2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
四国の旅 3月27日
2010/03/27(Sat)


朝食



10-3-27-2.jpg

素晴らしい青空
しまなみ海道
来島海峡SAから来島海峡大橋を望む



10-3-27-3.jpg

大三島の道の駅『多々良しまなみ公園』から多々良大橋を望む



10-3-27-4.jpg

大山祇神社(おおやまずみじんじゃ)

海上安全の守護神

天然記念物 乎知命(おちのみこと)御手植の楠
御島(大三島)に祖神大山積大神を祭った乎知命の御手植楠(樹齢2600年)と伝えられ
古来御神木として崇められている。



10-3-27-5.jpg

平山郁夫美術館 (生口島)

昭和5年(1930)6月15日、広島県瀬戸田町(現・尾道市)生まれ 東京美術学校日本画科卒業。
少年時代の絵も展示され、その素晴らしさに感嘆する。



10-3-27-6.jpg

尾道ラーメンの昼食。
私と妹はラーメンのみ
久しぶりに食べたラーメン、美味しかった。



10-3-27-7.jpg

千光寺ロープウェイで山頂へ
尾道水道の景色が素晴らしい。



10-3-27-8.jpg

千光寺
尾道のシンボル的な寺院



10-3-27-9.jpg

文学のこみちを下る。

事故渋滞で、大阪まで時間がかかった。


10-3-27-10.jpg

千房で夕食。
妹宅でコーヒーをご馳走になり帰宅。




10-3-27-11.jpg

フルーツトマト、鳴門のわかめ、じゃこ味噌などの土産


この記事のURL | 四国 | CM(2) | ▲ top
四国の旅 3月26日
2010/03/26(Fri)


朝食



10-3-26-2.jpg

宇和島城
慶長元年~6年に藤堂高虎が創建
宇和島伊達家2代宗利が寛文6年(1666)頃に再建。3重3階層塗籠式、層塔型の天守。
天守は重要文化財。昭和35年に大改修。




10-3-26-3.jpg

佐田岬
佐田岬半島先端にある、四国最西端の岬。九州の佐賀関半島と向かい合い、豊後水道の
最も狭い部分である豊予海峡(速吸瀬戸)を形づくる。愛媛県西宇和郡伊方町(旧・三
崎町)に属する。瀬戸内海国立公園の一部ともなっている。

佐田岬は遠かった。風が強く灯台まで歩くのは断念。



10-3-26-4.jpg

地魚寿司でランチ



10-3-26-5.jpg

内子



10-3-26-6.jpg


内子座
大正5年2月(1916)大正天皇即位を祝い、創建。木造2階建て瓦葺き入母屋造り。ホールと
して活用後、老朽化のために取り壊されるところ、町民の熱意で復元。昭和60年10月、劇
場として再出発。



10-3-26-7.jpg
 
道後温泉
道後温泉は、日本書紀にも登場するわが国最古の温泉。どっしりとした構えの本館の振鷺閣(
しんろかく)には伝説の白鷺を据え、また毎朝6時に太鼓の音で開館を告げるなど、歴史ある
温泉情緒をかもしだしている。




10-3-26-8.jpg

今夜のお宿は『花ゆづき』
ゆっくり温泉に浸かり、美味しい食事をいただく。
この記事のURL | 四国 | CM(0) | ▲ top
四国の旅 3月25日
2010/03/25(Thu)


ホテルの朝食
今日も雨模様、それに寒い。



10-3-25-2.jpg

足摺宇和海国立公園 足摺岬)四国最南端)
花崗岩台地が沈降と隆起を繰り返してできたリアス式海岸

四国って広いねぇー
高知から足摺岬の遠いこと。



10-3-25-4.jpg



10-3-25-3.jpg

金剛福寺・こんごうふくじ
足摺岬の先端にある四国霊場第38番札所
822年(弘仁13)に嵯峨天皇の勅願を受け、空海が開基。自らの手で刻んだ千手観音を
安置したという。

高知から車を走らせる間、足摺岬へ通じる山道、何人もの歩き遍路の方を見かけた。
冷たい雨の中、よくぞ歩いて見えると感心する。



10-3-25-5.jpg

竜串
長年にわたる波や風の浸食作用によりできた不思議な岩が遊歩道を歩くとみられる。
海に向かってた毛が伸びていくように見える大竹小竹、大木が横たわっているかの
ような欄間岩、ユニークな名前がついている。



10-3-25-6.jpg

安並水車の里
高所の水田に水を送るため、土佐藩山内家の家老、野中兼山によって造られた。
現在は観光用に約18基を水路に設置。



10-3-25-7.jpg

四万十川に架かる『佐田沈下橋』
佐田地区と今成地区を結ぶ市道として作られた橋で、別名を今成橋という。
長さ291.6mで、四万十川本流にかかる21本の沈下橋のうち最長の沈下橋。
車で渡ることが出来る。
沈下橋は増水時でも流されることがないように水中に沈むように造られた橋で、
水の抵抗をなくするために欄干がない。

日本最古の清流として知られる四万十川は四国山地の不入山に源を発し、四国の
西南地域を流れる延長196キロの大河。

下流から上流に向けて国道といえども、狭くすれ違いの出来ないような道を行く。

時折現れる沈下橋や山桜を眺め、西土佐の『ホテル星羅四万十』を目指す。



10-3-25-8.jpg

ホテルの周りは染井吉野が見ごろ
山の幸の夕食

今日も雨で寒い1日だった。
明日は晴れそう。

この記事のURL | 四国 | CM(0) | ▲ top
四国の旅 3月24日
2010/03/24(Wed)
23日、夕食を済ませてから大阪に出発。

24日朝6時、四国3泊4日の旅に妹夫婦と出かけた。

明石海峡大橋から淡路島を通り、金毘羅さんを目指す。





善通寺 (ぜんつうじ)
真言宗善通寺派総本山。本尊は薬師如来。四国八十八箇所霊場の第七十五番札所

お砂踏み道場で四国八十八箇所霊場のお参り。



10-3-24-2.jpg

金刀比羅宮

本宮までの石段は全785段
雨の中、階段を上る。途中で心臓がパクパクしてきた。運動不足だね

桜ももうすぐ見ごろ。



10-3-24-3.jpg

御前四段坂を上りきると、本宮。ここまで全785段の石段。
海抜は251m。本宮の御祭神は、大物主神と崇徳天皇。
農業・殖産・医薬・海上守護の神として古来からの御神徳を仰がれている。



10-3-24-4.jpg

雨が降っていて見晴らしがきかないのが残念。



10-3-24-5.jpg

善通寺市で讃岐うどんで昼食
右のうどんは170円。夫が食べた肉うどんは380円。安い!
地元の人ばかり。こんなお店が近くにあったらいいね。

高知へ



10-3-24-6.jpg

高知城 重要文化財
高知市街中心地にある典型的な平城
慶長6年、土佐に入国した山内一豊が築城工事を始め、慶長8年に完成




10-3-24-7.jpg

天守閣からの眺め



10-3-24-8.jpg

坂本竜馬記念館
竜馬の手紙、血染めの掛け軸、ピストルなど歴史的な資料が展示されている。

桂浜



10-3-24-9.jpg

ホテルにチェックインしてから、はりまや橋、ひろめ市場を散策



10-3-24-10.jpg

夕食
いつもは美味しいと思わなかった鰹、たたきも押し寿司も美味しかった。
ウツボって食べるの?って恐る恐る注文。いけるじゃん。
フルーツトマトの甘いこと。
大満足の食事だった。



10-3-24-11.jpg

ブライトパークホテルに宿泊
この記事のURL | 四国 | CM(0) | ▲ top
| メイン |