2012 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 04
明治村
2012/03/29(Thu)


豪雪地として知られ、日本のスキー発祥の地である越後高田に明治41年(1908)頃

建てられた洋風木造二階建の簡素な写真館。階下には応接間、暗室のほか作業室兼用

の居室があり、二階に写場(スタジオ)が設けられていた。




12-3-29-2.jpg

菊の世酒蔵の前にある梅

すぐわきの道を入った場所にカタクリの群生地があるのだが、立ち入り禁止になって

いた。



12-3-29-3.jpg

しだれ桜やソメイヨシノのつぼみもピンク色になり、咲くのが待ち遠しいね。




12-3-29-4.jpg

三重県庁舎

間口が54mに及ぶ大きな建物で、玄関を軸に左右対称になっており、正面側には

二層のベランダが廻らされている。この構成は当時の官庁建築の典型的なもの。




12-3-29-5.jpg




12-3-29-6.jpg

牛鍋屋として営業している。



12-3-29-7.jpg

春休みで家族連れが多く、明治探検隊スフィンクスコードを楽しんでいる姿が目に

付いた。


春の日差しの中、きもちのよいウォーキング。

でも、1万歩に達しなかったんだよね。

近道を行こうとする夫。早く帰るという。12時半には家に着いたよ。

おにぎりも持っていったのに…


夕方も歩くからいいか。
この記事のURL | 明治村 | CM(0) | ▲ top
花びらの会作品展
2012/03/24(Sat)


まなび創造館で開催中の『花びらの会』の水彩画の作品展を見てきた。

今回は風景画も数点展示してあった。

この記事のURL | 絵(作品展など) | CM(0) | ▲ top
しだれ梅
2012/03/22(Thu)


大縣神社のしだれ梅が満開と聞いたので、昴と行ってきた。


良い香りの中、散策。
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
奥飛騨の旅 2日目
2012/03/20(Tue)


予想気温はー6度

朝の冷たい空気の中、少し離れた貸切風呂へ

小さな旅館のお風呂のような、うち風呂と露天風呂

階段を下りて入った露天風呂。足は冷たいし、気温が低いので湯がぬるい。

内風呂は、ちょうど良い温度だった。かけ流しなので、湯の出口には炭酸泉の泡が

少し出ている。




12-3-20-2.jpg

つららが下がった宿の玄関。




12-3-20-3.jpg

館内




12-3-20-4.jpg

囲炉裏ばたでの朝食




12-3-20-5.jpg



12-3-20-6.jpg



12-3-20.jpg

高山の宮川朝市で、赤カブの漬物や大納言小豆を購入。

三之町・陣屋朝市を散策。



12-3-20-7.jpg



12-3-20-8.jpg

『運転ご苦労様』と、妹夫婦が夫の大好物を買ってくれた。

さすがに値の張るお酒は味が違うらしい。

福地温泉の朝市で買ってきたシイタケを焼いて「コクがある。飲みやすい。」と嬉しそう。


ひるがのサービスエリアで、草円でいただいた釜炊き豆ごはんのおにぎりと飛騨牛コロッケ

で昼食。

2時半過ぎに家に帰り、桜餅でお茶を飲み、明日、用事があると妹たちは3時過ぎに横浜に

帰っていった。
この記事のURL | 岐阜 | CM(2) | ▲ top
奥飛騨の旅 1日目
2012/03/19(Mon)
妹夫婦と奥飛騨へ



幾度か奥飛騨は来たことがあるのに、平湯大滝は初めて。

雪道を歩き滝を見に行く。

全部凍ってはいなかった。雪の白さが眩しい。



12-3-19-2.jpg

昼食は福地温泉【昔話の里】を入った場所にある『陶茶房 萬葉館』

奥まっていて分かりにくい場所にある。



12-3-19-3.jpg

蕎麦がきと豆もちの揚げもののあんかけ(4人でシェア)

山菜の天ぷら

ざるそば(妹と2人で半分づつ)

しゃも南蛮の温かいおつゆとざるそば(夫と妹のご主人)


奥からそばを切る音が聞こえてきて、赤ちゃんをおぶった女性が持ってきてくれる。

ご夫婦で切り盛りしてみえる。

土間を入った座敷は器が販売されている。


使用している器は、ご主人の作品だそうだ。




12-3-19-4.jpg

新穂高ロープウェイ

「雪のある時期も素敵よ。」と聞いて新穂高ロープウェイに乗る。

以前、10月に来た時は凄い人で長蛇の列だった。すぐとなりのホテル穂高に宿泊したと

いうのに、窓から見たらすごい人で慌ててチェックアウトした。

3月までは駐車料金も無料で、人も少ない。

新穂高温泉駅から第1ロープウェイに乗り、鍋平高原から2階建てのロープウェイに乗り

継ぎ山頂駅へ。

槍ヶ岳・大喰岳・中岳・南岳・北穂高岳・奥穂高岳が綺麗に見えた。

登るにつれ、雲の中に突入。



12-3-19-6.jpg


標高2165mの展望台に着いたが、ガスが立ち込め何も見えない。気温はー11度。

ほんの少しの時間、晴れ間が出て、西穂高岳が見えた。


千石園地は雪の壁が出来ていた。




12-3-19-7.jpg



12-3-19-8.jpg




12-3-19-9.jpg

今晩のお宿 

福地温泉  山里のいおり 草円


まず、温泉に浸かる。

他の旅館のお風呂を1軒もらい湯出来るというのだが、寒さに負けて大浴場へ。

あとから、貰い湯をすればよかったと思った。


お湯からあがった後、悲惨な状況に (。>_<。)

お昼にてんぷらを食べすぎたせいか、温泉に浸かりすぎたせいか、年に数回起こす

腹痛・腰痛に襲われ、お腹が壊れた。冷や汗、顔面蒼白。

時間が早かったので横になっていたら、復活!



12-3-19-10.jpg

岩魚の塩焼きや揚げ物はパス。

でも、結構食べたよ。

食前酒 桃白酒
座付  芹江胡麻和え・くこの実
旬菜  鴨ロース・雛寿司・菱玉子・麺こんにゃく酢味噌和え・蕗のとう揚げ
吸い物 蓬真丈 土筆 花びら人参
造り  鮭寒椿造り わさび 菜の花昆布〆 むらめ
温物  海老芋・ぜんまい東寺巻・鶏つみれ・絹さや・糸人参
台の物 飛騨牛網焼き・大根・姫竹・ブロッコリー
焼き物 岩魚塩焼き・芋五平餅・葉わさび
酢の物 白魚卯の花和え
食事  釜炊きご飯・汁・香の物
水物  デコポンアイス・レモンパウンド



12-3-19-11.jpg



12-3-19-12.jpg

ご主人が挨拶に見え、3種類のお湯があると説明された。

共同の温泉に自家源泉が2つ。

まだ入っていない3つの貸し切り温泉は炭酸泉だそうだ。

今日は、体調がいまいちだから、明日の朝、貸切風呂に行こうかな。





この記事のURL | 岐阜 | CM(0) | ▲ top
焼き肉
2012/03/18(Sun)


妹夫婦と賑やかに5人で焼き肉。

明日から福地温泉に1泊の温泉旅。

楽しみィー
この記事のURL | うちごはん | CM(0) | ▲ top
大縣神社 梅まつり
2012/03/14(Wed)


2月19日から3月18日まで『梅まつり』開催中。



12-3-14-6.jpg

日当たりのよい場所では咲いていたが、まだ蕾が固い木もあり、まだ楽しめそう。

良い香りがして、気持ちが明るくなる。
この記事のURL | | CM(0) | ▲ top
木木の窯座
2012/03/14(Wed)


小牧市大草の『木木の窯座』

車の通りも少ない場所に、こんなおしゃれなお店があるんだね。

樽の部屋をお願いしたのだが、すでに予約が入っていた。当日では無理かもね。



12-3-14-2.jpg

お肉も柔らかく美味しくいただいた。



12-3-14-4.jpg

お友達の煮込みハンバーグと魚のグリル。

とても感じが良い接客だった。
この記事のURL | ランチ | CM(0) | ▲ top
チャリティコンサート
2012/03/12(Mon)
お友達にチケットをいただいたので行ってきた。

市主催の東日本震災復興支援事業

『1000人の祈り Ken Katayama』 チャリティコンサート

市民会館で開催のこういう催しものに行くのは初めて。

駐車場も満車で、空きを探す車がうろうろ・・・

運よく、1台の空きを見つけて駐車。

入場する人が列を作り、中学校のジュニア奉仕団が列にそって募金活動をしている。

最初に入れてしまったので、申し訳ない気持ちになる。


Ken Katayamaさんは、音大を卒業した後、イタリアに留学したテノール歌手。

地震発生時刻に全員で1分間の黙とう。

スマイル・VIVERE~生きる・オー・ソレ・ミオなど、声量豊かで魅了される。

『ふるさと』を少年少女合唱団と共に歌い、観客も合唱した。

最後は、ご自身の作曲の平和を願う『祈り』で、一般公募の方・少年少女合唱団の大合唱。


被災された方の事を思うと、普通に暮らせる幸せを有難く思う。


息子Ⅰ・Ⅱの中学校の恩師がボランテイアで頑張ってみえた。

Ⅱが子供が二人いると伝えると、「いいお父さんしているんだね。」と言われた。

すれ違いざまの会話だったが、元気に活躍してみえて嬉しいね。




この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
常懐荘
2012/03/10(Sat)
家に帰り、バックから携帯を出したら、お友達からメールが入っているのに気が付いた。

以前に頼んでいたので、わざわざ常懐荘のことを知らせてくださった。





常懐荘

小牧市味岡駅の北、熊野神社の右隣の昭和初期の和洋折衷の邸宅。

昭和8年(1933年)、竹内禅扣(たけうちぜんこう)の別荘として建造された。

『常懐』は常に心が引かれるという意味があり、「撫子」の別名もある。



12-3-10-3.jpg

日本と韓国の画家7人の金箔を用いた美術作品が展示されている。(10・11日)

閉め切って説明が行われていたので、2部屋は見ることが出来なかった。




12-3-10-4.jpg




12-3-10-5.jpg

車を止めておいた場所まで、のんびり歩く。

河津桜も、もうすぐ咲くね。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
書展
2012/03/10(Sat)


義姉の書展が豊明であり、夫と行ってきた。

震災の影響もあるのか、金子みすずさんの詩を書いた作品が何点かあった。




12-3-10a.jpg

長久手の『あぐりん村』に寄り、野菜とお弁当を購入。

「食べていく?」と夫に聞いたら、家に帰ってから食べると言われ、1時過ぎに遅い昼食。

鹿児島の物産展もやっていて、奄美大島の黒糖ピ-ナッツを売っていたので、奄美大島で

買って美味しかったのを思い出して購入。



この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
妹のフエルト手芸
2012/03/08(Thu)
妹が「シュナウザーを作ったよ。」と、携帯に写真を送ってきた。



120304_1227~01




SN3V00020001.jpg

カットの仕方が違うシュナウザーを2匹、作ったそうだ。

根気がいいね。
この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(0) | ▲ top
夕食
2012/03/05(Mon)
角煮

圧力鍋で煮た、柔らか~い角煮

こういうおかずだと、息子Ⅰはご飯が進むようだ。

この記事のURL | うちごはん | CM(2) | ▲ top
春♪初節句
2012/03/03(Sat)
春♪の初節句で息子Ⅱの家で夕食をご馳走になった。


12-3-3-2_20120304135641.jpg

春♪

3ヶ月半

むっちりとしてきたね。



12-3-3-1.jpg

親心だね。春♪と花♪のお雛様が並べて飾ってある。



12-3-3-3_20120304135640.jpg

春♪は、ピカチューに夢中。

シールを張るのに名前を言われて、どこにあるか探して欲しいという。

小さくて見にくいし、何を言っているか聞き取れないよ。



12-3-3-4_20120304135639.jpg

お嫁ちゃん手作りのちらし寿司や菜の花の白和え等々。

春♪も『美味しい』とにっこり。

美味しくいただいた。ご馳走様でした。



12-3-3-5_20120304135639.jpg

お得意のAKBの『アイウォンチュー』



12-3-3-6_20120304135638.jpg

花♪の初節句だけど、まだ小さいので良く寝ていた。



12-3-3-7_20120304135637.jpg

さすがにお腹いっぱいのようで、ケーキは残していた。


早いもので、4月には幼稚園。

4月1日生まれなので、一番幼いんだよね。

春♪、頑張るんだよ。
この記事のURL | ♪ 孫ちゃん♪ | CM(0) | ▲ top
| メイン |