2011 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 11
愛・地球博公園&愛知県陶磁器資料館
2011/10/28(Fri)


愛・地球博公園(モリコロパーク)

2005年、愛・地球博が開かれた跡地に整備された『愛・地球博公園』に出かけた。

今日のメインは『サツキとメイの家』

どこに何があったのか?大阪の万博の跡地のように、○○館跡と分かるようになって

いるといいのにね。



11-10-28-2.jpg

サツキとメイの家

当日券を購入し、10時半から見学。

映画『となりのトトロ』(1988年)のサツキとメイが暮らす昭和30年代の家『草壁家』

昭和30年代の生活が再現されている。



11-10-28-3.jpg

水屋の戸棚には、時代を感じさせる食器やお菓子の缶。箪笥には当時の洋服。

箪笥の洋服は季節ごとに入れ替えるそうだ。



11-10-28-4.jpg



11-10-28-5.jpg

『トトロ』の『と』を表した特注の鬼瓦。



11-10-28-6.jpg

大芝生広場横のお花畑



11-10-28-7.jpg

ランチは、『安江』で海老おろし蕎麦



11-10-28.jpg

愛知県陶磁器資料館で企画展『マイセン・西洋時期の誕生』

豪華な磁器に感嘆する。



11-10-28-8.jpg

『BEBBKEI』で黒糖ブドウ食パンとシュークリームを購入。
この記事のURL | 愛知 | CM(0) | ▲ top
おしゃべりタイム。
2011/10/26(Wed)


ランチの後、お友達の家のご主人の作られたウッドデッキで、花を愛でながら

コーヒーをご馳走になる。

5月にはバラが咲き乱れる素敵な庭なのだが、今年は何種類か枯れたそうだ。

デッキに絡まったの素晴らしかった蔓バラ『アンジェラ』も…




11-10-26-5.jpg

猫ちゃんが3匹。

メインクーンのオスのイチロウくん、4歳。

カテーテルを入れるような大病をしたのだが、今は元気。

人懐っこく、体重は10キロ。



11-10-26-6.jpg

メインンクーンの雌のてんちゃん。この仔も10キロはありそう。

立派な尻尾をしている。

もう1匹は、スコティシュホールド。


息子が同級生の、わたし達3人、話がはずむ。

Mさんの息子は結婚が決まり、Aさんの息子は危険な仕事をがんばっている。


それに3人とも、息子が2人。

今まで、いろいろ大変な事があったね。

男の子を育てるのは、女の子を3人育てるほど大変なことなんだってとAさん。

そうだよねぇー

人に言えないこと、いっぱいあるよね。


久しぶりに会っても、こんなに話ができて嬉しいね。

今日は、ありがとう!

この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
秀瑠
2011/10/26(Wed)


先月、お友達が食べに来た時はさつまいもの釜めしだったのだが、今日はお茶碗に盛られた白飯。

去年の10月に来た時は、松茸の釜めしだったのに…

この記事のURL | 和食 | CM(0) | ▲ top
小牧市民美術展
2011/10/26(Wed)
お友達が迎えに来てくれて、『小牧市民美術展』へ




特選のRNさんの『追憶』



11-10-26-2.jpg

以前、少しだけご縁のあったYさんが市長賞を受賞されていた。『奥入瀬渓流』

2点とも水彩画。



11-10-26-3.jpg

委嘱の方の絵は別のフロアにあった。

絵を習っていた時の先生の絵。

珍しく背景がモノトーン。
この記事のURL | 絵(作品展など) | CM(0) | ▲ top
フエルトのケーキ
2011/10/25(Tue)
本を見て作ったのだけど、接着剤でフルーツなどをつけるように書いてあった。

なるべく接着材は使いたくないので、縫い付けれるものはしっかりと縫い付けた。






11-10-24-1.jpg

5個、完成。

ケーキピックをつけたいんだけど…

パソコンで作るかなぁー

美味しいケーキが食べたいな。

この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(4) | ▲ top
ケーキ製作中
2011/10/23(Sun)


4回のフエルトのキットも終わり、手持無沙汰。

本を参考にケーキを作ることにした。本のようなフエルトの色が売っていなくて

2軒の手芸店に行った。似た色で我慢。

自分で材料を揃えるのは、面倒だねぇー

製作中のチョコのケーキ。




11-10-24-2.jpg

まだ、ミニトマトが少しずつ採れる。
この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(0) | ▲ top
パワー全開
2011/10/22(Sat)


こっちゃんが来た。


今日も元気いっぱい。動き回っていた。


雪と風太くんを引っ張りっこそたり、じぃじと遊んだり、パワー全開。




11-10-22a.jpg

髪の毛をあげると、見事なおでこ。

誰かの小さい頃に似てない?


今度、会う時は、お姉ちゃんになっているね。

ばぁーちゃんとじぃちゃんは、楽しみにしているわ。

無事に元気な赤ちゃんが生まれますように!
この記事のURL | ♪ 孫ちゃん♪ | CM(0) | ▲ top
秋明菊
2011/10/17(Mon)
秋明菊

秋明菊が、今年も綺麗に咲いた。

通りがかりの人やお友達の家でも、咲いているかな?
この記事のURL | うちの庭 | CM(2) | ▲ top
明治村
2011/10/13(Thu)
夫が、明治村の『鉄道寮新橋工場・機械館』を見たいと言うので出かけた。




明治時代の機械が展示されている。

熱心に見ていたよ。




11-10-13-3.jpg

11-10-13-2.jpg

名古屋に置かれたものが歩兵第六聯隊




11-10-13-4.jpg

明治10年(1877)西郷隆盛が九州で挙兵した西南戦争の際、敵味方の区別なく傷病兵

の救護に当たった博愛社が日本赤十字社のはじめである。明治19年(1886)日本政府

がジュネーブ条約に加盟、日本赤十字社と名を改めるが、その折皇室から渋谷の御料

地の一部と建設資金10万円が下賜され、同23年この病院が建設された。



11-10-13-5.jpg

大正6年(1917)金沢の第四高等学校に建てられたもので、柔道、剣道、弓道三つの道

場を兼ね備えた大きな洋風建築物。



11-10-13-6.jpg

明治政府は燈台建設のための技術援助をフランス、イギリスに依頼、東京湾沿岸の観音崎、

野島崎、城ヶ島、品川の4つの洋式燈台がヴェルニーを首長とするフランス人技術者の手

によって建設された。



11-10-13-7.jpg



11-10-13-8.jpg

ボランティアの方の説明を聞いた。

西園寺公望が政治の第一線から退いた後、大正9年(1920)に駿河湾奥、清水港近くの興津

の海岸に建てた別邸である。

「坐漁荘」の名には“なにもせず、のんびり坐って魚をとって過ごす”という意味がこめら

れていたが、実際には事あるごとに政治家が訪れた。

竹が好きだったそうで、天井などに竹が使われていた。



11-10-13-9.jpg

露伴は自分の家を「かたつむりの家(蝸牛庵)」と呼び、やどかりのように幾度となく住まい

を変えている。隅田川の東にあったこの家もその内の一つで、明治30年(1897)からの約10年

間を過ごした。

ここでも、ボランティアの方に説明していただいた。


もみじが少し色付き始めている。

『11月下旬が紅葉が綺麗ですよ。四季折々にお越しください。明治村で食べるおにぎりは美味し

いですよ。たませんもお勧めです。』と、ボランティアの方に言われた。


夫は、なんだか、明治村が気にいったみたい。

一人でも行けばいいよね。
この記事のURL | 明治村 | CM(2) | ▲ top
果物完成♪
2011/10/11(Tue)


やっと、完成。

ぶどうが丸くならなかったし、アラが目立つけど…

こっちゃんの大好物のイチゴも余分に作ってみた。(わんこ友達が作っていたから)


ご近所のお友達からフエルトをいただいたので、イチゴのケーキを作ろうかな。
この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(4) | ▲ top
夫の誕生日
2011/10/10(Mon)



夫の6歳の誕生日。金融機関からのプレゼント。

健康で過ごせるよう、毎日、歩いてね。

血圧も下がるよ。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
落合公園
2011/10/04(Tue)


今日は、昴&雪と落合公園を散歩。

歩いて来れるくらい、近いといいのにね。



11-10-4a.jpg

不動窯のお皿は、焼きしゃぶ。妹が作ってくれた、酒の肴。小鉢は、アボガドとトマトのサラダ。

夫は飲む相手が出来、美味しそうに食べ、飲んでいる。


明日、妹が帰る。

いろいろ手伝ってもらって、楽をしたわ。

この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
明治村
2011/10/03(Mon)
名古屋生まれの名古屋育ち、今は明治村から30分以内の場所に住んでいるのに

明治村に1度も行ったことのない夫。

『明治村』に行きたい!という要望にこたえて、3人で明治村へ出かけた。

JAFの1600円が1000円になる割引券を利用。駐車場代は800円。






聖ヨハネ教会堂 重要文化財 

旧所在地 京都市下京区河原町通五條 建設年代 明治40年(1907)

プロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や

幼稚園に使われていた。中世ヨーロッパのロマネスク様式を基調に、細部にゴシックの

デザインを交えた外観で、正面左右に高い尖塔が建てられ、奥に十字形大屋根がかかる

会堂が配された教会



11-10-3-2.jpg

西郷從道邸 重要文化財

旧所在地 東京都目黒区上目黒 建設年代 明治10年(1877)代

木造総二階建銅板葺のこの洋館は、明治10年代(1877~1886)のはじめ西郷隆盛の弟西郷

從道が東京上目黒の自邸内に建てたものである。西郷從道は、明治初年から度々海外に視

察に出掛け、国内では陸・海軍、農商務、内務等の大臣を歴任、維新政府の中枢に居た人

物で、在日外交官との接触も多かった。そのため「西郷山」と呼ばれる程の広い敷地内に、

和風の本館と少し隔てて本格的な洋館を接客の場として設けた。




森鴎外・夏目漱石住宅 旧東京都旧跡

旧所在地 東京都文京区千駄木町 建設年代 明治20年(1887)頃

明治20年(1887)頃、医学士中島襄吉の新居として建てられたものであるが、空家のままで

あったのを、明治23年森鴎外が借家、一年余りを過ごした。又、明治36年(1903)から同39年

までは夏目漱石が借りて住んでいた。

猫の前に立つと案内が始まる。


11-10-3-3.jpg

東松家住宅
 重要文化財

旧所在地 名古屋市中村区船入町 建設年代 明治34年(1901)頃

東松家住宅は名古屋の中心部堀川沿いにあった商家。東松家は明治20年代後半までは

油屋を生業とし、その後昭和の初めまで堀川貯蓄銀行を営んでいた。

塗屋造という江戸時代以来の伝統工法で建てられているこの建物は、創建以来、再三

の増改築を経ている。江戸末期、平屋であったものを、明治28年後方へ曳家(ひきや)

の上、2階の前半部を増築して現在の店構えを完成させ、明治34年3階以上を増築したら

しい。

ガイドさんの案内で建物を見せてもらった。細部にわたり工夫されていて、先人の知恵

は凄いなと感じた。


夫は建物や展示物も熱心に見ていて、「友達が村民になっている」と言ったら、「村民に

なりたい」と言う。

東山梨群役所で手続きをし、昼ご飯を食べてからとりにいくことにする。

夫は帝国ホテル、私は聖ザビエル天守堂を住所にした。



11-10-3-4.jpg

明治村食堂でランチ。5食限定の駅弁はいまいち。

夫はお肉が柔らかいとご満悦。



11-10-3-5.jpg

1枚上の写真

北里研究所本館・医学館

旧所在地 東京都港区白金 建設年代 大正4年(1915)

八角尖塔のある木造二階建のこの建物は、日本の細菌学の先駆者北里柴三郎が大正4年

(1915)芝白金三光町に建てた研究所の本館。


宇治山田郵便局 重要文化財

木造平家建銅板葺で、中央には円錐ドームの屋根を頂き、両翼屋には寄棟の屋根をふせ

ており、正面の左右には小ドームの載る角塔を立てている。外装はハーフティンバー様

式で、漆喰塗と下見板張の壁が使いわけられ、欄間部分には漆喰塗のレリーフが施され

ている。窓には3段或いは4段の回転窓が付けられている。



11-10-3-6.jpg

聖ザビエル天主堂

旧所在地 京都市中京区河原町三條 建設年代 明治23年(1890)

白亜の教会堂は、近世初頭日本に渡来しキリスト教の伝道に努めた聖フランシスコ・ザビ

エルを記念して、明治23年(1890)かつてザビエルがいたことのある京都の地に献堂され

たカトリックの教会堂で、フランス人神父の監督の下に、本国から取寄せた設計原案に基

づき、日本人の手で造られた。



11-10-3-7.jpg


正面入口の上には直径3.6mを超える大きな薔薇窓が付けられ、切妻の頂点には十字架

が掲げられている。



11-10-3-8.jpg

金沢監獄中央看守所・監房

旧所在地 石川県金沢市小立野 建設年代 明治40年(1907)

金沢監獄では、広い敷地の北半分が管理のための建物群で占められ、南半分に舎房が

置かれた。ここでも洋式舎房が採用されており、八角形の中央看守所を中心に、左右

及び正面奥と左右斜め奥に五つの舎房が放射状に配され、右の舎房から順に第一、第

二…第五舎房と名付けられた。

移築復原に当たっては、先の正門と中央看守所、第五舎房の一部だけが遺されたが、

当時の洋式監獄の形を十分にうかがうことができる。

差渡し14mの広い中央看守所の中央には看視室が置かれ、ここから各舎房の廊下が一目で

見渡せるようになっている。現在ここに置かれている看視室は金沢監獄のものではなく、

網走監獄で使われていたものである。



帝国ホテル中央玄関

旧所在地 東京都千代田区内幸町 建設年代 大正12年(1923)

この建物は、20世紀建築界の巨匠、アメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによっ

て設計され、大正12年(1923)4年間の大工事の後に完成した帝国ホテルの中央玄関部。


11-10-3-9.jpg

市電と蒸気機関車は運休中。

乗りたかったな。

今日もいっぱい歩いた。歩数計付きの携帯を家に置いてきた夫。何歩、歩いたか知りた

かったのにね。








この記事のURL | 明治村 | CM(0) | ▲ top
開田高原
2011/10/02(Sun)


中津川インターで高速を出て、開田高原へ。


そば祭りが開かれていて、駐車場は満杯。

中学校に止めるように案内され、シャトルバスに観光案内所まで乗せてもらう。

木曽馬の牧場まで歩く。



11-10-2.jpg

そば祭りの会場は食券を買う人の長い列。そばを貰うまでの、物凄い行列


短い列に並んで、蕎麦のソフトクリームを食べ、シャトルバスで中学校に送ってもらう。

やまゆり荘に行く途中で、持参の栗ご飯のおにぎりを食べた。

年金生活なのでね。でも、今日はおにぎりを持ってきて良かったわ。

御嶽山のはじっこを眺めながら、空気に触れると茶色になる温泉に浸かり、極楽・極楽。

昴たちの好物『りんご』を、妹が買ってくれた。
この記事のURL | 長野 | CM(0) | ▲ top
駄知どんぶりまつり・窯めぐり
2011/10/01(Sat)
9月30日に、妹と一緒に帰宅。

市議会議員の選挙で煩い。(隣の空き家を選挙事務所に借りた候補がいる)


10月1日

妹が瀬戸の祭りの時の購入して気にいった『不動窯』に2人で出かけた。

ナビの案内を頼りにしたのに、一方通行の反対にある








11-10-1-2.jpg

妹が購入した織部焼


↓ 私が購入したもの

11-10-1-3.jpg




11-10-1-5.jpg

栗きんとんとお抹茶のサービス



11-10-1a.jpg

器を眺めながらお抹茶をいただいていたら、妹がマグカップが気になり、また

お買い上げ。

1万円上購入し、お店の人とじゃんけんをして勝ったら、お値打ち品の2000円の

コーナーから1品、負けたら500円のコーナーから1品、もらえる。

妹がじゃんけんに勝ち、長方形の皿をゲット(写真、撮り忘れ)

良かったね (*^^)v

  






11-10-1b.jpg




11-10-1-4.jpg

南楽窯は、すり鉢がいっぱい。

「ちらし寿司を入れるといいかな」と思い購入。

大きなすり鉢でとろろを摺っていた。出るときに凄い行列。

それぞれの窯元では、いろんなものを振るまっていた。


不動窯 → 兵山窯 → 籐山窯 → 丹山窯 → 南楽窯 → 清山窯 → 宗山窯



11-10-1d.jpg

土岐のアウトレットに寄り、あちこち見て、お昼を食べて帰宅。

この記事のURL | 買い物 | CM(0) | ▲ top
| メイン |