2011 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 07
フエルトのお子様ランチ
2011/06/30(Thu)


根気も無くなり、目も見えにくくなって、やっと出来た『お子様ランチ』

こっちゃん、喜んでくれるかな?



今日は息子Ⅱの誕生日。

家を買い、11月には2人目が生まれる。

家族のために、体に気をつけて頑張ってね。
この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(6) | ▲ top
Village cafe ANOU 賀名生(あのう)
2011/06/29(Wed)
また、ANOUでランチしてきた。

80席もあるから、予約なしでいいかと行ったら、満席で少し待った。



引用



農園ジュース・サラダ・赤ピーマンのポタージュ



11-6-29-1.jpg

タコ・ホウレンソウのトマトソースのパスタ



11-6-29-2.jpg

デザート

パスタランチ 980円  デザート +250円


カフェの周りにある農園を見せてもらって、プラムを木から採っていただいた。

この記事のURL | カフェ | CM(0) | ▲ top
紫蘇と寄せ植え
2011/06/23(Thu)


友達に紫蘇の苗が欲しいとお願いしたら、可愛い寄せ植えもいただいた。

不快指数100%の季節、紫蘇のさわやかな香りでさっぱりしとそうめんでも

いただきましょうか
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
父の日
2011/06/19(Sun)



息子Ⅱから『父の日』のプレゼントが届いた。

いわき・小名浜の干物と焼酎

夫は、とても喜んでいた。

ローンもあることだし、お金を使わなくってもいいのにと言いながら、

『ありがとう』と電話をしていた。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
Village cafe ANOU 賀名生(あのう)
2011/06/16(Thu)
PC同好会の後、ランチ。




Village cafe ANOU 賀名生

愛知県小牧市小針1-115  0568-73-3033 無休

ビラージュという『小さな村』をイメージした農園付きレストラン。




11-6-16-1.jpg

桜王豚とラタトゥユのココットランチ

農園ジュース・枝豆の入ったコンソメスープ・桜王豚のラタトゥユ・ご飯



11-6-16-2.jpg

デザートとコーヒー

1260円  +デザート250円

訳あっって、デザートをサービスしてもらった。

接客も丁寧で感じが良い。

わんこOKのスペースもある。



11-6-16-3.jpg

ハーブまでいただいた。


この記事のURL | カフェ | CM(4) | ▲ top
小梅漬け・母の家へ
2011/06/15(Wed)


横浜に出かける前に塩漬けしておいた小梅。

赤紫蘇をJAで買ってきて、塩もみしていれた。


午後から母の家に行った。


11-6-15-1.jpg

扇風機が壊れたそうで、ケーズデンキとエイデンをまわって購入。

夫が組み立て、使い方の説明をした。

「壊れた扇風機を持っていくわ。」と言ったら、2台も出てきたよ。

ごみと扇風機をお持ち帰り。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(4) | ▲ top
6月10日 三浦海岸  すし・和食 伊豆島
2011/06/14(Tue)
車で三浦まで連れて行ってもらった。




三浦海岸にある『伊豆島』

妹の旦那様が、事前に三浦の人からリサーチしておいてくれた。

シラスが美味しい時期で、サラダにも入っていた。

寿司にも生シラスの軍艦。

新鮮で美味しい!

デザートはトマトのワインにが豪快に丸ごと出てきた。

ごちそうになりました。ありがとう。


葉山の御用邸の前を通り、江の島を眺め、鎌倉へ




11-6-10-2.jpg

ここまで来たのだからと、鎌倉大仏を見に連れて行ってくれた。

高徳院(こうとくいん・大異山高徳院清浄泉寺(浄土宗))にある大仏、金銅阿弥陀如来像。

高さ11.35m、重さ124トン。国宝

歴史書「吾妻鏡」などによると、鎌倉幕府の三代執権・北条泰時の時代に、修行僧の沙門浄

光が日本各地をまわって寄付を集め、1238年から大仏と大仏殿の建立を開始。

これに泰時が協力したとされている。

大仏の開眼式は、5年後の1243年。当初の木造の大仏は暴風雨で崩壊。現存するのは1252年

から青銅で作り直されたもの。完成当初は全身金箔を施した姿で、現在も一部にその跡が見

られる。

もとは大仏殿のなかにあったが、1369(応安2)年、1495(明応4)年の水害で殿舎が流され、

今のような屋外の大仏になった。

今日も鎌倉は人がいっぱい。



この記事のURL | 鎌倉 | CM(0) | ▲ top
6月9日 鎌倉まで歩く (@_@;)
2011/06/14(Tue)
トレッキングシューズも買ったことだし、『鎌倉』まで歩こう!と、妹。

「途中でリタイヤしたら、公共交通機関はある?」

「ないよ。」

えぇー、大丈夫かなぁー


妹のご主人も付き合ってくれて、荷物も全部持ってもらって、さぁー出発

マンションから30分程歩き、ハイキングコースに入る。



11-6-9-1.jpg

途中の難関はこの岩。登り切るとゴルフ場のコースの横。

昨日の雨で道はぬかるんでいる場所が多々ある。



11-6-9-2.jpg

鎌倉宮まで2時間半。


鎌倉宮は、後醍醐天皇の皇子大塔宮護良親王を祭神として、明治2年(1869年)に 建武の

中興に尽くしたものの若くして命を奪われた護良親王の遺志を後世に伝えることを望まれた

明治天皇が創建た。また鎌倉宮は、別名大塔宮。



11-6-9-3.jpg

鶴岡八幡宮

源頼義・義家親子が鎌倉に居住し、康平六年(1063)、由比郷の地に石清水八幡宮を勧請

したのが創祀。

治承四年(1180)、源頼朝が挙兵し鎌倉入りした時に、小林郷北山の現在地に遷座したの

で、由比の社を元八幡と呼ぶ。

建久二年(1191)、本宮(上宮)・若宮(下宮)を構築し、本宮に改めて石清水八幡宮よ

り神霊を迎えたという。

翌年、建久三年には頼朝は征夷大将軍となり、鎌倉時代が始まる。

鎌倉幕府にとって鶴岡八幡宮は、源氏の氏神を祀る重要な神社であると同時に、若宮大路の左

右に、幕府の衛府を配置し、将軍拝賀の式を行うなど、京都における宮廷のような存在であっ

たという。


修学旅行の生徒たちがたくさん来ていた。

ここで、おにぎりの昼食。



11-6-9.jpg

建長寺

鎌倉五山第一位の臨済宗建長寺派の大本山。 建長5年(1253)北条時頼が蘭渓道隆

(らんけいどうりゅう)を開山として創建した、わが国最初の禅の専門道場。 最盛期

には塔頭が49院あったが火災により焼失。現存する建物は江戸時代以降に再建または

移建されたものである。

総門、三門、仏殿と一直線に並ぶ伽藍の周囲を10の塔頭寺院が取り囲む。



11-6-9-4.jpg

三門 (上)重要文化財
総門をくぐると正面に高さ約30メートルの三門がそびえ立つ。 安永4年

(1775)に再建した重層門で、楼上には五百羅漢像が祀られている。平成8年

(1996)4月、改修工事が完了した。

梵鐘 (中の写真の右に写っている)国宝
重さ2.7トン。建長7年(1255)に、大和権守 物部重光が鋳造したもので、大覚

禅師による建長禅師の銘文が浮き彫りにされている名鐘。


仏殿 (下)重要文化財
本尊地蔵菩薩を安置し、法要を行うお堂。正保4年(1647)東京・芝・増上寺より

徳川2代将軍秀忠の夫人で小督(おごう)の方の霊屋を移築したもの。



11-6-9-5.jpg

法堂 (上)重要文化財
仏殿の後ろにあり、大法を説く堂、古代寺院では講堂に当たる。

現在は千手観音像を安置。

当初の法堂は建治元年(1275)の創建であるが、現存の法堂は文化十一年(1814)

の上棟である。平成14年、創建750年記念事業の一環として解体修理完成。

唐門  重要文化財
唐門は屋根が唐破風になっている門のことで中国式という意味ではない。

仏殿と同じく芝増上寺の霊屋の門を移築したとされる。



11-6-9-11.jpg

建長寺の紫陽花




11-6-9-6.jpg

明月院
八代執権北条時宗が、父時頼の建てた最明寺(さいみょうじ)跡に蘭渓道隆(らんけい

どうりゅう)を迎えて建立した禅興寺(ぜんこうじ)というお寺の塔頭(たっちゅう)

寺院だった。のちの室町時代初期に関東管領上杉憲方(のりかた)が塔頭寺院として再興。

その後親筋に当たる禅興寺の方は衰退して明治期に廃絶し、明月院のみが残った。





11-6-9-7.jpg

明月院の紫陽花は、派手さがない。




11-6-9-8.jpg

円覚寺
弘安5年(1282)、執権北条時宗が宋から招いた無学祖元(むがくそげん)を開山として

創建された臨済宗の寺。 鎌倉五山第二位。度重なる火災により衰退したが、小田原城主や

江戸幕府により復興。

現在の建物は関東大震災以後に修復された。 約6万坪の広い境内をほぽ一直線に伽藍が並び、

15の塔頭寺院が建つ。

三門 (上)


11-6-9-9.jpg



11-6-9-10.jpg


いっぱい、歩いたよ。歩けたよ。

JR北鎌倉駅がら電車に乗って妹宅へ。




この記事のURL | 鎌倉 | CM(2) | ▲ top
6月8日
2011/06/13(Mon)
午前中は雨が降っていたので、午後からJRで横浜駅へ




みなとみらいの高層マンション群を通りぬけ、赤レンガ倉庫へ



11-6-8-2.jpg

赤レンガ倉庫

横浜港にある歴史的建築物の愛称であり、正式名称は新港埠頭保税倉庫。

2号館は1911年(明治44年)、1号館は1913年(大正2年)に竣工。保税倉庫としての役割は

1989年(平成元年)までに終え、しばらく放置されていた。2002年(平成14年)に、1号館

は展示スペース、ホールなどの文化施設、2号館は商業施設となり、付近一帯は広場と公園

を備える赤レンガパークとして整備され、横浜みなとみらい21地区の代表的な観光施設とな

っている。



11-6-8-3.jpg

クルーズ船が着くようで、観光バスが何台も止まっていた。



11-6-8-4.jpg

山下公園を通り、元町から石川町に出て妹宅に帰った。

元町のキタムラでバッグを買ってしまった。


山手西洋館・中華街などは今度のお楽しみにしよう。


逢いたいお友達もあったが、また横浜に来たら連絡しよう。

毎日、遊ぶのに忙しいわ(笑)
この記事のURL | 横浜 | CM(0) | ▲ top
6月6日 北関東の旅
2011/06/13(Mon)
横浜・東京を走り抜け、那須塩原温泉へ

栃木県に入ると屋根瓦が落ち、ブルーシートをかけた家があちこちにあった。

それでも水田には水が入り、田植えがしてあった。

どんなに大変なことだろう。



竜神吊大橋

竜神吊大橋

竜神峡は茨城県の奥久慈県立自然公園にある。竜神峡にひろがるV字形の美しい渓谷の中を

流れる竜神川をせき止めた竜神ダムの上に竜神大吊橋はかけられた。橋の長さは375mあり、

歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇る。

ダム湖面よりの高さは100m


「地震の時に橋の上にいたら怖いよねぇー」と言っていたら、掃除をしていた人が『歩いて

いた人がいた』と言っていた。

地震の後、点検をして安全確認したそうだ。




袋田の滝

袋田の滝

日本三名瀑

高さ120m・幅73m。大岸壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれ

その昔、西行法師が訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわか

らない」と絶賛。

前に来た時はなかった新観瀑台があり、エレベーターで行ける。


なんだか、母の歩き方がおかしい。左右に揺れているように見える。

『ふわふわする。』というので、妹が腕を貸す。ギュッと力を入れるので歩きにく

かったと、後で妹が言っていた。

今までは手を貸そうとすると、振り払うような母だったのだが…

大丈夫か?




袋田の滝



11-6-6.jpg

早めに宿に入る


那須塩原温泉  四季味・亭ふじや


早く着いたので、通常より長い時間、お風呂を貸し切りで利用させてくれた。

改装して設備も良く、つるつるの温泉。気持ち良かったぁー



11-6-6-4.jpg

前菜  蕎麦の実なめこ
    湯葉含め煮
    白身魚人参ドレッシング
    青菜の胡麻和え
    とちぎ和牛時雨和え
    能登もずく酢
    くるみ佃煮

野菜やコメは自家栽培。少量ずつで私にはいい。

バイ貝



11-6-6-5.jpg

別注の湯葉さし



11-6-6-6.jpg

別注のあわびの刺身

肝も苦くなく、こりこりと美味しかった。何年ぶりのあわびの刺身か…



11-6-6-7.jpg

石川県直送の本日の刺身


那須高原三元豚しゃぶしゃぶ



11-6-6-8.jpg

那須高原三元豚しゃぶしゃぶ



11-6-6-9.jpg

じゃが芋まんじゅう



11-6-6-10.jpg

とちぎ和牛サーロイン熔岩焼き



11-6-6-11.jpg

朝採れほうれん草梅肉和え

ふじやパパの自家製一等米の新生姜炊き込みご飯

赤だし・山椒の佃煮



11-6-6-12.jpg

デザート   コーヒーゼリー

少量コースで頼んだのだが、お腹いっぱい


美味しかった。


この記事のURL | 北関東 | CM(0) | ▲ top
6月7日 北関東の旅
2011/06/13(Mon)


朝食




11-6-7-2.jpg

自家製の野菜が使われ薄味。体に良さそう。

ご飯は土鍋で炊いてあり、美味しくてお代りをした。


この宿も地震の時は、お客さんが泊めれないくらい被害があったそうだ。

6部屋しかない小さな宿だが、温かみのあるのんびりできるところだね。



11-6-7-3.jpg

明智平

男体山を望む。



華厳の滝

華厳の滝

落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、日本三名瀑のひとつにも数えられている。

岩盤の中に作られらエスカレーターで展望台まで行ける。



華厳の滝

竜頭の滝

湯ノ湖から流れ出た湯川が、中禅寺湖に注ぐ手前にある。奥日光三名瀑のひとつで、

男体山噴火による溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちている。

滝壷の近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの

名がついたといわれる。



11-6-7-6.jpg




湯滝

湯滝

湯ノ湖の南岸から斜面を流れ落ちる。

湯滝を流れ落ちた水は日本有数の高層湿原「戦場ヶ原」を流れる湯川となり、竜頭の滝

を下って中禅寺湖へ流入する。

水量が多く、見ごたえのある滝。



11-6-7-8.jpg

サービスエリアで昼食


母は8日に西浦温泉に友達と泊まる約束があるというので、東京駅まで送ってもらった。

スカイタワーも見えたよ。

チケットを買い座席指定を取り、改札口で別れる。


日本橋高島屋で、ノースフェイスのトレッキングシューズを購入。

足が小さいのであちこち探し歩いたが、なかなか合うのがなかった。

厚手の靴下も貸してくれて、丁寧に履き方を教えてくれた。


「トレッキングシューズを買ったから、鎌倉まで歩くよぉー」と妹。

えぇ~~、いまいち自信がないよぉー


思わぬ旅行が出来、美味しいものを食べ温泉も入れたよ。


遠くまで運転、ありがとうございました。
この記事のURL | 北関東 | CM(0) | ▲ top
6月5日 横浜の妹宅
2011/06/13(Mon)
6月4日、横浜にける妹夫婦の車に乗せてもらって、母と妹宅に行った。

3月、大阪から、やっと建て替えが出来たマンションに引っ越しをした。

広くて住みやすそう。

5日はマンションの周辺の散策。

駅まで極近、便利だね。

高島屋で、母のちょっとおしゃれなリュックを購入。妹と半分づつ出した。

手が空くのでいいよね。


小田原の干物

小田原へ出かけていた妹の旦那様。

小田原のお姉さんから干物をいただいてきた。

アジの干物、美味しかった。

小さなアジまで綺麗に開いて干物にしてあって、びっくり。



母が袋田の滝を見たいと言っていたので、宿を探して、明日から連れて行って

くれることになった。

この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
こっちゃん☆新築祝い☆お帯祝
2011/06/12(Sun)


こっちゃんは、11月にお姉ちゃんになる。

2日に新しいお家にお引っ越し。



11-6-12-2.jpg

どこもかもピッカピカ

二人で力を合わせて、頑張ってね



11-6-12-3.jpg



11-6-12-4.jpg



11-6-12-5.jpg

お嫁ちゃんのご両親と私達に、和加菜でお昼をご馳走してくれた。



11-6-12-6.jpg

ご飯好きのこっちゃん、釜めしのご飯を黙々と食べていた。



11-6-12-7.jpg

若宮八幡宮で安産のご祈祷を受けた。

安産で元気な赤ちゃんが生まれますように!




11-6-12-8.jpg

車の中でぐっすり眠ってしまった、こっちゃん。



息子は、明日からの研修に千葉まで出掛けるそうだ。

第2子の予定日は11月11日。

11月10日が試験だそうだ。


頑張れぇー 
この記事のURL | ♪ 孫ちゃん♪ | CM(0) | ▲ top
ただいまぁー
2011/06/11(Sat)
5月26日から妹が来て、6月1日から母と妹の旦那様がみえて賑やかな毎日を過ごした。

4日に妹が横浜に帰るので、母と便乗して新居にお邪魔していた。

今日、横浜は大雨で、小止みになってから新幹線で帰ってきた。

母は、西浦に泊まりに行く予定があると言って7日に帰って行った。

長い間お世話になり、美味しいものをいただき、遊びまわってきた。

おいおい、upするね。




帰ってから、郵便物の整理、洗濯物の山をかたずけた。決して夫が洗濯を

さぼっていたわけではなく、名古屋に帰ったら太陽が燦々と照っていたので、

寝具の洗濯をした。


○○信用金庫から、花が届いていた。

今日は、誕生日なのです。

明日は、昴の誕生日と、もうひとつおめでたい出来事があるの。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(4) | ▲ top
かじかの湯&元善光寺
2011/06/03(Fri)
1日から4日まで、妹のご主人と母がお泊まり。

6人で賑やか

外せない会議に出席してから、『かじかの湯』に妹夫婦・母と出かけた。

夫は、昨日、引っ越しした息子Ⅱに頼まれて、息子の家に行った。




つるつるのお湯でリフレッシュ。



11-6-3-1.jpg

元善光寺にも寄った。
この記事のURL | 長野 | CM(2) | ▲ top
| メイン |