昴ママの気まぐれ日記




尾瀬・日光2泊3日の旅Ⅲ :: 2011/09/29(Thu)



不動瀧の朝食

小鉢や煮物などは同じだが、3種類から好きな物を選べる。

ヘルシーなサラダ・生ジュース・ヨーグルト

生卵

納豆


生卵の嫌いな私は、ヘルシーな物をいただいた。




11-9-29-2.jpg

あと、3人は生卵。卵の黄身の色が濃い。

食後はロビーでコーヒーをいただいた。




11-9-29-3.jpg

日光東照宮

日光東照宮は、元和(げんな)3年(1617)徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社

現在のおもな社殿群は、三代将軍家光公によって、寛永(かんえい)13年(1636)に造替されたもの。

五重塔【重文】

慶安3年(1648)小浜藩主酒井忠勝公によって奉納された。文化12年火災にあったが、文政元年(1818)

に同藩主酒井忠進公によって再建された。



神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)【重文】

神厩舎は、ご神馬をつなぐ厩(うまや)。昔から猿が馬を守るとされているところから、長押上には

猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されていまる。「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻

が有名。    ↓

11-9-29-4.jpg


三神庫【重文】

上神庫・中神庫・下神庫を総称して三神庫といい、この中には春秋渡御祭「百物揃千人武者行列」

で使用される馬具や装束類が収められている。

上神庫の屋根下には「想像の象」(狩野探幽下絵)の大きな彫刻がほどこされている。



真ん中の写真

陽明門【国宝】

いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれ、故事逸話や子供の遊び、

聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされている。

11-9-29-5.jpg





廻廊【国宝】

陽明門の左右に延びる建物で、外壁には花鳥の彫刻が飾られている。一枚板の透かし彫りには

極彩色がほどこされている。


真ん中の写真

眠り猫【国宝】

左甚五郎作と伝えられている。

11-9-29-6.jpg


神輿舎(しんよしゃ)【重文】

春秋渡御祭に使われる、三基の神輿が納められている。



11-9-29-7.jpg

修学旅行の生徒がいっぱい




二荒山神社に向かう杉並木

11-9-29-8.jpg

二荒山神社

御祭神 二荒山大神 (ふたらやまのおおかみ)
     ⇒親子3神を祀る
      大己貴命   (おおなむちのみこと)     父
      田心姫命   (たごりひめのみこと)     母
      味耜高彦根命 (あじすきたかひこねのみこと) 子




11-9-29-9.jpg

お昼に宇都宮餃子を食べて、妹宅に帰った。



  1. 北関東
  2. | comment:0
尾瀬・日光の旅2泊3日Ⅱ :: 2011/09/28(Wed)



朝食

7時半、宿のマイクロバスで戸倉まで送ってもらう。

戸倉から鳩待峠までは乗り合いタクシー。900円




11-9-28a.jpg

鳩待峠

尾瀬の入り口

真っ青な空。いいお天気で暑いくらい。



11-9-28-2.jpg

山の鼻でトイレ休憩

鳩待峠から50分ほど。ガイドブックには1時間。

鳩待峠からすぐは、石がごろごろの下り坂。


↓正面は燧ケ岳


11-9-28-3.jpg

池塘


木道を歩き、牛首分岐へ向かう。

竜宮 → ヨッピ吊り橋 → 牛首分岐 → 山の鼻 → 鳩待峠 





11-9-28-4.jpg





11-9-28-5.jpg

「水の集まるところ」という意味からこの名がある。

山の鼻の方向からいろいろな川の水を集めて流れてきたヨッピ川がこの橋の下流で

尾瀬沼から流れてきた沼尻川と合流して只見川となって新潟方向に流れて行く。



11-9-28-6.jpg

牛首分岐でおにぎりを食べた。至仏山を見ながら歩く。


鳩待ち峠への最後の登りはきつかった。

誰かさんは、大変そうだった・・・

16.8キロのコース、完歩 \(^o^)/


戸倉まで乗り合いバス、旅館のマイクロバスに迎えに来てもらい、梅田屋旅館へ。




11-9-28-7.jpg

鬼怒川温泉へ行く途中、湯滝へ

修学旅行の小学生がいっぱいいた。



11-9-28.jpg

鬼怒川温泉 『不動瀧』

部屋数は少ないが、マッサージチェアつきの綺麗な部屋。



11-9-28-8.jpg

お抹茶と手作り水ようかん。



11-9-28-9.jpg



11-9-28c.jpg

お椀と蒸しもの、美味



11-9-28-10.jpg



11-9-28d.jpg

満足・満足

部屋には栗ごはんのおにぎりが置いてあった。


 
  1. 北関東
  2. | comment:0
尾瀬・日光の2泊3日の旅Ⅰ :: 2011/09/27(Tue)

27日から29日、妹夫婦と旅行。メインは尾瀬・日光東照宮。

横浜から都内を通り、沼田を目指す。

高崎ICで下り、高崎観音へ寄る。





白衣大観音

高さ41.8m、重さ5985トンのコンクリート造り、胎内は9階よりなり、各階あわせて20体の

仏像が安置されている。



11-9-27-2.jpg

群馬 食の駅でランチ

夫は豚肉のグリル、サラダバー付き  1150円

妹のご主人はスパゲティー



11-9-27.jpg

海老フライと鶏肉の定食は680円。安っ!

みんなでシェアして食べた。



11-9-27-3.jpg

吹き割れの滝

約1.5kmに渡る片品渓谷を流れきた清流が、轟々と水飛沫を上げながら川床を割くように

流れ落ちていくこの滝は、「東洋のナイアガラ」とも呼ばれている。

高さ7m、幅30m

水量が多く、台風の影響で遊歩道が途中から通行止めになっていた。

ここでも、通行止めになっていない道をぐるっと1周して結構歩いた。



11-9-27a.jpg

今晩のお宿。

蒲田温泉『水芭蕉の湯・梅田屋旅館』



11-9-27b.jpg

新しくはないが、お湯は良かった。

昨日、鋸山に登り、ふくらはぎが痛い!お湯に浸かり、体を癒やす。



11-9-27-4.jpg

岩魚の刺身



11-9-27-5.jpg

鱒の塩焼き



11-9-27-6.jpg

素朴な料理。

味付けが濃い目だったが、美味しくいただいた。


明日の戸倉への送迎とおにぎり弁当も付き、とってもリーズナブルな料金


さぁー、明日は頑張って歩くよぉー


心配なのは、昨日もへたっていた誰かさんだよ。


OKなのは、妹夫婦。毎日1万歩のウォーキングと旦那様は卓球をして鍛えているからね。



  1. 北関東
  2. | comment:0
6月6日 北関東の旅 :: 2011/06/13(Mon)

横浜・東京を走り抜け、那須塩原温泉へ

栃木県に入ると屋根瓦が落ち、ブルーシートをかけた家があちこちにあった。

それでも水田には水が入り、田植えがしてあった。

どんなに大変なことだろう。



竜神吊大橋

竜神吊大橋

竜神峡は茨城県の奥久慈県立自然公園にある。竜神峡にひろがるV字形の美しい渓谷の中を

流れる竜神川をせき止めた竜神ダムの上に竜神大吊橋はかけられた。橋の長さは375mあり、

歩行者専用の橋としては本州一の長さを誇る。

ダム湖面よりの高さは100m


「地震の時に橋の上にいたら怖いよねぇー」と言っていたら、掃除をしていた人が『歩いて

いた人がいた』と言っていた。

地震の後、点検をして安全確認したそうだ。




袋田の滝

袋田の滝

日本三名瀑

高さ120m・幅73m。大岸壁を四段に流れることから、別名「四度の滝」とも呼ばれ

その昔、西行法師が訪れた際、「四季に一度ずつ来てみなければ本当の良さはわか

らない」と絶賛。

前に来た時はなかった新観瀑台があり、エレベーターで行ける。


なんだか、母の歩き方がおかしい。左右に揺れているように見える。

『ふわふわする。』というので、妹が腕を貸す。ギュッと力を入れるので歩きにく

かったと、後で妹が言っていた。

今までは手を貸そうとすると、振り払うような母だったのだが…

大丈夫か?




袋田の滝



11-6-6.jpg

早めに宿に入る


那須塩原温泉  四季味・亭ふじや


早く着いたので、通常より長い時間、お風呂を貸し切りで利用させてくれた。

改装して設備も良く、つるつるの温泉。気持ち良かったぁー



11-6-6-4.jpg

前菜  蕎麦の実なめこ
    湯葉含め煮
    白身魚人参ドレッシング
    青菜の胡麻和え
    とちぎ和牛時雨和え
    能登もずく酢
    くるみ佃煮

野菜やコメは自家栽培。少量ずつで私にはいい。

バイ貝



11-6-6-5.jpg

別注の湯葉さし



11-6-6-6.jpg

別注のあわびの刺身

肝も苦くなく、こりこりと美味しかった。何年ぶりのあわびの刺身か…



11-6-6-7.jpg

石川県直送の本日の刺身


那須高原三元豚しゃぶしゃぶ



11-6-6-8.jpg

那須高原三元豚しゃぶしゃぶ



11-6-6-9.jpg

じゃが芋まんじゅう



11-6-6-10.jpg

とちぎ和牛サーロイン熔岩焼き



11-6-6-11.jpg

朝採れほうれん草梅肉和え

ふじやパパの自家製一等米の新生姜炊き込みご飯

赤だし・山椒の佃煮



11-6-6-12.jpg

デザート   コーヒーゼリー

少量コースで頼んだのだが、お腹いっぱい


美味しかった。


  1. 北関東
  2. | comment:0
6月7日 北関東の旅 :: 2011/06/13(Mon)



朝食




11-6-7-2.jpg

自家製の野菜が使われ薄味。体に良さそう。

ご飯は土鍋で炊いてあり、美味しくてお代りをした。


この宿も地震の時は、お客さんが泊めれないくらい被害があったそうだ。

6部屋しかない小さな宿だが、温かみのあるのんびりできるところだね。



11-6-7-3.jpg

明智平

男体山を望む。



華厳の滝

華厳の滝

落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、日本三名瀑のひとつにも数えられている。

岩盤の中に作られらエスカレーターで展望台まで行ける。



華厳の滝

竜頭の滝

湯ノ湖から流れ出た湯川が、中禅寺湖に注ぐ手前にある。奥日光三名瀑のひとつで、

男体山噴火による溶岩の上を210メートルにわたって流れ落ちている。

滝壷の近くが大きな岩によって二分され、その様子が竜の頭に似ていることからこの

名がついたといわれる。



11-6-7-6.jpg




湯滝

湯滝

湯ノ湖の南岸から斜面を流れ落ちる。

湯滝を流れ落ちた水は日本有数の高層湿原「戦場ヶ原」を流れる湯川となり、竜頭の滝

を下って中禅寺湖へ流入する。

水量が多く、見ごたえのある滝。



11-6-7-8.jpg

サービスエリアで昼食


母は8日に西浦温泉に友達と泊まる約束があるというので、東京駅まで送ってもらった。

スカイタワーも見えたよ。

チケットを買い座席指定を取り、改札口で別れる。


日本橋高島屋で、ノースフェイスのトレッキングシューズを購入。

足が小さいのであちこち探し歩いたが、なかなか合うのがなかった。

厚手の靴下も貸してくれて、丁寧に履き方を教えてくれた。


「トレッキングシューズを買ったから、鎌倉まで歩くよぉー」と妹。

えぇ~~、いまいち自信がないよぉー


思わぬ旅行が出来、美味しいものを食べ温泉も入れたよ。


遠くまで運転、ありがとうございました。
  1. 北関東
  2. | comment:0
次のページ