2013 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2014 01
綺麗なお花
2013/12/28(Sat)


関西地方のお友達から、お花が届きました。

優しい色の素敵なお花です。

ありがとうございました。


今までいただいたお花も、傷んだ物を差し替えて飾り、癒されています。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
母、退院
2013/12/27(Fri)
母が退院しました。

「お昼に何を食べたい?」と聞いたら、「長い間、寿司を食べていないから寿司がいい。」と言う。

『一心』に行き、同じものを1貫ずついただいた。違ったのは貝好きの母のため、『貝三昧』と頼ん

だこと。

「あ~、美味しかった。」と、満足してくれた。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
ミルキーちゃん
2013/12/24(Tue)
妹が作りました。

ご近所のミルキーちゃん

ミルキーちゃん

大変な時期に、いろいろとお世話になったので、妹が作ってきてくれた。。

昨年、旅立ったわんこです。

「今日も職場でミルキーの話をしてきたの。」と、、涙を流されました。

「リボンをつけるのが好きだったのよ。帰ってきてくれたみたい。」と、喜んでくださいました。





↓  アデルちゃん

アベルちゃん

こっちゃんのママのお姉さんのわんこです。

写真も見ていないのですが、よく似ているそうです。

この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(0) | ▲ top
忌明け法要
2013/12/22(Sun)


忌明け法要を『善行寺』で執り行いました。

まだまだ、受け入れることが出来ません。


でも、そんなことばかり言ってはおれませんね。

やらなければいけないことがあります。

母も、27日に退院してきます。

昴は、夜、徘徊するし…

前を向いて生きていかなければ…


もう、帰ってこないのだから…
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(2) | ▲ top
1ヵ月
2013/12/20(Fri)
夫がいなくなってから、1ヵ月。

日が過ぎるのが遅く感じられる。

分かっているのだけど、受け入れない自分がいる。


換気扇を綺麗にしたことはいいが、螺子が締めれない。

いろんな事を、やってもらっていたんだね。

私と同じように、ご主人を66歳で送った同級生から、励ましのメールがあった。

『前を向いて進んでいこうね。』と…

長文のメールを読み、また 





夫が入院中に、リフォームが完成したお風呂。トイレも綺麗になった。

入らせてあげたかったね。



母からの電話で、現実に戻されたわ。

『朝、8時半に電話したけど、いなかったね。名古屋のお医者さんから貰った紹介状を早急に

持ってくるように言われたから持ってきて』

探し出して、すぐに届けた。行ったら、昼ご飯を食べていた。


今日はゴミの日で、たくさんの不燃ごみを出していたんだけどね。

『電話したけどいなかったね。』…と言われるのは、なんだか嫌な気持ち。


母は、27日に退院。

この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
妹の手作り
2013/12/12(Thu)


プラナちゃんです。

ブログを見て、作ってくれました。

が、耳毛とまゆを手直ししたそうです。



          ↓

13-12-12-2.jpg

若い時の姿です。




13-12-12a.jpg

若い頃のキーマちゃんです。

実物を見ていないので、悩んでいました。
この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(2) | ▲ top
お花に囲まれて
2013/12/11(Wed)
たくさんの方が、手を合わせに来て下さいます。

お花も、こんなにいただきました。

有難いことです。







13-12-11b.jpg



13-12-11c.jpg
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
ありがとう!
2013/12/05(Thu)
献花

今朝も、遠くのわんこ友達から、お花が届きました。




献花

午後、遠いところから、わんこ友達が来て下さいました。

お花と、夫の大好きな栗きんとんもいただきました。

今年は食べていなかったので、早速、お供えしました。

ありがとうございました。



夫の好物
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(4) | ▲ top
信じられません
2013/12/04(Wed)
献花

11月19日10時6分


夫が 遠くに旅立っていってしまいました。

2月に病名が分かり、3月から辛い治療に耐え、弱音をはかずに最後まで頑張ってくれました。

11月1日に8回目の入院をし、日に日に状態が悪くなりました。

息子Ⅱが休みを7日間取り、孫を見せに来てくれました。分かるうちは、孫を見て嬉しそうでした。

交代で夜も見守り、最後の夜は夫が最も信頼していたお義姉さんと私で看ることが出来ました。

今でも、いないことが信じれません。




献花



お知らせしなかったので、いろんな方から、綺麗なお花が届き、お参りに来て下さいます。





献花



気持ちが有難く、夫も喜んでくれているでしょう。


『何で こんなに早く逝ってしまったのよ。』と、恨み言を言うのは、もう止めなくては…


母の入院・家のリフォームと夫の入院。

ご近所にお友達には、いろいろとお手伝いをしていただき、本当に助かりました。

本当にありがたかったです。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
| メイン |