昴ママの気まぐれ日記




宮古島・八重山諸島の旅Ⅴ (3/2) :: 2016/03/10(Thu)

朝食






16-3-2-2.jpg



唐人墓

1852年、中国人労働者は中国本土から米国船でカリフォルニアに運ばれる途上、
あまりにもひどい扱いを受けたため暴動を起こし、船長ら数人を撃ち殺した。
船は石垣島沖に座礁した。
島に上陸した380人の中国人労働者のうちの128人は、米国と英国の厳しい捜索
の中で銃殺されたり自殺に追いやられたりしてその命を失った。島民や王国から食料
や仮小屋などの助けを受けた生存者は無事に、中国本土に帰還することができまた。
唐人墓はここで亡くなった中国人労働者を祀るために建てられた

16-3-2-3.jpg



観音埼灯台

16-3-2-4.jpg

  


御神崎灯台

石垣島の西側に立つ灯台御願崎灯台からは、西表島、鳩間島、小浜島を見える。

16-3-2-5.jpg



川平湾 グラスボート

今日はとてもよい天気で、海のいるがとても綺麗。

クラスボートからは、イソギンチャクを出入りするニモも観ることが出来た。

16-3-2-6.jpg




16-3-2-7.jpg




16-3-2-8.jpg



米原ビーチ

16-3-2-9.jpg




ヤエヤマヤシ群落  天然記念物

16-3-2-10.jpg



平久保崎

石垣島の最北端の灯台。眼前が全て海に囲まれる景勝地。

16-3-2-11.jpg



明石食堂で八重山そばのランチ。

16-3-2-12.jpg



伊原間(いばるま) サビチ洞

日本で唯一海に抜ける鍾乳洞で、3億7000年前に海底隆起で生まれたものといわれている。

洞窟内では、様々な形の石筍や石柱があり、洞窟を抜けるとマリンブルーの海が広がる。

16-3-2-13.jpg



玉取崎展望台

平久保半島と石垣島らしい海が見渡せる素晴らしい景勝地。

外海と内海のコントラストがきれいに見える場所。

16-3-2-14.jpg



バンナ公園 エメラルドの海を見る展望台

竹富島、黒島、小浜島、西表島などの八重山諸島を見渡す事ができる。

16-3-2-15.jpg


レンタカーを変えし、石垣島空港へ

楽しい旅は終わり、羽田へ

ANA1780 石垣 18:05→ 沖縄 19:00    ANA 沖縄 19:25→ 羽田 21:40
   
16-3-2-16.jpg

今回も、妹の旦那様には大変お世話になりました。

ありがとうございました。
  1. 沖縄
  2. | comment:2
宮古島・八重山諸島の旅Ⅳ (3/1) :: 2016/03/10(Thu)

朝食





ここは2階。外観は綺麗だが、建物の中は…

右の階段を下りて食事場所に行く。

16-3-1-2.jpg



白浜港ターミナル

西表島は1周する道路が無く、ここから船で船浮集落に行ける。

16-3-1-3.jpg



大見謝ロードパーク

16-3-1-4.jpg




大原港にあったパネルのイリオモテヤマネコ

島に住んでいる人でもあったことがないと言っていた。

16-3-1-5.jpg



レンタカーを返却して、西表島大原港から、石垣島へ

離島ターミナルから、竹富島へ

竹富港に、水牛車やレンタカー屋さんの車の無料送迎車が迎えにきている。

竹富観光センターの車で集落にある、水牛車乗り場へ

結くん、9歳の水牛車で観光。結くんは、アフリカ水牛とアジア水牛のミックスのため、

角が違う。

16-3-1-6.jpg



なごみの塔

竹富の集落が見渡せると言うが、傾斜が強く登れない。

妹は高いところは平気なので、カメラを渡して写真を撮ってもらう。

妹の旦那様と私は下から眺めていた。

16-3-1-7.jpg



素朴なシーサーたち

16-3-1-8.jpg



西桟橋

国の登録有形文化財

16-3-1-9.jpg




16-3-1-10.jpg

竹富港から石垣島へ



石垣島離島ターミナルにある 『具志堅用高』

16-3-1-11.jpg


レンタカーを借りて、八重山博物館に寄り、ホテルへ

今夜のお宿は 『ANAインターコンチネンタル』

16-3-1-12.jpg




ホテル内の、和食『八重垣』で夕食

16-3-1-13.jpg



量も程良く、美味しくいただいた。

16-3-1-14.jpg


今回の旅行では、一番素敵なホテル。
  1. 沖縄
  2. | comment:0
宮古島・八重山諸島の旅Ⅲ (2/29) :: 2016/03/09(Wed)

小さなホテルなので、こんな感じの朝食 





離島ターミナルから西表島へ

8時発の高速船で45分。

16-2-29-2.jpg



仲間川マングローブクルーズ

朝1番の船なので、少人数。

帰りに何艘もの船とすれ違うが、ツアー客なのかほぼ満員。

16-2-29-3.jpg



上流の船着き場からウッドデッキを歩き、日本最大のサキシマスオウノキの見学。

16-2-29-4.jpg




16-2-29-5.jpg




レンタカーを借り、古見のサキシマスオウノキ群落へ

仲間川上流のような大木はなかった。

16-2-29-6.jpg

↑オヒルギ



由布島

西表島から水牛に乗って亜熱帯植物園由布島へ渡る。

行きは、大きな9歳の武蔵くん。

三線を弾いて、素敵な声で『海の声』を聞かせてくれた。

16-2-29-7.jpg




16-2-29-8.jpg



帰りは1番小さな負けず嫌いの3歳の颯太くん。

最後に出発し、大きな水牛を追い越してしまった。

帰りはキャリアが浅く、歌は聞かせてもらえなかった。

16-2-29-9.jpg



浦内川クルーズ

14:00発に乗船。30分乗り、上流の船着き場へ。マリユドゥの滝を目指す。25分で着いた。

ここから、カンピレーの滝までは15分。展望台から遠くに見えたが、16:00までに船着き場

に戻らなければいけないので、断念。この前の船に乗ると2時間あったのだが…

16-2-29-10.jpg



16-2-29-11.jpg



宿泊は、Vill西表

2食付きで驚くほど安い。アメニテイー・寝巻なし。

結構年数が経っているみたい。

ご主人が釣って来た、クチナギのみぞれ煮、皮が堅く身離れも悪い。

16-2-29-12.jpg
  1. 沖縄
  2. | comment:0
宮古島・八重山諸島の旅Ⅱ (2/28) :: 2016/03/09(Wed)

美味しい朝食をいただき、2日目のスタート。





16-2-28-2.jpg



ホテルのビーチからの眺め

16-2-28-3.jpg

                                      ↑前浜ビーチから



来間大橋(1690m)を渡り、来間島へ

竜宮城展望台

竜宮城を模した3階建ての展望台。来間大橋・与那覇前浜・伊良部島が一望できる。

16-2-28-4.jpg




まいぱり宮古島熱帯果樹園

カートに乗り、園内を1周。

16-2-28-5.jpg




途中で人参を貰って、お馬さんにあげた。

16-2-28-6.jpg



レンタカーを返却し、ANA1791便で石垣島へ。 宮古 16:00 → 石垣 16:45

石垣島空港からバスで石垣島離島ターミナルへ

16-2-28-8.jpg



離島ターミナル近くのホテルククルへ

ホテルで教えてもらった焼き肉屋さんへ夕食を食べに出かけた。

農家焼肉レストラン 石垣島

看板が控えめで見つけることが出来なかったので、ホテルに戻って場所の確認。

野菜・ロース・カルビ

16-2-28-9.jpg



魚介・タン・ビビンバ

16-2-28-10.jpg

久しぶりの焼き肉。美味しくいただきました。
  1. 沖縄
  2. | comment:0
宮古島・八重山諸島の旅Ⅰ (2/27) :: 2016/03/08(Tue)

母をショートステイにお願いして、昨日(2/26)に横浜の妹宅にお邪魔した。

27日、羽田発6:40の全日空で沖縄で乗り継ぎ、宮古島へ

羽田6:40→沖縄9:25   沖縄9:50→宮古10:40

沖縄への到着が20分遅れた。宮古便はすぐ隣のゲートで乗り継ぎの人も多く、大丈夫だった。

レンタカーを借り、観光へ

また、妹の旦那様のお世話になった。






まず、宮古そばで腹ごしらえ。小があって嬉しい。

曇り空で時折、雨が降る。

伊良部大橋を渡り、伊良部島・下地島へ

伊良部大橋は2015年1月に開通、全長3540m。無料通行としては国内最長。

16-2-27-2.jpg

   ↑ 魚垣(カツ)                     ↑ 牧山展望台から
案内板によると
佐和田の浜西方、カタバルイナウ(内海のイノー)に位置する。
現在の「魚垣(カツ)」1850年頃、善平マツによって整備されたと伝えられている。
構造は南に向かって左側約300メートル、右側約60メートル、北側から南へ放射状
に石が積まれている。放射状の頂点部は出口になっている。高さは海底の地形に
合わせて、高いところで1メートル、低いところで50センチメートル程度である。また
面積は約3ヘクタールで、石垣は二重構造(二十積)で頑丈にできている。出口は
水路の幅が約50センチメートル、長さは3メートルくらいである。
漁の形態は、佐和田の浜の遠浅をうまく利用したもので、周囲を石で囲み、潮が
満ちるときに魚が入り、潮が引くときの出口を一つにして、出口に網を張って採る
漁法である。
 ↓

16-2-27-3.jpg



下地空港    民間パイロットの訓練専用空港

コバルトブルーの海の色が綺麗、太陽が出ていたら、もっと綺麗でしょうねぇー

16-2-27-4.jpg



通り池

下地島の西海岸にある隣接する2つの池の総称。県の天然記念物。

海側の池の底には巨大な洞窟があり、海とつながっている。ダイビングスポット。

16-2-27-5.jpg



フナウサギバナタ(島の方言で『船を見送る』という意味。)

秋に伊良部島に飛来するサシバ(タカ)を象った展望台。

伊良部島の北海岸にあり、正面に宮古島を望む絶景スポット。

16-2-27-6.jpg



砂山

砂丘を上り下りした先にある浜。祈願と宮古ブルーの海、サラサラの砂。

16-2-27-7.jpg


16-2-27-8.jpg




宮古島海中公園

海底に造られた海中観察施設で海になかを見ることが出来る。

下の3枚の写真は飼育されている物。

16-2-27-9.jpg



池間大橋(1425m)をわたり、池間島へ

16-2-27-10.jpg



16-2-27-11.jpg




夕食はホテル内の和食にしようと思ったのだが、団体さんが入っていて断念。

フロントで教えてもらったお店に車で出かけた。

肴処 志堅原(しけんばる)

16-2-27-12.jpg



海ぶどうの入ったサラダやちょっと変わった鉄火巻き、地魚も入った刺身の盛り合わせ

美味しくいただきましたぁー

16-2-27-13.jpg

  1. 沖縄
  2. | comment:0
次のページ