2006 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2006 12
桃太郎神社
2006/11/30(Thu)


PC同好会の後、寂光院へ紅葉を見に行くことにした。

『八幡』で和定食のランチ。米茄子・胡麻豆腐・お味噌汁。


061130-1.jpg

あれぇー、ボケてる
お昼は、小鉢がバイキングになっている。
ほうれん草の胡麻和え、さといも・イカの煮付け等など、ヘルシー

犬山橋の手前を右折し、寂光院へ向かう。
不慣れな山道を冷や汗かきながら運転していったのに、駐車場付近は大混雑。
どこの駐車場も満杯
リュックを背負って歩いている人も、多く見かけた。

仕方なく、桃太郎神社に変更。


桃太郎神社

息子が小さい時に来たことがある。
くぐると長生きできるという、岩の穴を3人で通り抜ける。
 

061130-4.jpg

桃太郎神社
代表のKさんが入れてくれたお賽銭で、柏手を打つ(-_-;)


061130-5.jpg

大きなイチョウ。銀杏を拾っている人もいた。


061130-6.jpg

四季桜の木が2本、木曽川の河川敷に綺麗に咲いていた。


061130-7.jpg

『桃花亭』の『気まぐれセット』で一息つき、お友達とさようならをした。
わがままに付き合っていただいて、ありがとう!
この記事のURL | 紅葉 | CM(4) | ▲ top
ミステリーツアー第2弾
2006/11/28(Tue)
○売旅行の『紅葉ミステリーツアー』に、お友達4人で出かけた。
この時期は、京都か奈良か?
でも、パンフレットをお友達から貰ったら、静岡方面ではないかと予測。
インターを入ったら、やっぱり東へ行く。



焼津インターを下り、昼食場所に10時57分についた。
ネギトロ丼…好物ではない(-_-;)お腹が空いていたので、半分ほど食べた。
一人は、もっと残してたよ。

バスに戻ったら、削り節2パックくれた。

次は、わさび漬けの工場見学。わさび饅頭とわさびせんべいを1つくれた。30分。

体験工房・駿府匠宿で、みかんの詰め放題・米のすくい取り。ここで50分。

いつになったら、紅葉を見にいくの?

高速にのり、袋井インターで下りる。秋葉神社の看板が見え、ここかぁーと思ったら、違った。


061128-3.jpg

小国神社
1000本の紅葉があるという。


061128-2.jpg



061128-4.jpg

今年の紅葉は綺麗ではないと事前に言われた。
燃えるようなまっ赤ではなく、黄色・緑・赤と色が混ざっている。
メインなのに35分しかなく、本殿まで行って戻ってきたらもう時間が無い。
3時40分出発だったが、迷った人がいて少し遅れる。

もう帰るということだったがインターを通り過ぎ、土産物屋に入る。
ここで30分。メロンキャラメルを2個くれた。

買い物ツアーか?紅葉見物か?最後のほうは、みんなうんざりしていたようだ。


061128-5.jpg

お土産を貰って、7時には家に到着。

バスの中での、楽しいおしゃべりが一番良かったかな。


この記事のURL | 紅葉 | CM(2) | ▲ top
朝の散歩
2006/11/24(Fri)
すみれ

引き込まれるような、青い空。
昴と秋を感じながら、のんびり朝の散歩。

道端に『すみれ』が咲いていた。大好きな花、けなげな姿にしばし見とれる。


いちょう

公園の銀杏が見事に色付いている。
ランスケママさんと『いじめ』の問題など話して、会いたかったチョコくんにも会えた。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
縫い物
2006/11/20(Mon)


ミシンで縫っておいた袋を仕上げた。
7枚仕上げるのに、のべ3日かかった。もう一度、アイロンをかけておこうかな。


虹

夕方、小雨が降っていたが昴の散歩に行った。北東の空に虹が出たいた
あっという間に消えてしまった。
この記事のURL | 縫い物&手芸 | CM(4) | ▲ top
花フェスタ記念公園
2006/11/17(Fri)
昨日は『市福祉大会』に参加した。毎日出かけていたので、今日は庭の手入れ・
袋物のミシンがけをしようと思っていた。
携帯をポケットに入れて、せっせと庭の手入れ。森山直太郎の『さくら』の
メロディーが…(古いでしょ)
「今日は家にいる?」 「久しぶりに暇だよ。」
「花フェスタに行くけど、行かない?」 「?」
「乗せていくから。」 「う~ん、じゃー行く。」
絵のお友達(私は今は習っていないけど、いつも誘ってくれる。)と、おでかけ。


パピヨン

テラスガーデンで、『パピヨン』という名前の薔薇を発見。
嬉しくなって、早速撮影。


11-17-1.jpg

思っていたより、たくさんの薔薇の花が咲いている。
薔薇によっては、そばを通るだけで、良い香りがする。


11-17-2.jpg

花のタワー(45mの展望台)にエレベーターで昇り、この景色を見ながらランチ。


ランチ

私は、『花ちらしランチ』、コーヒーつき。1500円。
出来れば、温かいお茶とお吸い物がついていて欲しかった。
お水は、セルフサービスだったよ。


11-17-4.jpg

『ターシャの庭』イギリス庭園
イギリス在住の、ターシャさん(91歳)の庭を模した庭園。


世界のバラ園

世界のバラ園


11-17-5.jpg



11-17-6.jpg

のんびりと薔薇の花や景色を愛で、ゆったりと時間が過ぎていった。
この記事のURL | お出かけ | CM(2) | ▲ top
紅葉ミステリー
2006/11/15(Wed)
朝、7時に家を出て3人で集合場所へ、『どこに行くのかな?』とわくわく
しながら出かける。

8時過ぎにバスに乗り込み、次の集合場所へ。渋滞にはまり、時間がかかる。
9時頃、高速に入った。東か?西か?
まだ京都の紅葉は早いから、西は無い?あっ、東だぁー
中央高速との分岐、中央高速だったら、長野方面だよね。直進だよ。
最初の集合の人たちが2時間近くたっているので、上郷サービスエリアでトイレ休憩。
東に、ひた走る。浜名湖の橋を通過、富士山の頂上が見えた。
観光地のあるインターを通るたびに、ここででるの?と考える。
富士山も、だんだん大きく見えてくる。




富士川サービスエリアで、2度目の休憩。

12時10分出発。お弁当が配られ、昼食タイム。食べ始めた途端、ん?高速を下りたよ。
富士インターだった。食事中に行程表が配られ、河口湖の紅葉祭りが行き先だと告げられる。
まだ、1時間以上かかるそうだ。


紅葉弁当

富士山を右手に眺めながら、朝霧高原を通り抜け、河口湖に向けてバスは走る。


11-15-3.jpg

50分の紅葉鑑賞。10.27.~11.19.紅葉祭り開催中。


11-15-7.jpg



久保田一竹美術館

久保田一竹美術館
和風と西洋風がミックスしたような斬新な門をくぐり、素敵な庭の紅葉を堪能する。


久保田一竹美術館



11-15-6.jpg

時間が無く、入場を断念する。見たかったね。


11-15-8.jpg



西湖

車窓からの西湖


西湖いやしの里 根場(ねんば)

西湖いやしの里 根場(ねんば)
西湖根場は、かつて富士を望む『かぶと造りの茅葺き集落で、日本一美しいと
言われていたが、昭和41年の台風26号で被害を受けて殆どが消失した。
2006年7月オープン。


西湖いやしの里 根場(ねんば)

紙の館・大石紬と布の館・つるしびなの館など12棟、公開されている。
奥のほうには、災害を免れた2棟があり、1軒の家は今も人が住んでいる。


精進湖

精進湖と、子抱き富士。


車窓から

夕陽に染まる富士を眺めながら、家路につく。

事故渋滞があったが、大したことがなく、9時前には無事に家に帰った。
○○駅近辺のクリスマスイルミネーションも、キラキラと綺麗だった。

長い1日。ご一緒していただいたお友達、ありがとうございました。










この記事のURL | 紅葉 | CM(4) | ▲ top
青少年健全育成市民大会
2006/11/12(Sun)
公民館で開催中の『生涯“楽”習のつどい』に、ちょっと寄ってみた。
まだ飾り付け前だったが、お友達がパッチワークのポーチを購入。
手間がかかっているのに、お値段が安くてびっくり。



市民会館で行われた、市の青少年健全育成市民大会に参加。
小中学生の作文の発表、作文・ポスターの優秀作品の表彰、健全育成に尽力した人の表彰等があった。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
ふれあい会食会
2006/11/11(Sat)


毎年1回、婦人奉仕団がお弁当を作って、一人暮らしの高齢者をお招きし
『ふれあい会食会』を、行っている。
ジュニア奉仕団の中学生(3中学参加)も、お手伝いに来てくれる。
9時に集合して、130食ほど作った。
揚げ物担当で、ひたすらに揚げる。シソ・練り梅を巻いた、ささみと豚肉の2種類。
昨夜から、下ごしらえしたそうだ。

ながいもの煮物・ハム、きゅうり、りんご、キャベツの和え物・人参グラッセ・
牛乳の寒天・じゃこ、しょうがご飯・冬瓜汁

お弁当作りだけ手伝って、失礼する。
食事が済んでから、団員が踊りや歌でおもてなしするそうだ。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
さざんか
2006/11/09(Thu)


朝の散歩で、もう山茶花が咲いているのを見つけた。
濃い緑の中の一輪。
絵を習い始めた頃、山茶花を描いたとき、先生に『造花みたい。』と、言われた
のを思い出す。
この花の色の通りに色をつけたら、凄く綺麗な色になってしまった。

もう少し歳をとったら、気ままに描いてみよう。


11-9-1.jpg

11-9-2.jpg


PC同好会の後、30分待って『かどで家』でランチ。
『咲椀』に行ったら、満席。
ブリカマの煮物が多すぎて、残してしまった。1050円でお値打ち。

今日は、もらい物がたくさん。
同好会で、大判焼き・きな粉餅を食べながら、おしゃべり。
銀杏・里芋・柿。家計が助かる(*^_^*)ありがとー
この記事のURL | ランチ | CM(2) | ▲ top
隠れ家・旬庵
2006/11/06(Mon)


お友達と『旬庵』で、ランチ。
前菜…小エビのから揚げ・茄子とカキ炒め・牛肉と玉葱炒め・生野菜
かぼちゃのポタージュ
メインは、鮭のツナクリームソースか鶏肉のきのこソースから選べる。
炊き込みご飯またはパン
デザート・コーヒー
メニューは週毎にかわる。

始めていったお友達は、前菜のお皿の大きさにびっくり。
『美味しい!』って、喜んでくれた。
この記事のURL | フレンチ | CM(4) | ▲ top
多治見
2006/11/05(Sun)


昂の食器を買いに、多治見におでかけ。
30分で多治見創造館に到着。わんこは入れないので、昂はお父さんと待っていてもらう。
昭和初期の鬼瓦の前を、元気に歩く昂。


11-5-2.jpg

子供用食器を、購入。
今までのは、ステンレスで冷たい感じ。夫が、食器の台を作ってくれるそうだ。


多治見

多治見・おりべストリートは、土蔵を利用したギャラリーや喫茶店・美味しいお蕎麦屋さんがあり、陶器店を覗きながらの散策が楽しい。

昂がいるので、楽しみはまた今度。

多治見を訪れる度に、『虚無僧さん』を思い出します。

この記事のURL | お出かけ | CM(2) | ▲ top
太刀魚
2006/11/05(Sun)
太刀魚

息子Ⅱが、太刀魚を3匹釣ってきた。
塩焼き・刺身にして、いただいた。卵が入っていたので、焼いて食べた。

はんぺい・小女子を買ってきてくれた。
この記事のURL | 釣り | CM(0) | ▲ top
10月31日 信州の旅
2006/11/04(Sat)
ボランティア関係の団体29人で、別所温泉に1泊旅行。
幹事をやる人がいなくて、お友達と2度目の幹事
家族旅行で行った、信州の鎌倉といわれる別所温泉の『花屋』。
お友達は行ったことがないというので、別所温泉に決定した。
お友達の知り合いのバス会社に依頼して、案内の作成・お菓子の準備・部屋割りなどの準備。

8時出発。

昼食

松本の『花とびら』で昼食。扉温泉の旅館の経営。
団体さんは、受け入れていないお店。
お昼から、大満足のお食事。


無言館

研修を1箇所入れないといけないと言われたので、『無言館』を研修先にする。
「思い入れをして、みないほうがいいよ。」と、誰かに言われた。
志半ばで戦争で若い命を散らした、画学生の絵や遺品の数々。
気がつけば、絵を食い入るように眺め、手紙を一生懸命読んでいた。胸がつまり、涙が出てくる。
亡くなった父と同じくらいに、生を受けた人たち。父も戦争に行って、部隊のただ一人の生き残り。むこうずねに銃弾を受けて、帰還した。

涙している人が、たくさんいた。


前山寺

独鈷山「前山寺」   真言宗智山派
信州の鎌倉「塩田平」の独鈷山に近く、塩田平を一望する高台に建つ。鎌倉時代塩田北条氏の居城塩田城の鬼門にあたる。

三重塔「未完成の完成塔」と呼ばれる。室町時代末期に建てられた。1層目は完成しているが、2層目・3層目には窓・欄干が付いていない。手を加える用意がして有るが未完。しかし四季の自然と溶けこんで繊細な完成されたような美しさを持つ。「本堂」は弘仁年中(812)空海上人が、護摩修行の霊場として開創したと言われている。
重要文化財


10-31-4.jpg


10-31-5.jpg



くるみおはぎ

お庫裏さん手作りの「くるみおはぎ」は、この地方特産のくるみの自然な甘さやまろやかな香りを生かした名物。


花屋

別所温泉『花屋』に、3時半ころ到着。
全館木造の旅館。人気のお宿で、今日は満室。


北向観音

宿に荷物を置いて、信州の鎌倉・別所温泉を散策。

北向観音
北向観音堂は天長二年(西暦825年)に慈覚大師によって開創された。安和二年(969年)平維茂は一山を修理し三楽堂、四院、六十坊を増築したと伝えられている。
御本堂が北に向いてるのは全国でも珍しい。
善光寺に詣で「未来往生」を、北向きに建てられてる北向観音にお参りし「現世利益」を願わなければ、片参詣りと言われている霊場。


愛染かつら



安楽寺

八角三重塔で知られる安楽寺は天長年間(824~834年)に開かれたと伝えられる大変古い寺。禅寺としては、信州では最も古い寺。


国宝・八角三重塔

八角形の塔は全国にこの塔一つだけしかない。この塔は一番下に裳階(ひさし)がついている。一見、四重塔にみえるが、正確には「裳階付三重塔」という。国宝。


常楽寺


金剛山照明院常楽寺といい、北向観音の本坊で、本尊は妙観察智阿弥陀如来、天台宗であり、開山は慈覚大師と伝えられている。

本堂は江戸中期の享保年間(1716-1736)に建立されたもので、別所三楽寺…常楽・安楽・長楽(焼失)の一寺として多くの信仰をあつめている。寄棟造・茅葺の建築。


10-31-12.jpg



10-31-13.jpg

常楽寺から眺めた景色。


花屋に戻り、大理石風呂で疲れをとる。

夕食

宴会(*^_^*)
飲めないのは、残念。
おぉ!松茸だぁー 国産だって。このあたりは松茸の産地。『松茸狩り』ののぼりがいっぱい立っていたよ。
ラッキーなことに、松茸の出るのは、今日までだって
 
☆秋の献立
先付  胡麻豆腐・むき海老・金針菜・わさび・加減だしあんかけ
前菜  サーモン柿寿司・松葉そば・葉型芋・岩魚七味焼き・鶏もみじ焼き・牛昆布巻き
吸い物 土瓶蒸し 松茸・海老・紅葉麩・三つ葉
鍋物  信州牛鍋 松茸・旬のきのこいろいろ
台物  蕗味噌焼き 知床鶏・エリンギ・モロッコ隠元
造り  鮮魚盛り合わせ
しのぎ 菊みぞれ和え きのこ・かに・りんご
揚げ物 薬用人参黄金揚げ・エリンギ・しし唐(写真撮るのを忘れた。)
蒸し物 松茸茶碗蒸し
煮物  南瓜・こんにゃく・人参・舞茸・鯉のつくね
止   塩田産コシヒカリ・香の物
止椀  信州味噌のお味噌汁
水菓子 季節のフルーツ・水羊羹(写真撮るのを忘れた。)

最初は遠慮していたカラオケも、最後は時間が足りないくらい盛り上がった。
歌えない・飲めないの私に代わり、Oさん、ありがとう(*^_^*)

席もくじ引きにするというのを、頼み込んで仲の良い人どおしを座らせてもらい、好評だった。
OBも参加しているので、知らない人の隣は嫌だよね。

部屋割りも、喜んでもらえてほっとした。残念なことに、仲よし幹事同士は、同じ部屋にはなれなかった。
残った小さな2部屋(3人ずつ)に、分かれてしまった。

展望風呂に入って、お休みなさい。眠れないけど
この記事のURL | 長野 | CM(0) | ▲ top
11月1日 信州旅行
2006/11/04(Sat)
旅行に出ると眠れない(>_<)
露天風呂に入って、すっきり。

朝食

美味しい朝食をいただき、9時出発。


足島生島神社

足島生島神社
人と大地に生命力を与える「生島大社」と、人の願いに満足を与える「足島神社」の二神が祀ってある。
御本殿は池に囲まれた島の中にまわりを老樹に囲まれて建っている。御扉の奥には御室と呼ばれる内殿があり、内殿には床板がなく大地そのものが御神体(御霊代)として祀られている。


霧が峰高原

車窓から紅葉を眺めながら、和田峠を通りビーナスラインを走り、霧が峰高原へ。
八ヶ岳は見えたが、富士山は霞んで見えなかった。
耳が痛くなるくらい、寒かった。


利久庵

姫木平の利久庵で昼食。
団体が利用しない店なので、出てくるのに時間がかかるが、「僕のがこないと騒がないように。」と、ガイドさんがユーモアたっぷりにご忠告。


昼食




5人前ずつ出てきて、私達は最後から2番目。
てんぷらも熱々、そばも湯がきたて。新そばで、美味しい

後のテーブルの人が食べていたかき揚げ、高さが20㎝
「どうやって食べればいいのですか?」と、お店の人に聞いていた。

何もない山の中のお店なのに、よくはやっていた。

赤・黄の染まった山々を眺めながら、諏訪の町に下る。
峠の釜飯の「おぎのや」で最後のお買物をして、家路に着く。


この記事のURL | 長野 | CM(0) | ▲ top
美濃
2006/11/03(Fri)
昂・夫と、美濃・うだつの上がる町並みに出かけた。
行きの高速は多治見から渋滞。土岐ジャンクションから東海北陸道へ、美濃インターで高速を下りる。
美濃から郡上八幡まで、20㌔渋滞と表示が



小倉公園・金森長近公の小倉城址 (市指定史跡)


11-3-1.jpg

展望台からの眺め。眼下には長良川が眺められる。
展望台の下で、お弁当を食べた。誰かさんがお茶の水筒を忘れた(>_<)
コーヒーで、おにぎり(-_-;)


11-3-2.jpg

目の字の町割りの『うだつの上がる町並み』を散策。
国選定重要伝統的建造物保存地区


11-3-3.jpg

展望台への道のりは殆ど抱っこだったが、元気に歩く昂。




長良川に架かる、現存する最古の近代つり橋『美濃橋』(国指定重要文化財)
大正5年建造、20人以上、一緒に渡らないようにと注意書きがあった。


11-3-4.jpg

帰路は、関、各務原、犬山を抜けて我が家へ。
帰りにおがせ池で小休憩し、4時頃に家に着いた。
この記事のURL | お出かけ | CM(2) | ▲ top
野紺菊
2006/11/02(Thu)


子供の頃、桜山のほうに行ったとき、いっぱい咲いていたのが記憶に残っている。
ここに移り住んで、時折、目にするようになった。
今朝、昂の散歩で綺麗な色の野紺菊を見つけて嬉しくなった。
この記事のURL | 日々の暮らし | CM(0) | ▲ top
| メイン |