11
10月12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

昴ママ

Author:昴ママ
パピヨンの昴☆雪♪
家族3人とわんこ2匹
楽しい日々を過ごしたいね♪

2008年息子Ⅱが結婚
2009・4・1  
初孫が誕生
2011・11・14 
2人目の孫誕生
2013・9・30
母が同居
2013・11・19
大切な人・夫が亡くなって
しまった
2015・10・23
昴が虹の橋を渡り、お父さ
んのもとに… 
2016・8・24  
雪が9歳で、お父さんと昴のと
ころへ旅立ちました
突然の別れで、とても辛い      

『昴ママの気まぐれ日記』 
『パピヨン犬昴&雪の日記』 
『にじいろ夢紀行』
カウンター 1000番単位で和布の袋プレゼントします。




旬の花時計
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
A turn(diamond)
-Ma vie-
ブログ内検索

03/14

鎌倉・江の島 3月3日

Category : 鎌倉
妹の旦那様に、鎌倉へランチに連れて行って貰いました。

途中、「報国寺に行った事がないから行きたい。」と言って、寄ってもらった。

「竹の寺」として親しまれている報国寺





16-3-3-2.jpg




16-3-3-3.jpg



浄妙寺

淨妙寺は臨済宗建長寺派の古刹。

鎌倉五山の第五位で、文治四年(1188)に、源頼朝の忠臣で豪勇であった足利義兼が開創し,

始めは極楽寺と称した。開山は退耕行勇と伝えられる。

16-3-3-4.jpg

↑ 石釜ガーデンテラス

浄妙寺の境内にある一軒家レストラン。築90年の洋館を改装した建物。

5日の朝食に石窯パンを買った。(美味しかったよ。)




16-3-3-5.jpg



旧華頂宮邸

昭和4年の春に華頂博信侯爵邸として建てられたもの。登録有形文化財

16-3-3-6.jpg



江の島の海の見えるレストラン、『イルキャンティビ-チェ』でランチ

16-3-3-7.jpg



16-3-3-8.jpg

カルパッチョ・バーニャカウダー、美味しかったぁー

ご馳走になってしまいました。



江の島へ

一番、奥まで歩いた。平日だというのに多くの人で賑わっていた。

16-3-3-9.jpg




16-3-3-10.jpg



遠くに霞んで見えた富士山。写真では分からない。

食事したレストランの前の海岸ではもう少しよく見えた。

16-3-3-11.jpg



帰り道、珈琲館でコーヒーゼリーをご馳走になった。

16-3-3-12.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎ、4日に家に帰った。
 
06/03

鎌倉散歩♪

Category : 鎌倉
排水の点検が来るので家を開けれない妹が、「どこかに行ってきたら?」と言う。

鎌倉でも行こうかな。

一応、母に声をかけてみた。

「東慶寺に行こうと思うけど、行く?」

母、「明日から、北海道だから止めとくわ。」


大船で乗り換え、北鎌倉へ



東慶寺

鎌倉

11時から、本堂横の岩タバコが見れるそうだが、時間が早く残念。



鎌倉



鎌倉



鎌倉



浄智寺

鎌倉




鎌倉



鎌倉



銭洗弁財天を目指し、ハイキングコースを歩く。

たくさんの修学旅行の学生と出会う。若い子の早いこと。



鎌倉

暑さとのどの渇きで、バテ気味。



葛原岡神社

鎌倉

例大祭の真っ最中で傍に寄れなかった。

自販機でお茶を買い、一息つく。

社務所で、「銭洗弁財天に行きたいのですが、山道ですか?」と尋ねた。

「浄智寺から、ハイキングコース出来ました。」と言うと、「ここが一番高い場所です。ここから先は

舗装された道で、途中から鎌倉駅までは住宅街なので、大丈夫ですよ。」との返事。

あ~、よかったぁー



銭洗弁財天

鎌倉

ここも学生さんでいっぱい。

500円玉2個洗ったわ。



寿福寺

鎌倉



ランチ

小町通りから少し入った 産直野菜と野菜カフェ 【大地の恵み】 でしらす丼を食べた。

妹からメールが来ていて、母が明月院へ行くと一人で出かけたそうだ
 
02/23

しらす丼を食べに鎌倉へ

Category : 鎌倉
大船で乗り換え、鎌倉へ

鎌倉から江の電で稲村ケ崎へ






池田丸・稲村ケ崎店

14-2-23-3.jpg

しらす丼としらす定食

この時期は生しらすがないので、釜揚げしらす



江の電で鎌倉まで戻り、小町通りを通り、北鎌倉まで歩いた。

結構、距離があって上り坂なのだが、母に聞いたら歩けるというので。

凄いね。足は遅いけど、歩いたよ。



北鎌倉古民家ミュージアム

14-2-23-5.jpg



14-2-23-1.jpg



14-2-23-2.jpg

写真撮影は禁止なので、パンフレットをスキャン

【狆引き官女】が、珍しいね。

手作りの猫のお雛様が表情豊かで、いかにも楽しそうだった。
 
12/01

鎌倉散歩♪

Category : 鎌倉
鎌倉駅で観光案内をもらい、『さぁー、頑張って歩こう!』と思ったら、雨が

ちょうどお昼時だったので、石釜ピザのお店に10分程並ぶ。

12時開店、3組目だった。

『DADA』



妹と半分ずつ食べた。

定番のマルゲリータ・・・やっぱり、美味しい!

4種のチーズとナッツ・・・蜂蜜をかけて食べる。なんだか、デザートみたい。

1枚が食べ終わり、ころ合いを見て2枚目を持ってきてくれる。

長い間待ったと思われる右端の男性、「美味しかったですか?」と訪ねてみえた。

「マルゲリータ、美味しかったですよ。」と、返事。

雨も上がり、冷たい風が吹いてきた。


鎌倉駅から、南東のお寺に行くことにする。



鶴岡八幡宮の入り口まで歩き、駅の方に戻る。



12-12-1-3.jpg

クリスマスバージョンのわんこ




紅葉山やぐら

紅葉山やぐらは、宝戒寺後方の滑川に架かる宝戒寺橋を渡ったところにある。

昭和10年に発見され、北条執権ゆかりの者の骨を納めたやぐらとされている。

12-12-1-2.jpg



妙厳山・本覚寺

江の島鎌倉七福神のひとつ「恵比須様」をまつる。

1436(永享8年)に日出によって創建された。もともとここには天台宗系の夷堂

があったが、日出はこれを日蓮宗に改め、本覚寺とした。

12-12-1-4a.jpg






長慶山正覚院・大巧寺(だいぎょうじ)

『産女霊神』を本尊とし 「おんめさま」の名で親しまれる、安産祈願で有名な寺。

1532(天文元年)、第五世の日棟が、難産で死んだ秋山勘解由の妻の霊魂を鎮める

ために、産女霊神として奉ったことによる。以後、産女霊神は「おんめさま」と呼

ばれ、安産の神として信仰されている。
 
12-12-1-4.jpg




長興山・妙本寺

日蓮宗の本山。「比企の乱」で知られる比企一族の邸宅跡。

比企能員の妻は2代将軍頼家の乳母で、その娘若狭局は頼家の側室だった。

その勢力を警戒した北条氏は策謀して比企一族を滅ぼした。

難を逃れた能員の子能本は一族の菩提寺として開基も比企能員の末子、能本

と伝えられる。

日蓮聖人に帰依した能本が邸を喜捨、妙本寺が創建された。

12-12-1-5.jpg


12-12-1-6.jpg




慧霊山・常栄寺(ぼたもちでら)

1253(建長5)年、鎌倉に入って布教を開始した日蓮は、『立正安国論』を著

して北条時頼に上呈し、念仏信仰を捨て法華経を信奉することをすすめた。

そのため1271(文永8)年9月12日には、幕府によって捕えられ、鎌倉の大路、

小路を引回しのうえ、竜口の刑場で斬首されることになった。

奇蹟的に難をまぬかれて佐渡へ流罪となったが、その刑場への途次、この地に住

んでいた桟敷の尼が胡麻のぼたもちを捧げて日蔭に供養したという。『ぼたもち寺』

の由来である。

12-12-1-7.jpg



八雲神社

平安朝時代永保年中(1083)新羅三郎義光公の勧請と伝えられる。

12-12-1-8.jpg





法久山大前院・大行寺

1313(正和2年)日範上人が創建した。

本堂は1886(明治19年)、名越松葉ケ谷の妙法寺の法草堂を移築したものといわ

れる。

江戸後期、肥後の大名細川家が作ったとされ、軒の表欄間には竜の彫り物、格天井

には花鳥の絵、欄間には十二支の彫刻が施されている。

すべての病、特に癌に効があるとされる瘡守(かさもり)稲荷をまつる稲荷堂と、

鬼子母神をまつる薬師堂がある。

12-12-1-9.jpg





祇園山・安養院田代寺

もとは良弁尊観が開いた浄土宗名越派善導寺の地だが、1333(元弘3年)、鎌倉

幕府滅亡の際、戦火で焼失した。 

1225(嘉禄元年)、北条政子(1157~1225)は亡夫源頼朝の菩提のために、開

山に願行房憲静(がんぎょうぼうけんじょう)を迎えて佐佐目(笹目)に律宗の

寺を開創した。

つつじで有名なお寺。

12-12-1-10.jpg





妙法華経山・安国論寺

一帯を松葉ケ谷といい、1253(建長5年)、安房国から鎌倉に入った日蓮上人が初

めて庵を結んだ場所。

開山は、日蓮宗開祖の日蓮(1222~82)である。鎌倉、比叡山などでの14年にも

およぶ修学後、1253(建長5)年に鎌倉の名越松葉が谷に小庵を結んで布教を開始

した。

12-12-1-11.jpg


石畳の参道左側に東京・増上寺の徳川家御霊屋から移されたという石灯龍が並ぶ。

参道正面に大きな祖師堂(本堂)がある。

12-12-1-12.jpg





楞厳山(りょうごんざん)・妙法寺 こけ寺

護良親王(もりながしんのう)の遺見日叡上人が父の菩提を弔うために日蓮聖人

の小庵跡に建立。

日蓮聖人は松葉ケ谷に小庵を結び布教を行ったとされるが、最初の小庵跡は別

の寺であるという説もあり詳細は不明。

12-12-1-13.jpg



法華堂への石段は一面緑の苔におおわれて、木漏れ日に緑が美しい。

12-12-1-14.jpg

山上の大塔宮護良親王の墓からの眺め





多福山一乗院・大宝寺

室町時代の1399年(応永6年)、佐竹義盛(さたけよしもり)が出家し、屋敷

のそばに寺を建て多福寺と名付けた。

その後廃寺となったたが、1444年(文安元年)本覚寺を開いた日出上人が再興し、

多福寺の名を山号として残し、寺名を大宝寺に改めた。

12-12-1-15.jpg



今日も、目いっぱい楽しんだね。寒かったけど、紅葉の鎌倉、素敵だった。

今日、歩いたコースは、小町・大町散策コースというらしい。

鎌倉駅まで歩き、妹宅へ。

 
06/28

紫陽花の鎌倉

Category : 鎌倉


開店時間の11時半に間に合うように、穴子丼が美味しいという『左可井(さかい)』へ

鎌倉から歩いていった。

あまかった。すでに家をとりまくようにして並んでいた。

30分程待ち、席に案内された。

普通の住宅で、座敷に座卓が4つ。居間にテーブル。

穴子丼をいただいた。 

酢のものと甘めの卵焼きも付いて、1200円

美味しかった


歩きながら、鎌倉駅に戻ることにする。




12-6-28-2.jpg

杉本寺

鎌倉最古のお寺。

苔むした階段、その昔、どれだけ多くの人が通ったのでしょう。




12-6-28-3.jpg




12-6-28-4.jpg



12-6-28-5.jpg

宝戎寺(ほうかいじ)

本堂の前には白萩

咲く時期は素敵でしょうねぇー




12-6-28-6.jpg

鶴岡八幡宮は素通りし、江の電に乗り長谷駅で下り、長谷寺へ。




12-6-28-7.jpg

長谷寺


本尊は十一面観音菩薩像(長谷観音)

『あじさいの小径』40種類以上約2500株のアジサイが群生している。




12-6-28-8.jpg

『あじさいの小径』は、入り口で配布されている、うちわの番号ごとに入場する。



12-6-28-9.jpg




12-6-28-10.jpg




12-6-28-11.jpg




12-6-28-12.jpg

御霊神社

江の島・鎌倉七福神巡りの一つで、こちらは「福禄寿」



12-6-28-13.jpg

成就院

真言宗大覚寺派 の寺院。本尊は 不動明王 。 あじさいの寺で知られる。



12-6-28-14.jpg




12-6-28-15.jpg

長谷駅まで歩き、江の電で鎌倉へ

鎌倉からJRで、妹宅に帰った。