昴ママの気まぐれ日記




入院34日目 :: 2017/06/26(Mon)

昨日、妹夫婦と甥っ子が来てくれました。

母は孫と会い、ものすごく喜びましたよ。

甥っ子は今日も見舞いに行ってくれて、4時過ぎに東京に

帰りました。
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:0
入院32日目 二度目の奇跡 :: 2017/06/24(Sat)

デイに通っていた施設の、デイの責任者の方がお見舞いに

来てくださいました。

母に、元気玉を注入して励ましてくださいました。

その時は知りませんでしたが、アリーナでのリハビリを見に

行き、手押し車を押して歩く姿を目撃したのです。

今日、初めて押して歩いたそうです。

またまた、驚きの光景が😵

腕を持ってもらい、30mほどあるいたのです。

痩せ細った身体で…ろくに食べていないのに…


病室に戻って、再びの驚きが…

看護師さんが、「トイレに行こう」と声をかけて下さり、

両手を持ち、連れて行ってくれるではありませんか。


心臓も弱り、腎機能は人工透析のレベルだというのに…


今日は、驚きの連続でした。
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:0
入院31日目 :: 2017/06/23(Fri)

今日から食事が出るようになったそうです。

「ほんの少ししか食べれなかった」と、言っていました。

昼間はパンツタイプのおむつになり、明日、持っていきます。
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:0
入院30日目 :: 2017/06/22(Thu)

ケースワーカーさんのお話を聞きました。

これ以上治療はできないということで、家に連れて帰るか

施設に預けるかと問われました。途中、主治医に確認して

詳しく説明を受けました。

自分で起き上がることもできず、今の状況は全介助です。

母には申し訳ないのですが、この状態だと家でみること

は無理です。デイに通っていた施設が一番いいのかも…

食べれない状態では、受け入れてくれないかも?

その場合は有料の施設しかないらしい。

ケースワーカーさんから、ケアマネさんに連絡してくださる

そうです。



午後3時過ぎにケアマネさんから電話があり、「奇跡がおきたね。」

と、言われました。やはり、食べれないことがネックのようです。



夕方、再度電話があり、27日のお昼ご飯を食べる所を見にくと

言われました。でも、栄養補助のドリンクしか出ていません。

どうなるのかしらね。



写真は御朱印帳に挟んであった、父と母です。





17-6-1-1.jpg
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:0
入院29日目 :: 2017/06/21(Wed)

10時頃、病棟に行ったら、母が機械浴に連れて行ってもらう

ところでした。30分ほどしてさっぱりして帰ってきました。

機械浴は週に一度です。

朝の9時からのリハビリは、初めて車椅子でアリーナに行った

と、話してくれました。スイカ🍉を食べ、冷たいお茶を飲み

終えた時、看護師さんが溜まった尿を回収に来ました.。

主治医が診察に来て、導尿をやめると言いました。

ナースステーションで先生の説明を聞き、落ち着いてきている

ので、入院できる期限(8/11)の後どうするかと聞かれました。

以前のお話では、それまではもたないということでした。

その時の症状を見た私たちも、覚悟したものです。

相変わらず、食事はとっていません。高齢になるとあまり食べな

くても、命をつなげることがあるそうです。電解質の点滴はして

もらっています。

ケースワーカーさんが相談にのってくださるそうです。
  1. 日々の暮らし
  2. | comment:0
次のページ