昴ママの気まぐれ日記




11月14日 彦根城 :: 2011/11/15(Tue)

夫が行きたいと言っていた彦根城に行ってきた。

朝、8時出発。

まず、湖東三山の西明寺へ

龍應山 西明寺 天台宗

平安時代の承和元年(834)に三修上人が、仁明天皇の勅願により開創された寺院。

戦国時代に織田信長が比叡山の焼き打ちした直後、西明寺も焼き打ちしたが、国宝

第一号指定の本堂、三重塔、二天門が火難を免れ現存している。


↓ 本堂(瑠璃殿) 国宝
鎌倉時代初期

11-11-14-2.jpg





三重塔は修理中  国宝



11-11-14-3.jpg

紅葉は、まだ早かった。



11-11-14-4.jpg



11-11-14-5.jpg


西明寺の後は彦根城へ



彦根城 国宝

関ヶ原の合戦の後、豊臣方を抑える拠点として、慶長9年(1604)に多くの大名が

工事に参加して“天下普請”により築城開始。完成は元和8年(1622)

築城から240年間、彦根三十五万石の井伊家の城であった。

11-11-14-6.jpg

天秤櫓

廊下橋を中心に左右対称の形が天秤に似ていることから、天秤櫓。

右側の石垣は築城当時の『ごぼう積み』、左側は幕末の修理時の『落とし積み』



11-11-14-7.jpg

時報鐘

城下町全体に響くよう、「鐘の丸」から移築された。




11-11-14-8.jpg

天守

三層三階の小ぶりな天守ながら、多種多様な破風の組み合わせが調和する城郭

建築の最高峰。

店主からは琵琶湖が望める。



11-11-14-9.jpg

苔むした石垣。



11-11-14-10.jpg

玄宮園

回遊式大名庭園。中国の瀟湘八景を模したと言われている。



五個荘(ごかしょう)へ


11-11-14-11.jpg

天秤棒を肩に全国で活躍した近江商人発祥の地。



11-11-14-12.jpg

白壁・舟板張りの土蔵が立ち並び、風情のある街並み。

月曜日なので、拝観できる近江商人屋敷は閉館。観光協会もお休み。

観光センターでパンフレットを貰って、情緒ある街をのんびり歩いた。



11-11-14-13.jpg

家に帰った夫は、原酒と小鮎の甘露煮でご満悦。
  1. 滋賀
  2. | comment:0