2012 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2012 10
一心
2012/09/24(Mon)
母を春日井まで迎えに行き、お墓参りとランチ。


一心

母の好きな回転ずし『一心』で4人でランチ。

一皿を二人で食べる。種類が多く食べれるからね。

鯵・鉄火・サンマ・えび




穴子は、平日のランチタイムは3かん。

あぶってあって、柔らかく美味しい。

一心

貝三昧は母が注文。




一心

みなみマグロ三昧は、3人で1かんずつ。

海老三昧・玉子は夫が注文

大好きな穴子は追加注文。


酒田のお寿司やさんより、美味しい!


母を家まで送っていった。

明日、妹は横浜に帰る。


ずっと、いてくれてもいいけど…

そんなわけには、いかないよね。




この記事のURL | 和食 | CM(0) | ▲ top
お好み焼き
2012/09/23(Sun)
辛子茄子

けんみんショーでみた『辛子茄子』

息子Ⅰが買ってきて欲しいと言ったので、酒田で購入。

袋を開けたら、鼻に凄い刺激。


パクッとご飯と共に口に入れた息子Ⅰ

物凄い表情になった。


1つで懲りたようだ。

きっと、誰も食べないでしょうねぇー

私はもちろん、袋を開けた時点でお断り。



お好み焼き

お好み焼きは美味しくいただいた。

妹がいると、夫は一緒に飲んでくれるので喜んでいる。


私は、楽してる。

昴は、妹にくっついている。

雪は、自分の世界。。。

この記事のURL | うちごはん | CM(0) | ▲ top
うなぎ♪
2012/09/23(Sun)
妹と土岐プレミアムアウトレットへ

あちこち見て回り、ヒューマンウーマンで1枚ずつ購入。

お昼を食べようと思ったが、日曜なので並んでいた。

多治見で鰻でも食べることにした。


老鰻亭魚関の昼に間に合うかな?

駐車場もいっぱい。1台でて入ったので、ラッキーと車を止め、暖簾が出ていたのだが

準備中と出ている。

聞いてみたら、1時半までの営業とのこと (T_T)

もう2時、澤千はやっているかな?



澤千

澤千

商い中の看板

鰻が6切れと3切れの2種類の鰻どんぶりがあった。

私達のお腹には3切れのでいいわ。

鰻丼 2000円  肝吸い200円

量もお味も満足。


織部で陶器を見て家に帰った。

この記事のURL | 和食 | CM(0) | ▲ top
お悔やみに
2012/09/22(Sat)
午前中に、夫の両親の彼岸の行事がお寺であるので、夫に行ってもらった。


昼食を済ませてから、日進まで義理の叔父のお悔やみに妹と行ってきた。

従妹は一人っ子で、姑と自分の両親の3人を看とった。

大変だったと思う。


3年前に亡くなった叔母には良くしてもらったので、一緒に旅行に行ったのが

懐かしく思い出される。

母より、叔母の方が楽しそうにしていたわ。

晩年は骨粗鬆症で苦しんだけど、もっと一緒に旅行に行けたらよかったのに…


ご冥福を祈ります。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
帰宅
2012/09/21(Fri)
無事、帰宅。

妹も叔父(義理)のお悔やみのため、一緒に車に乗ってきた。

明日、お悔やみに行くことにする。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
山形の旅 4日目 (9/20)
2012/09/20(Thu)


朝食


昨晩中、降っていた雨も何とか上がり、曇り空。


今日は米沢から喜多方に行き、横浜に帰る。




上杉神社

12-9-20-2_20120927131751.jpg

米沢藩祖である上杉謙信公を祀る神社。

旧米沢城本丸の奥御殿跡に建てられている。

大正8年(1919)の大火で本殿は焼失。現在の本殿は大正12年(1923)、明治神宮や

平安神宮の設計者として知られる米沢市出身の文化勲章受章者・伊東忠太により竣工

された。



12-9-20-3_20120927131751.jpg


米沢牛を食べたかったけど、お昼ごはんにはまだ早い。


喜多方へ向かう。


途中の道の駅で、喜多方ラーメンのマップを貰う。




12-9-20-4_20120927131751.jpg

かどや

喜多方ラーメン  550円

喜多方の中でも、古くから営業する老舗店。喜多方に来たら、一度は食べてみたい

オススメの“中華そば”・・・と家に帰ってから調べたら、ネットに載っていた。


今回の旅も、今日で終わり。


次は、どこに行こうかなぁー
この記事のURL | 東北 | CM(2) | ▲ top
山形の旅 3日目 (9/19)
2012/09/19(Wed)
山の湯

朝食前に『山の湯』へ

内風呂にも露天にも、可愛いウサギちゃんがいた。




12-9-19-1.jpg

朝食

大根煮・地野菜つるむらさき味噌マヨネーズ・イカ刺身・玉子焼き・焼き鮭・あつあつ豆腐

郷土料理 塩納豆・鶴岡さんつや姫・庄内もずくの味噌汁・漬物・板長手造りのデザート


ロビーでコーヒーのサービスもあった。




今日の天気予報は曇り・雨。

羽黒山で、雨が降りませんように!



鶴岡の致道博物館へ


致道博物館



12-9-19-3.jpg



12-9-19-4.jpg



12-9-19-5.jpg



羽黒山へ


羽黒山

羽黒山・湯殿山・月山の出羽三山は、全国有数の修験の山として知られている。

その中で羽黒山(標高414m)には、三山の神を合祭した社殿・三神合祭殿が山頂にある。

参道には国宝五重塔があり、2446段の石段と杉並木が続き、神聖な雰囲気を漂わせている。


鳥居の向こうは随神門・・・出羽三山の玄関口。

穢れや邪悪の侵入を防ぐため、2体の随神像がある


羽黒山

さぁー、頑張って2446段を登ろう!

トレッキングポールも、妹に買っておいて貰ったしね。



爺杉  ↓

幹の根元の周囲は11.5m、高さは48.3m、樹齢1000年以上と言われる。


12-9-19-7.jpg

五重塔 ↑  国宝

古くは瀧水寺の五重塔と言われ、附近には多くの寺院があったが、今はなく五重塔だけが

一の坂の登り口左手に素木造り、柿葺、三間五層の優美な姿で聳り立つ杉小立の間に建って

いる。現在の塔は長慶天皇の文中年間(約600年前)庄内の領主で、羽黒山の別当であった

武藤政氏の再建と伝えられている。



12-9-19-8.jpg

延々と続く杉並木の石段を登る。

二の坂茶屋の人に「ここが半分です。」と言われ、長い坂を見上げると「まだあるぅー」

と、くじけそうになる。

下りてくる人に「もうすぐだよ。頑張って!」と励まされ、鳥居が見えた時、ホッとした。




12-9-19-9.jpg

出羽三山神社 三神合祭殿

羽黒山頂にあり、三山の開祖蜂子皇子は、難行苦行の末、羽黒大神の御示現を拝し、山頂に

羽黒山寂光寺を建立し、次いで月山神、湯殿山神を勧請して羽黒三所大権現と称した。

社殿は合祭殿造りと称すべき羽黒派古修験道独自のもので、高さ28m(9丈3尺)桁行24.2m

(13間2尺)梁間17m(9間2尺4寸)で主に杉材を使用し、内部は総朱塗りで、屋根の厚さ2.1m

(7尺)に及ぶ萱葺きの豪壮な建物である。

現在の合祭殿は文政元年(1818)に完成したもので当時工事に動員された大工は35,138人半を

始め木挽・塗師・葺師・石工・彫物師その他の職人合わせて55,416人、手伝人足37,644人、これ

に要した米976余石、建設費5,275両2歩に達した。この外に多くの特志寄付を始め、山麓郷中の手

伝人足56,726人程が動員された。

建設当時は赤松脂塗であったが、昭和45年~47年にかけ開山1,380年記年奉賛事業の一環として

塗替修復工事が行われ、現在に見るような朱塗りの社殿となった。

平成12年、国の重要文化財に指定された。

本に上りが1時間、下りが40分と書いてあったが、もう少しかかった。

上りがきつかった。下りは良かったけど…




月山へ


12-9-19-10.jpg

狭い道を月山8合目へ

雨が降り出し視界も悪くなった。

眺望ゼロ。

レストハウスで、おにぎりとおでんの昼食。

気温が低いので、暖かいものが美味しいね。

雨が強くなり時間もないので、湯殿山へ行くのを断念。





蔵王温泉へ


蔵王・和歌の宿  わかまつや

斎藤茂吉ゆかりの宿



12-9-19-11.jpg

山形旬綴り膳・長月

先付   海月のあちゃら

前菜   秋刀魚紅葉煮・通草印篭・茄子そばの実合え・丸十豆腐寄せ他

造り   鮪・平目・蒟蒻

強肴   蒸籠 とうもろこし・トマト・玉ねぎ・きりたんぽ・しめじ・葱味噌

焼物   貝柱・カニ実の洋風焼き・月山竹

揚物   鯛唐揚げ・ズッキーニ・椎茸海老詰め・ベビーコーン

酢のもの くず切り・わかめ・打ち胡瓜・黄菊 土佐酢

食事   山型産はえぬき とりそぼろ

止椀   ほうれん草と高野豆腐の玉子とじ

水物   季節の果物









この記事のURL | 東北 | CM(0) | ▲ top
山形の旅 2日目 (9/18)
2012/09/18(Tue)


7時半から朝食

食事中に従妹から携帯に電話があった。


旅に出る前、9/12に叔父…母の妹(3年前に亡くなった。)のご主人の具合が悪くなり、

『会わせたい人があったら連絡して欲しいと、お医者さんに言われた。』と従妹から母に

連絡があり、日進の病院までお見舞いに行ってきた。


旅行中に何か起きませんようにと思っていたのだが、『今夜が山だと言われた。』と…

旅行に出ていることを言い、すぐに行けないことを詫びた。




今日の予定は、最上川舟下り・酒田、時間があったら鳥海山。

車の中から予約を入れ、予定通り最上川舟下りの乗船所に着いたのだが、駐車場に着いた

とたん、「風が強いから船が出ない。」と電話があった。

私達4人だけで、船を出したくなかったのかも…

もうひとつの最上川芭蕉ラインに問い合わせたら、そちらは大丈夫とのこと。

でも、船が出るまでの待ち時間が長く、ライン下りはあきらめることにする。


酒田へ


12-9-18-1.jpg

酒田 山居倉庫

明治26年(1893)建造。

9棟は現役の穀物倉庫、3棟はお土産物屋や庄内米歴史資料館になっている。




本間美術館

12-9-18-2.jpg

美術館には、近世から現代に至るまでの美術品が展示されている。


本館 清遠閣(せいえんかく)

藩主が領内巡視の折、たびたび来臨された。


庭園 鶴舞園(かくぶえん)

鳥海山を借景にした回遊式庭園。

今日の酒田は暑い!

35度まで気温があがったそうだ。



お昼は酒田の『しばらく』で地魚寿司



12-9-18-5.jpg

私と妹は庄内浜、夫達はじゃらん。



12-9-18-3.jpg




12-9-18-4.jpg

写真は庄内浜

店主のウンチクが多く、あぶったりと細工も多く、自信があるなら直球勝負したら…

   ↑ 途中で返事するのが嫌になった!



鳥海山へ

12-9-18-6.jpg

鳥海山ブルーライン

秋田県にかほ市象潟地区と鳥海山の5合目鉾立を経由し、山形県遊佐町の海岸を結ぶ 山岳道路。

眼下には日本海が広がり、象潟・飛島、遠くは男鹿半島まで素晴らしい眺望。



12-9-18-7.jpg


鳥海山は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236mの活火山。

出羽富士(でわふじ)とも、秋田県では秋田富士(あきたふじ)とも呼ばれる。

古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。日本百名山・日本百景の一つ。




12-9-18-8.jpg

一六羅漢岩

海難事故の諸霊供養と海上の安全を祈り、元治元年(1864)から5年かけて彫られた石像群。




今日の宿

湯田川温泉  九兵衛旅館(くへいりょかん)


12-9-18-9.jpg

8部屋のこじんまりとした旅館




12-9-18-10.jpg

姉妹館 『球玉や』の展望貸切風呂に入った。

宿に戻り『川の湯』に浸かる。

食事は済んだ後だと、男性用になるため。




12-9-18-11.jpg

胡麻豆腐あんかけ

前菜   鶏の松風・丸十蜜煮・黒バイ貝・からとりもって菊辛子醤油・アケビのきのこ味噌

庄内魚お造り    生蛸・赤海老・鯛・スズキ

揚物   由良産赤海老の蓮根はさみ揚げ

地魚   はたはた田楽

だだちゃ豆の和風ムース

鶴岡産はえぬき

庄内 芋煮汁(庄内豚・みそ味)

香の物   柿大根・しなべきゅうり

板長手造りのデザート   あんみつ

どれも美味しかった。

芋煮少しと、はたはた田楽1尾、食べれなかった。





夜、9時半過ぎに従妹から電話があり、21時くらいに亡くなったと連絡があった。










この記事のURL | 東北 | CM(2) | ▲ top
山形の旅 1日目 (9/17)
2012/09/17(Mon)
朝、6時前に蔵王を目指して出発。

渋滞にもあわず、無事に到着。


東北道白石ICから、蔵王エコーライン・蔵王ハイラインを通り、御釜へ。



↓  滝見台から眺望 三階滝

12-9-17-1.jpg

御釜

山の噴火でできた、釜のような形のカルデラ湖。

太陽の当たり方で湖面の色が変わり、五色湖ともいわれる。




山寺へ



宝珠山立石寺 天台宗

貞観2年(860)に慈覚大師が開山した。


12-9-17-2.jpg

芭蕉が『閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声』の句を詠んだ場所として有名。

登山口から頂上の奥の院まで、1000段を超える石段の途中には五大道などの絶海の

スポットがある。



12-9-17-3.jpg




12-9-17-4.jpg



12-9-17-5.jpg



12-9-17-6.jpg



五大堂

五大明王を祀り天下泰平を祈る、崖の上に建てられた道場。

12-9-17-7.jpg




12-9-17-8.jpg

門前町や立谷川・田園風景・・・絶景が眼下に広がる。




12-9-17-9.jpg



12-9-17-10.jpg

奥の院




12-9-17-11.jpg

小さな子も頑張って登っていた。

1段登る旅に煩悩が消える?

ちょっと心配だったけど、無事に参拝できた


今晩の宿 天童ホテル

12-9-17.jpg

温泉に浸かり、疲れをとる。



12-9-17-12.jpg

前菜   旬菜盛り合わせ

煮物   銀鮭の煮付け

造り   鮪・サーモン・烏賊・帆立レモン〆

西洋料理 牛舌の塩付けと県産木の子のサラダ仕立て




12-9-17-13.jpg

焼  物    牛肉の朴葉包み焼き

蒸し物     松茸茶碗蒸し 銀あん すだち

中国料理    鳥軟骨入りつくねの中華煮込み

椀  物    天童ホテルオリジナルの山形芋煮

香の物     みはからい

ご  飯    舞茸ご飯

水  物    特製マロンプリン

この記事のURL | 東北 | CM(0) | ▲ top
妹の作品
2012/09/16(Sun)
明日からの旅行のため、妹の家にお泊まり。




妹が、カルチャーセンターで習っている『フエルトのわんこ』


トイプードルとウエスティー

パピヨンは上級なので、12月に作るそうだ。
この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(0) | ▲ top
トレッキングウエアー
2012/09/13(Thu)


夫のトレッキングウエアー(コロンビア)を『ヒマラヤ』で購入。

トレッキングパンツは安くなっていなかったが、上着は5割引き。

Sサイズがあったので…

すそ上げをお願いしたら、メーカーに出すので1週間後にしかできないと言われた。

悲しい事に10cm以上短くしないといけないので、裾のコロンビアのマークが無くなる。

旅行に持っていきたいので、とりあえず手縫いで裾上げしておこうかな。


この記事のURL | 買い物 | CM(2) | ▲ top
春♪ 花♪
2012/09/08(Sat)
花♪

花♪

もうすぐ、10カ月。 8.5キロだったかな?

気合を入れて大きな声を出して、取っ手に掴まり立ち上がる。

前を見ずにハイハイするので、ぶつかって泣いたり…

雪を触りに行って、雪に『ガゥ~~』と言われてびっくりしたり…

いろんな事をして、日々成長していくんだね。




春♪

春♪は、また、拭き掃除をしているわ。



12-9-8e.jpg

綺麗になったかな?



12-9-8f.jpg




ストラップを貰った。

小さな本みたい。




12-9-8-g.jpg

春♪の赤ちゃんの時から現在までの写真が、アルバムになっている。

左は、花♪  右は、春♪



この記事のURL | ♪ 孫ちゃん♪ | CM(0) | ▲ top
賑やかな食卓
2012/09/08(Sat)
息子Ⅱから、「今日、ご飯食べに行ってもいい?」

と、連絡があってから、豚バラ肉を1キロほど買ってきて、フライパンで焼き付けて

脂を落とし5分ほど茹でてから、圧力鍋で角煮を作った。




マカロニサラダ・煮物・角煮



12-9-8c.jpg

生ハムのサラダ


今日の反省点

春♪は、卵が嫌いだったのを失念したこと。マカロニサラダに入れてしまった。



この記事のURL | うちごはん | CM(0) | ▲ top
和食と和カフェ  小町庵
2012/09/07(Fri)


お友達と3人でランチ

8/11に開店した 『和食と和カフェ 小町庵』← リンクしてあるよ

12時過ぎていたので席があいているか心配したんだが、3席空いていて『ラッキー』と

喜んだのはいいけど…

和食膳2つと桶ちらし1つをお注文。

長~い間、待った。

あとから来た会社員風の男性2人には、割と早く出てきた。

「きっと、予約してあったんだね。私達は暇人だからいいかぁー。」

和食膳が、やっと来た。(40分以上は経っていた。)

白飯か炊き込みご飯が選べるので、Yさんが炊き込みごはんを頼まれた。

私も和食膳を注文してあったので、「私も炊き込みご飯ね。」とお願いした。


それから・・・・

和食膳が来ない。

先に食べるのを遠慮されている、Yさん。


随分、時間がたってから来たのがこれ ↓ 2つ



12-9-7-2.jpg

「和食膳を注文したのだけど。」

「確認してきます。」



「間違えました。作りなおします。」

「え~、時間がかかるならこれでいいです。」

「すみません。」

こんな会話の末、桶ちらしをいただくことになった。


が・・・・


付いてくるはずの、食前酢・小鉢・赤だし・茶碗蒸しが来ない




12-9-7-3.jpg

本当は、こんな感じで出てくる。

Yさんの、食前酢・小鉢・赤だし・茶碗蒸しをお借りして撮影。


結局、ちらし寿司を半分近く食べたところで、やっと全部が揃った。

ちょっとれる。


美味しいし、お値打ちでお店も小奇麗・・・

でも・・・残念だね。

3人では、手が回らないのかな?


他でも注文間違いや出し忘れ、注文するのに30分近く待っていた3人組もいた。

胡麻アイスを食べながら、てんぷらを食べていた人はお気の毒。



12-9-7-4.jpg

デザートは胡麻アイスか抹茶ケーキ、お好きなドリンク。

これで1050円は、とってもお値打ち。

今度行った時は、余裕のある対応になっているといいね。


お友達のブログ 『食べ歩き・観て歩き by momo』 ← リンクしてあるよも見てね
この記事のURL | 和食 | CM(2) | ▲ top
お墓参り
2012/09/02(Sun)
9月2日は、父の命日。

もう、15年が過ぎた。


夢にも出てきてくれないけど、元気でやっているからね。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(2) | ▲ top
| メイン |