

バスは一人2席・全航路フェリー1等船室利用のくつろぎ 

【利尻島と礼文島の花と絶景を楽しむ旅4日間 】に、妹と母、3人で行ってきた。

ゆっくり行程の旅

6月4日

羽田からオホーツク紋別へ

小さな飛行機なので、バスで移動して搭乗



一緒に行けばいいのに、座席番号も知らないのに、さっさと行ってしまう母…

先がおもいやられる。

飛行機のなかで空弁で昼食

オホーツク紋別空港、12時25分着



14-6-4-2.jpg

空港では、熊さんのお出迎え



トイレ休憩を挟み、3時間ほどかけて宗谷岬へ


14-6-4-3.jpg

強風で、寒~~い



14-6-4-4.jpg

流氷館の中は、めちゃ寒い。

母は、あっという間に出ていってしまった。



14-6-4-5.jpg

北海道の雄大な風景の中をバスは走り、稚内へ



稚内  ホテル滝川の夕食

お品書きがなかった

14-6-4-6.jpg

毛がに・ほっけの焼きもの・タコしゃぶなど

温泉は、つるっとしていいお湯だった。

  1. 北海道
  2. | comment:0
誕生日 :: 2014/06/11(Wed)

今日は母の通院日。眼科と循環器科。

携帯に連絡があり、留守をしていたので、お友達が花菖蒲を家に届けて下さった。

北海道に旅行中も連絡があり、申し訳ないことをしてしまった。

ありがとうございました。

仏壇の横に飾った。

母が「優しい色だね」という。

お昼は、【一心】でお寿司を食べてきた。


14-6-11.jpg



昴のほほに傷があるので、午後から病院に連れて行った。

混んでたわ。

注射を2本打ち、薬を貰ってきた。


↓ 留守中に、年金振込先から【いちご】が届き、母が受け取ってくれた。

14-6-11-1.jpg

↑ 庭の紫陽花

また、一つ歳を重ねた。

昨年は、怒涛の1年だった。

母との同居生活も、大変。

なにかあると、「あ~、いてほしかったな。」と思う。

明日は、昴の14歳の誕生日。


  1. | comment:0
鎌倉散歩♪ :: 2014/06/03(Tue)

排水の点検が来るので家を開けれない妹が、「どこかに行ってきたら?」と言う。

鎌倉でも行こうかな。

一応、母に声をかけてみた。

「東慶寺に行こうと思うけど、行く?」

母、「明日から、北海道だから止めとくわ。」


大船で乗り換え、北鎌倉へ



東慶寺

鎌倉

11時から、本堂横の岩タバコが見れるそうだが、時間が早く残念。



鎌倉



鎌倉



鎌倉



浄智寺

鎌倉




鎌倉



鎌倉



銭洗弁財天を目指し、ハイキングコースを歩く。

たくさんの修学旅行の学生と出会う。若い子の早いこと。



鎌倉

暑さとのどの渇きで、バテ気味。



葛原岡神社

鎌倉

例大祭の真っ最中で傍に寄れなかった。

自販機でお茶を買い、一息つく。

社務所で、「銭洗弁財天に行きたいのですが、山道ですか?」と尋ねた。

「浄智寺から、ハイキングコース出来ました。」と言うと、「ここが一番高い場所です。ここから先は

舗装された道で、途中から鎌倉駅までは住宅街なので、大丈夫ですよ。」との返事。

あ~、よかったぁー



銭洗弁財天

鎌倉

ここも学生さんでいっぱい。

500円玉2個洗ったわ。



寿福寺

鎌倉



ランチ

小町通りから少し入った 産直野菜と野菜カフェ 【大地の恵み】 でしらす丼を食べた。

妹からメールが来ていて、母が明月院へ行くと一人で出かけたそうだ
  1. 鎌倉
  2. | comment:0